飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

店内で練り上げるモッツァラレチーズに特化した「モッツェリア RICCO」が、中野北口に10月25日オープン

大衆酒場の多い中野北口エリアで異色を放つ同店。赤を基調とした目を引くかわいらしい店構えだ
オープンキッチンでは、注文後シェフがチーズを仕上げる過程を見られる。奥には広々とした個室も備え、ちょっとしたパーティ利用にも便利だ
「できたて自家製『モッツァレラチーズ』」は、エクストラバージンオリーブオイルをまわしかけ、シンプルに食べるのがベスト
「ピッツァ・マルゲリータ」(980円)。自家製モッツァレラチーズをふんだんに使用した贅沢な一品
代表取締役社長 関口孝男氏

大学の新キャンパスや大手企業の誘致など2013年から再開発が進み、ますます活気を呈する中野駅周辺エリア。北口の中野サンモール商店街の東側一体には、下町情緒あふれる飲み屋街が広がり、低価格で楽しめる大衆酒場や狭隘なバーなど個性的な店がひしめく。中野ブロードウェイのほど近く、商店街とふれあいロードに挟まれた路地を曲がると、イタリアのトラットリアをおもわせる鮮やかな赤で彩られた店が見えてくる。10月25日にオープンした、モッツァレラチーズ料理専門のダイニングバー「モッツェリア RICCO」だ。大阪の都市部を中心にピッツァや肉バル業態を5店舗展開するRICCO(大阪市北区、代表取締役 関口孝男氏)が経営する。東京は初出店。代表の関口氏は「他では味わえない、店内で手作りするできたてほやほやのモッツァレラチーズをぜひ食べにきてほしいです」と話す。

同店の目玉はなんといっても、注文を受けてから店内で練り上げるモッツァレラチーズだ。「こんなん初めて食べるでしょ」と同氏が出してくれたのは「できたて自家製『モッツァレラチーズ』」(650円)。ふんわり温かく、歯を押し返すほどの弾力、新鮮なミルクそのままの味わいと、クリーミーで濃厚なコク。都内にもチーズに特化した飲食店はあるが、ここまでフレッシュに「できたて」を提供する店は極めて少ないだろう。牧場と直接契約し、モッツァレラチーズのタネを毎日直送してもらうという体制を築くことで、この業態を実現させたという。関口氏が全国各地の牧場を訪ねてまわり、やっと探し当てたのが飛騨高山にある牧場だった。「契約している牧場の牛乳はとてもコクが強く、モッツァレラチーズに向いています。それに牧場主の方も若くて、こちらの提案を柔軟に聞き入れてくれるので助かっています」と話す。

自家製モッツァレラチーズを活かした多様なフードメニューも同店の魅力のひとつだ。食材は極力国産にこだわる。日南もち豚を使用した「燻製スペアリブのモッツァレラチーズ焼」(950円)、「フォカッチャマルゲリータ」(650円)、「一口チーズメンチカツ」(90円)など。イタリアンをベースに、創作性に富んだ料理が1000円以下という低価格で楽しめる。ドリンクも「キリン一番搾り生ビール」(380円)、「なみなみワイン 赤/白」(380円)、「ロックシードル」(480円)とこちらもかなり抑えた価格帯だ。

代表の関口氏は、10代の頃から大阪の寿司屋などで飲食経験を積んできた。20歳の時、ローマにある友人の店で1年間働くことになった。これが後々、彼の飲食人生を大きく変えることになる。「イタリアでは、店のスタッフはみんないい意味で個人プレー。一人ひとりが自分の仕事にプライドと責任をもってやっている。その姿に、当時の私は衝撃を受けましたね」と振り返る。この体験が契機となり、帰国後はイタリア料理店やスペイン料理店、ダイニングバーの統轄マネージャーなど、着々とキャリアを築いていく。32歳で念願の独立。今では梅田や福島、吹田などで繁盛店を5店舗展開する。今回の出店を「もともと東京に出店しようという考えはありました。そのために大阪でしっかり実績をあげてから、と。中野を選んだのは、独立して初めて店を持った場所、西天満に似た下町っぽい雰囲気やにぎやかな商店街があったからです」と語る。

今後は、都内の他のエリアへの店舗展開と同時に、『モッツェリア』ブランドでチーズの物販事業も計画中だ。同店はそのためのデモ店という役割も担う。「これまでの大阪の店は職人目線でクオリティ追求型でしたが、今回は、いかにお客さんに楽しんでもらうかを追求したお客さん目線を徹底しました。ハイクオリティなものを低価格で楽しんでもらう。技術力と経営の工夫でバランスをとりながらやっていきます」と同氏。コスト・手間・時間のかかる「クラフト」「自家製」。独創性と工夫に満ちた同店が、中野の飲食界に新たな流れをつくることだろう。

(取材=望月 みかこ)

店舗データ

店名 モッツェリア RICCO(モッツェリア リッコ)
住所 東京都中野区中野5-56-4 池田ビル1F
アクセス JR中央線・総武線、東京メトロ東西線「中野駅」から徒歩5分
電話 03-3228-3070
営業時間 ランチ 11:30〜14:00、ディナー 17:00〜24:00
定休日 無休
坪数客数 24坪 55席
客単価 3000円
運営会社 有限会社RICCO
関連リンク RICCO(HP)
関連リンク モッツェリア RICCO(FB)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.