飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

スペシャル企画一覧

  • 2022年秋、三菱地所の複合施設「エムズクロス人形町(仮)」が開業。飲食テナント募集説明会を開催!

    2022年秋、三菱地所による複合施設「エムズクロス人形町(仮)」が開業する。オフィスと住宅が混在し、ニューノーマル時代に高い集客ポテンシャルを持つエリアとして注目される人形町の駅近好立地。店舗間の間仕切りをなくしたオープンな横丁スタイルを計画中だ。同施設では出店場所の一部を共通規格とすることにより、従来の商業施設と比べて低コストでの出店が可能。今年8月下旬から、出店希望者に向けて募集説明会を実施する。…
  • 【初回参加無料】アフターコロナで飲食店がV字回復する為の全ノウハウを伝授!「フードビジネス経営塾」を開催

    皆さん、こんにちは。飲食店コンサルティング会社スリーウェルマネジメント代表の三ツ井でございます。この度、当社とフードスタジアム株式会社の共催にて「フードビジネス経営塾」をスタート致します。今年で4期目となる「フードビジネス経営塾」は、上場&有名外食企業の経営者様をゲスト講師に招いて行う全6回の実践型...
  • 【スリーウェルマネジメントpresents】コロナ禍に強い繁盛店からヒントを掴む「業態転換の秘訣」に迫る!

    長引く新型コロナウイルスの影響により厳しい経営環境に置かれる飲食業界。そんな中でも繫盛しているお店から「コロナ禍でも生き残る戦略」を紐解く。今回は業態転換のポイントについて、飲食店コンサルタントのスリーウェルマネジメント小椋裕貴氏が解説する。
  • 5坪のキッチンで月商500万円を売るゴーストレストラン「X kitchen」がFC募集をスタート。商品力とマーケティング力を兼ね備えたヒットデリバリー業態を既存店に導入するチャンス!

    ゴーストレストラン「X kitchen(エックスキッチン)」が、FC募集を開始した。ポキ丼、ルーロー飯などのデリバリー業態を多数ヒットさせ、自社運営のゴーストレストランでは5坪のキッチンで月商500万円を叩き出している。「X kitchen」のブランドFCでは、既存店キッチンを利用すれば最短2週間で営業開始が可能。1か月で費用回収・黒字化を目指したビジネスモデルだ。高い商品力と綿密なマーケティングに基づいたヒット業態、飲食店の在り方が問われるコロナ禍における、新たな収益のひとつとして導入してみてはどうだろうか。…
  • 緊急事態宣言下、飲食店の新型コロナ感染対策に! みんな電力が店舗空間のCO2計測や環境改善に向けた適切な対策、アフターケアを提供する「空気のDX」サービス「MADO」をリリース

    再生可能エネルギー事業に取り組むみんな電力(東京都世田谷区、代表取締役:大石英司氏)は、空気環境の改善事業「みんなエアー」で新サービス「MADO(Minna Air Data Organizer)」をリリースした。CO2をはじめとした空気中に含まれる物質を計測し、クラウド上に送信。管理画面での分析や通知、デバイスでのサイネージ表示で「空気の見える化」をすることにより、適切な対策につなげることができる。4月20日からサービスを開始し、すでに飲食店を含む約2000ヶ所もの事業所への導入が決定。今回は、「みんなエアー」プロジェクト推進チームの碓氷友美氏に、飲食店が「MADO」を導入するメリットをインタビューした。…
  • 快進撃を続けるデリバリー業態、淡路島生パスタ「和太利庵(わたりあん)」。その魅力とメリットを、導入店舗「串天ぷらと日本酒バル かぐら 神田店」に聞く!

    居酒屋「淡路島と喰らえ」などを展開する株式会社エフ・エフ・アルファがコロナ禍を機に着手したVR(ヴァーチャルレストラン)業態のひとつ、淡路島生パスタ「和太利庵」が好調だ。UberEatsでは4.7点超の高評価を獲得、店舗数は直営店・加盟店あわせて25店舗を超え、勢いが止まらない。今回は、「和太利庵」に加盟するEver Changing代表取締役・森剛氏にインタビュー。同社は、自社店舗「串天ぷらと日本酒バル かぐら 神田店」のキッチンを利用して「和太利庵」の商品を主にデリバリーで販売。日商5万~10万円を生み出している。導入のきっかけや売上、オペレーションの感触などを伺った。…
  • フードデリバリーマーケットはますます拡大中!一方で見えてきた課題点とは?デリバリーに取り組む飲食店から見た現状とは?

    コロナ禍も相まってますます活況を見せるフードデリバリー市場。通常営業がままならない今、その分の売上をデリバリーに助けられた店は少ない。今もデリバリーのマーケットは拡大する一方で、浮き彫りになった問題もある。実際にコロナ禍を機にデリバリーに本格着手したネバーランドアイ代表・澤田氏の体験談をもとに、飲食店が直面するデリバリーの現状を伝えたい。…
  • 外食第5世代・未来型会員制サークル「外食5G」が第3期会員を募集、「CSV経営」を目指す

    飲食勉強会「外食5G」が、第3期会員の募集を開始した。30歳前後の「外食第五世代」と呼ばれる若手飲食店経営者が集まり、2019年3月に発足。業界の活性化を目指し、各種勉強会や産地視察などを行い学びや交流を深めてきた。第3期が2021年4月からスタートし、会員を募集中。対象は、40歳以下の次世代の経営者・企業幹部で年会費は 10万円(1 社 3 名様まで年会費内で無料)、30歳以下の経営者を除く外食産業勤務者は無料(いずれも審査あり)。…
  • 動画集客サービス「FOODBUZZ」がスタート!飲食店の動画集客を成功に導く新サービスに注目。デリバリー、テイクアウト、ECのブランディングにも!

    2021年4月、フードバズ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:米本博貴氏、宮川卓也氏)は、動画を通じて飲食店集客を支援する「FOODBUZZ」のサービスを開始した。プロクリエイターによる動画制作から、再生回数を伸ばすためのSEO対策やSNS運営までを含めた集客支援サービスだ。店舗集客だけではなく、デリバリー、テイクアウト、ECのブランディングにも活用できる。近年、動画ニーズが高まる中、フードバズ執行役員の中塚進悟氏が、飲食店が集客に動画を活用すべき理由を話す。…
  • 弁当販売フードコート「屋台DELi」が横浜アイマークプレイスにオープン!都内でも弁当販売の出店企業を募集中

    WAO(東京都港区)が展開する「屋台DELi(デリ)」は、都心の大型オフィスビルや公官庁の中で、複数の店舗が屋台のように連なり、ランチタイムにワーカーに向けて弁当を販売するフードコート型弁当販売店だ。今回、横浜みなとみらいになる高層ビル、横浜アイマークプレイスに「屋台DELi」がオープンした。…
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.