飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

毎日利用したくなる身近なナチュラルレストラン「+green(アンドグリーン)」が、駒沢大学駅近くに4月1日オープン

ロゴマークは、鮮やかなキャベツをモチーフにデザインされたもの
温かいこれからの季節に気持のよい、ペット連れも多く集まる路面のテラス席
有機キャベツのあまさが引き立つストウブ鍋でジューシーに仕上げた「有機春キャベツのグリル アンチョビソース」(S1000円、M1500円)
有機キャベツロールの中から、緑のお野菜がごろごろ出てくる、食べるスープ「+green有機キャベツロールスープ」(1200円)

東急田園都市線 駒沢大学駅「駒沢公園口」から自由通り沿いをまっすぐに歩いて3分、駒沢公園近くの閑静な住宅地に溶け込むナチュラルレストラン「+green(アンドグリーン)」が、4月1日オープンした。運営は、原宿の「cafe STUDIO」や、オーガニックワインの輸入販売を手がけるドリームスタジオ(東京都渋谷区、代表:小川光太郎氏)。
この地を選んでオープンしたきっかけは、近隣在住の代表 小川氏自身の「安心して、美味しいものが食べられる店が近くにあったら」という純粋な思いから。駒沢公園が近くということもあり、路面のテラス席はペットを連れた方も多く訪れ、さわやかな風を感じながら食事やお茶を楽しむことができる。店内の1階には、デリやサンドウィッチ、有機コーヒーやフレッシュジュースなど、“レストランの味をそのまま家庭で味わえる”テイクアウトコーナーと、厳選されたオーガニック食材を扱う物販スペースが併設されている。そのため、小さな子供連れのお母さんが、散歩の途中に立ち寄ることも多いそうだ。

コンセプトは、「You are what you eat=食べたものがあなたをつくる」。安心して食べられる有機の食材を中心に、全国から選りすぐって仕入れ、化学調味料を使わずに調理をし、体に優しく、心が喜ぶものをメニューに取りそろえる。“食べることに真剣に向き合って、素材や料理に込められた愛情を五感で味わってほしい”という思いから、このシンプルな表現を大切にしている。店名の「+green(アンドグリーン)」は駒沢公園の緑・新鮮な野菜の緑をイメージし、「+(アンド)」には、「ランチ+green(アンドグリーン)」や「カフェ+green(アンドグリーン)」など、お客様の目的を表現してもらえたらという意味が込められ、ロゴマークには、わかりやすく野菜が感じられるようにと、鮮やかなキャベツをモチーフにした。

店の内装は、木のぬくもり、レンガの落ちつき、あふれる緑にこだわって、こころ温まる空間を演出した。地下1階はテーブル席のほか、畳の個室もあり“かまくら”のような造りをしているユニークな空間だ。中に配されたテーブルの角には、柔らかい素材で加工を施し、子供が怪我をしないように工夫した安心できる設計のほか、レストルームにはオムツ替え用の台を用意するなど、子供の多いこのエリアの環境に適した嬉しい配慮が随所になされている。また、レストランメニューには厚生労働省が規定した25品目と、近年増えてきた“胡麻”のアレルギー表示をしたり、ベジタリアン向けのメニューも用意。その他、環境に優しい素材を用いたテイクアウトカップや、リサイクルペーパーの活用を積極的に行なうなど、居心地だけでなく店内のすべてに優しさがみられる。

料理は、デリ、レストラン共に季節感があり野菜本来の美味しさがしっかりと味わえるメニューが並ぶ。お薦めは、冷前菜なら「季節野菜の彩りテリーヌ」(950円)、「20種の旬野菜+greenプレート」(1,800円)、「+green香草サラダ」(1,200円)、温前菜では「有機春キャベツのグリル アンチョビソース」(S1,000円、M1,500円)、「有機豆ベイクドビーンズ」(950円)、「+green有機キャベツロールスープ」(1,200円)。メインディッシュは「自然ハーブ豚の低温調理と野菜のソテー」(1,800円)、「厳選鶏と季節野菜のロースト(半羽)」(3名様以上~ 4,200円)などがあり、デザートは「+greenのクリームブリュレ トマトコンポート・アイスクリーム添え」(900円)が人気のようである。ランチは「+green本日のDeliプレート(+greenサラダ、デリ4種、本日のミニスープ、パンorライス、ドリンク)」(1,400円)など野菜たっぷりのメニューを日替わりで提供する。テイクアウトでは「有機小麦のサンドウィッチ」(480円~)、オーガニックのコーヒー豆を使用した「カプチーノ」(short 400円、tall 450円)、無添加無着色のフレーバーラテやオーガニックココアの人気が高い。ゼネラルマネージャーの種氏が淹れる一番人気のカフェラテは、ミルクの甘味が最も引き立つ50度台の絶妙な温度にこだわって提供しているが「何度も来て下さるお客様は、好みの温度がわかるので、少し熱めで提供したりと、温度の調整をしています」と話す。

ターゲットは、近隣在住の方々。テイクアウトは20代の利用者が多いが、レストランには20代後半~70代という幅広い層が来店し、家族連れだけでなく“お一人様”の利用も多いという。今回、4月1日のオープンに先がけて、地元の方々に向けたプレオープンの期間を設けた。料理の提供方法や、味付け・ポーションなど、幅広く意見を聞いてグランドオープンまで辿り着いた。今後も、来店いただく方の意見を取り入れながら、日常使いしていただける店を目指していきたいとのこと。料理長の飯嶋氏は、「お一人様で来ていただいたときのポーションの変更や、好み、アレルギー、ヴィーガンの方など気軽におっしゃっていただきたい」と話す。細かいニーズにも柔軟に対応することで、毎日通いたいデリ&カフェコーナー、レストランを目指す。

(取材=麻生 怜菜)

店舗データ

店名 ナチュラルレストラン +green
住所 東京都世田谷区駒沢1-2-31 駒沢自由通りビル
アクセス 東急田園都市線 駒沢大学駅より徒歩3分
電話 03-3411-6877
営業時間 ランチ11:00~15:30(L.O.15:00)
カフェ15:00~18:00
ディナー18:00~23:30(L.O.22:30)
定休日 無休
坪数客数 33坪・レストラン40席、テラス12席
客単価 ランチ1500円、ディナー4500円
運営会社 株式会社ドリームスタジオ
関連リンク +green
関連リンク 株式会社ドリームスタジオ
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.