飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

特集一覧

  • 城さん1

    【新連載 大衆酒場の創世記】第一夜 武蔵小山『牛太郎』 新井城介…

    帰路の導線をナビゲートする絶妙な立地設定 牛太郎は戦後まもなく、浅草の繁華街で産声を上げた。カジノフォーリー、オペラ座、木馬館。映画やオペラ、レビュー、浅草は日本の文化の先頭を走っていた。 そんな中、隣のお好み焼き屋、染太郎と共に菊水通りで人気を誇ったのが牛太郎だ。 もともと菊水通りという...
  • 160525_feature_thum

    第17回フードスタジアムセミナー「イートグッドを考える!」第二部レポー…

    特別講演 「農産物加工品で農と食を活性化しよう!」 株式会社 キースタッフ代表取締役 鳥巣研二氏 《プロフィール》 早稲田大学商学部卒業後、味の素(株)に入社。スープやドレッシング、家庭用調味料商品の商品企画・開発に従事。1998年(有)キースタッフを設立、2001年株式会社に組織変更。全国...
  • 160525_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    「わさび焼酎つんと」は残った 「何と言うことだろう…」 サッポロビール東京中央支店の営業マン、竹内利英は驚くしかなかった。 赴任してから、半年以上も通い続けていたガード下の繁盛店が、ある日を境にメニューを一新させたのだ。これは、樽ビールを供しているライバルビール会社の仕業なのは間違いなかった。...
  • 160517_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    自分で勝手につくってしまった“壁” 「それでは、本当に、ホントに宜しくお願いします…」 サッポロビールの営業マン、竹内利英は耐えきれずに言葉を発してしまう。 何しろ会話が1分以上も途絶えていたのだ。表通りを走る自動車の音など日常の喧噪だけが流れ、沈黙がその場を支配していた。 前任営業マンの思...
  • PH2

    【特別特集企画】「乙ハイ」最前線レポート。アルコール市場を席巻する次な…

    ―そば焼酎「雲海」が仕掛ける「そばソーダ」― 「そりゃソーダ」のフレーズとともに、4月1日から放送を開始した雲海酒造(宮崎県宮崎市、代表取締役 中島美幸氏)のテレビCMが話題を集めている。なぜ今、そば焼酎のソーダ割りで、関東圏を中心にした展開なのだろうか。「今回のCMでは、これまで焼酎をあまり...
  • 160512_feature_thum

    第17回フードスタジアムセミナー「イートグッドを考える!」第一部レポー…

    はじめに ~「イートグッド」とは何か?~ フードスタジアム編集長 佐藤こうぞう こんにちは、フードスタジアム編集長の佐藤こうぞうです。今日は、約80名と大勢の方にお集まりいただき誠に有難うございます。 さて私は、昨年のちょうどいま頃に“イートグッド”という言葉に出会いまして、それからこの1...
  • 160411_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    バイトと練習、麻雀に明け暮れた軟式野球部員の『されどわれらが日々』  青山学院時代に体育会軟式野球部に所属していた竹内利英は、“眠らない夜”を何度も過ごすほど多忙を極めていた。部活動、中学生への指導、飲食店でのバイト、そして勉強と身体がいくつあっても足りなかった。 軟式野球部は、硬式の東都大学リ...
  • 160404_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    新人でもベテランでも、フィールドに出れば同じ営業マン 「あんたも新入社員で来た早々に、左遷されたくはないだろう。俺にはそのくらいの力がある。ビビッていたなら、何の商売もできなくなる。俺の言う通りにするのが、利口というものだろ」 サッポロビールの新人営業マン、竹内利英は強烈なパンチを浴びたサンドバ...
  • 【シリーズ・超繁盛店を支える店舗デザイナーの仕事】平面図に神が宿る! …

    ―金子さんは1991年に独立してスタジオムーンを立ち上げられたのですね。 金子 そうです。独立する前は飲食店専門のデザイン会社にいて、楽コーポレーションの宇野隆史氏とはその頃、僕が20歳の時に担当デザイナーとして知り合いました。お父さん(宇野氏)にはそこから本当にお世話になって、もう30年以上のお...
  • 160302_meetexpo_thum

    ミートフードEXPO 2016 フードスタジアムpresents …

      Q1.2016年、マーケットのトレンドをどう読むか?「3つのキーワード」をあげて解説をお願いします。(2015年の飲食業界について総括もふまえて) 藤森:テーマに沿って進めていきたいと思います。まずは2016年のマーケットのトレンドをどう読んでいるかについて、キーワードで語っていた...
  • 160217_meetexpo_thum

    ミートフードEXPO2016 フードスタジアム presents ス…

    2016年の外食業界の流れをどう読んでいるか? 佐藤こうぞう(以下:佐藤) では順番に質問を投げかけていきます。お二人は外食企業経営を超えて突出したアイコン的存在でもあるわけですが、2016年の流れ、ご自身の会社についてはどう読んでおられますか? 稲本健一社長(以下:稲本) ゼットンでは、こ...
  • 160125_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    提案力と人間関係構築の間隙を突いて 「社員さんの接客力を上げるのに、こんなコンサルタント会社があります」 アサヒビール市場開発本部外食営業第二部の示村隼は、提案をする。ターゲットの外食企業にである。その外食企業は40店舗近くを展開し、アサヒとライバルのビール会社とほぼ半々でビールを扱っていた。 ...
  • 3

    飲食に関わる全てのプレーヤーを強力バックアップ!飲食業界専門転職支援サ…

    《話し手》 株式会社OICY 飲食マン キャリアコンサルタント 赤阪良彰氏 《プロフィール》 1981年大阪府生まれ。カフェレストラン、ブライダルレストランでのサービス・店舗責任者を経て、飲食業界専門人材紹介会社で勤務。その後、㈱OICYに入社。現在は「飲食マン」チーフキャ...
  • 151224_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    残りの半分をスーパードライで奪取せよ! 『個性の塊だ』 アサヒビール市場開発本部外食営業第二部の示村隼は、直感的に思う。2013年秋、市場開発本部に異動になった直後、示村は初めてその社長に会う。 1984年生まれの示村よりも、社長は7歳年上。30代の若さながら、40店舗近くを展開する外食企業を...
  • IMG_1991

    【海外取材企画】フードスタジアム主催ポートランド・シアトル・サンフラン…

    地産地消を支えるファーマーズマーケット 土曜、午前9時——。ひんやり澄んだ空気が気持ちのいい休日の朝。 街の中心に位置するポートランド州立大学(PSU)では、朝からたくさんの地元の人たちでにぎわう。ここはその規模と先進性から「アメリカズベスト」として知られる“Portland Farmers M...
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.