飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン一覧

  • 【ニューオープン】 門前仲町に「焼匠 七枚の鉄板」が開業。「オリエンタル酒場JILI」、「お座敷ビストロ ニューJILI」を展開するSN FOOD LABの同エリア3店舗目

    10月7日、門前仲町に「焼匠 七枚の鉄板」がオープンした。肉料理やロメスパ、ワインを売り物に、“昭和”のエッセンスを散りばめた鉄板ビストロだ。運営は、同じく門前仲町で「オリエンタル酒場JILI」と「お座敷ビストロ ニューJILI」を展開するSN FOOD LAB。2016年、佐々木 絢氏と野本龍隆氏の2人で立ち上げた同社は、こうして創業から3年で同店含め3店舗を展開するまでに成長。次第にスタッフが育ち、創業メンバーからスタッフ主体の運営にシフトし、次のステージへと歩みを進めつつある。…
  • 【ニューオープン】 てっぺん卒業生がカフェ業態に挑戦。川崎「クレイビングフォーカフェ」は、居酒屋オーナーの独立2店舗目

    10月1日、川崎駅から徒歩7分。市役所近くの大通り沿いに「クレイビングフォーカフェ」がオープンした。オーナーは、てっぺん卒業生の栗原 渉氏。同店は木更津の炉端焼き居酒屋に次いで、2店舗目の開業となる。「心安らぐ空間」をコンセプトとし、ファサードと店内をフェイクグリーンで装飾。家具にもこだわり、目的来店を狙う。フードのメインは生パスタとパンケーキ。ドリンクはカフェメニューに加え、約20種類のモヒートなどアルコール類も豊富に揃え、カフェ利用以外の客層も取り込む作戦だ。
  • 【ニューオープン】 表口はネオビストロ。裏口は日本酒バル。学芸大学の新店「町ビストロ GGD」はあえてのボーダレススタイルで毎日でも通える町のダイニングテーブルだ

    学芸大学の駅からわずか30秒の場所に8月8日にオープンした「町ビストロ GGD」。「GOODFOODグッドフード」。「GOODDRINKグッドドリンク」。「DINING ダイニング」。同店のコンセプトを支える重要なキーワードとなる英単語、そして「学芸大学」の頭の文字をつけた同店は「学芸大学のダイニングテーブル」として地域に密着し必要とされる「日々通える店」を目指す。運営は名古屋に本社を置く業務酒販業のサカツコーポレーション(愛知県名古屋市 代表取締役:牧野充宏氏)の飲食事子会社トライドリンク。…
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.