飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

特集

【オーナーストーリー】ミュージシャンから飲食業へ。産直酒場の走り「三宮産直市場」など神戸を中心に全国へ展開するKaya Group代表・小山 裕氏

【外食人のためのオンラインコミュニティ MiraEats〈ミラーツ〉連携企画〜オーナーストーリー】神戸をはじめ大阪、沖縄、東京など全国と海外で20店舗ほどを展開するKaya Group(兵庫県神戸市)。生産者とつながりを生かした「産直酒場」、実はその走りと言われるのが同社の展開する「産直市場」であり、生ビールを199円で打ち出す施策もいち早く取り入れるなど、今でこそ定着した居酒屋セオリーをいち早く取り入れてきた企業だ。「もうメディアには出ない」という小山氏だが、今回はミライーツに特別に登場。ミュージシャンから飲食に転身し、全国表彰される敏腕店長時代から現在に至るまでのストーリーを紹介する。


【第1回】甲子園球場より人口の少ない町で繁盛店を作った伝説の店長 

(Kaya Group代表取締役:小山 裕氏)

音楽、主に弾き語りを中学の頃から続けていて。最初はエンジニアとして働いていたのですが、レコード会社に声をかけてもらいバンドを結成し、24歳のときにメジャーデビューしました。2年ほど活動しましたが、やはり芸能界で売れるというのは厳しい世界でバンドは解散、レコード会社を辞めてイチからやり直そう、と思っていました。そんな折、レコード会社の社長から「飲食店を始めるので手伝ってくれ」と言われました。お世話になったし、また音楽を始めるまでのつなぎとして……そんな気持ちで「1年だけなら」と引き受け、ある居酒屋のFC店の店長を務めることになりました。

 

出店したのは兵庫県西脇市。人口は4万人ほど、甲子園球場の収容人数より少ない人口でした。本部からも「そんな場所で大丈夫か」と心配されましたが、社長が愛着のある土地だったのでオープンしました。当然、オープン後の集客状況は散々でしたね。

 

お客様が来ないので、私は日々チラシを持って店の前をウロウロ。日中はずっとビラ配りをしていたら、やがてアルバイトが「私もやります」と手伝ってくれるようになりました。だんだんアルバイト達とも打ち解けてきて、私は彼らにこの店の良さ、店を通じて実現したいことを、実現もしていないうちから夢を語りました。店の良さを伝える、すなわち自分が扱っているものの良さを伝えることは、将来、アルバイト達が社会に出て仕事をするときに役に立つことだと思うんです。次第にアルバイト達が共感してくれたのか、私がそうしたように後輩アルバイトに店の良さを語るようになり、その思いが店全体に広がってゆきました。最終的には、チラシ配りで声をかけた人へ店の良さを伝えるようになっていった。毎日、スタッフ総出で店の前でチラシ配りをしていると顔なじみの人も増え、声をかけた人がようやく来店したときはすでに仲良しで、初来店なのに常連のような雰囲気で迎えるという不思議な現象が起こっていました(笑)。

 

町で店がだんだんと認知され、当時28歳だったのですが、ある時、地域の消防団の団長が「若者がこんな小さい町で頑張っている」と、「今度、大きな訓練会があるから来い」と呼んでくれました。一緒に訓練に参加し、最後は拡声器を持って檀上に上げてもらい、店の宣伝をしましたね。こうして地域の人たちの懐に入り込んで、会社や地域コミュニティで店の宣伝をさせてもらいました。そうして来店してくれたお客様のリクエストに応えれば、かわいがってもらえる。小さい町だったので、だんだんと声をかけてもらえるようになった。

 

西脇という甲子園球場の収容人数よりも人口の少ない町で売上を上げたことが評価され、社内表彰にて、40店舗ほどある中で2度、最優秀店長に選ばれました。そうこうするうちに1年が経ちました。店は順調でしたが、私は約束通り音楽に戻るつもりでした。

 

~ ↓ 続きは外食人のための会員コミュニティ  MiraEats〈ミライーツ〉からご覧になれます ↓ 〜

第2話 約束の1年が過ぎ、音楽に戻るはずだったが……スカウトからの再スタート!

第3話 リストラ隊長を務め、もう会社にはいられない。独立したのは「成り行き」

(取材=大関まなみ)

特集一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.