飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「ほぼ新宿のれん街」に「倉庫別館」がオープン!個性豊かな7店舗が新たに倉庫内に集結。今後、空き倉庫を活用した“倉庫型横丁”の展開を視野に入れたモデルケースに


各テナント1階と2階に客席スペースを配置する“2層型店舗”が特徴

倉庫の総面積は約150坪。吹き抜けのある2階建ての空間に7テナントが入る。各テナント、1階と2階にそれぞれに客席スペースを配置するという“2層型店舗”が特徴だ。各テナント、古民家群の店舗と重ならない業態を選定した。

2階から見た施設内。吹き抜けの開放的な空間。各テナント、1階と2階にそれぞれ客席スペースがあり、同じ店舗でも異なる風景で飲食が楽しめる

A区画には大衆馬肉酒場「冨士乃馬」(運営:フジランチマーケット)。系列の水道橋「大衆馬肉酒場 冨士山」に、藁焼きメニューを加えてブラッシュアップした業態。馬肉専門卸問屋のNTCデリバ(千葉県鎌ケ谷市)から仕入れる馬肉を使った料理を提供する。

B区画、大衆食堂×酒”をコンセプトに謳う「ニュースター」(運営:ヴィクセス)は、「昼から飲める昭和感の大衆街中華食堂」。皿しゅうまい、中華そば、オムライスなどのレトロメニューを名物に、しっかりとした食事から軽くつまめる品まで幅広い構成だ。

「ニュースター」は中華そば、オムライスなどレトロなメニューが揃う。ドリンクはメガジョッキのみ

C区画の「ホンデポチャ」(運営:otto)は新大久保に本店を構える人気の韓国料理業態。韓国の夜市をイメージし、チーズフォンデュやタッカルビなどインスタ映えも意識した韓国グルメが揃う。

「ホンデポチャ」ではインスタ映えする韓国料理を用意し、のれん街に若い女性客も取り込む

D区画の「豚肉洋食倶楽部イロハ」(運営:Stove’s market)は、古民家棟に2021年3月にオープンした「ニューキッチンイロハ」の系列店。同社の「神田豚バルBYO」と「豚のいろ葉」(大井町)をかけ合わせた新業態だ。名物としてスペアリブを据えながら、“裏メイン”として女性に嬉しいスイーツをつまみにした独自メニュー「甘味ツマミ」も多数ラインナップする。

E区画の「ウミドリ」(運営:イーデザイン)は、マグロと鶏肉をテーマにしたイーデザインの新業態。国産の地ウイスキーや焼酎ハイボール、日本酒を始め、広島レモン、青森カシス、高知生姜を使った自家製サワーなどドリンクもこだわる。

F・G区画の2つで営業する「スシンジュク」(運営:スパイスワークス)は「カタカナ系スシ酒場」の火付け役となったすし居酒屋業態で、新宿や五反田などにも展開中。ひねりを効かせた「進化系すし」を揃えるが、今回は横丁内のオペレーションを考え、巻物を中心にラインナップ。

今回の「スシンジュク」は素早く提供できる巻物メニューが中心。ひねりを加えて見た目にも楽しい独創的なすしをラインナップする

H区画は牡蠣とワインの「ヤキガキヤ」(運営:フォースター)。全国から仕入れる生牡蠣と焼き牡蠣は1個300円から。コスパにこだわったシャンパンやワインも揃え、2Fにはダーツを用意しエンタメ性も打ち出す。

店舗データ

店名 ほぼ新宿のれん街 倉庫別館
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-10

 >> GoogleMapで見る

アクセス 代々木駅から徒歩1分
電話 各店舗による
営業時間 各店舗による
定休日 各店舗による
坪数客数 150坪527席(施設全体)
客単価 各店舗3000~3500円程度
オープン日 2021年1月17日
関連リンク ほぼ新宿のれん街(記事)
関連リンク ほぼ新宿のれん街(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.