飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ナチュラルフレンチ「Craft WINE N」が東麻布にオープン
週替わりシェフおすすめコースとワインの至福マリアージュ

東麻布の静かな住宅街の路地に店を構える「Craft WINE N」。ゆったりとした落ち着いた空間で、上質な料理とワインがいただける
店奥はオープンキッチンに面したカウンター席。ソファになったカウンター席は特等席だ
志太シェフによる「週替わりコース」(5皿 5000円)。その時季の食材を使った優しい味わいのフレンチにはファンも多い
温前菜の「豚タンのポワレ 根菜のスープ仕立て」。ほろっと柔らかく仕上げられた豚タンは絶品
オーナーの大山真樹氏(左)と三角芳久氏(中央)、サービス安田海氏(右)、シェフ志太龍之氏(奥)

都内でも有数の美食の街、麻布十番。昨年12月5日にオープンしたナチュラルフレンチ「Craft WINE N(クラフト・ワイン・エヌ)」は、ゆっくりと上質な食事体験を提供してくれる、この街らしいとっておきの隠れ家レストランだ。同店は、麻布十番駅と赤羽橋駅のちょうど中間あたり、東麻布エリアの閑静な住宅街にひっそりと店を構える。コンセプトは「“優しいフレンチ”と“珠玉のワイン”のマリアージュを楽しむ“Fine Wine Dining”」。日本の四季を表現した週替わりで提供されるシェフおすすめコース料理と、シニアソムリエが提案するワインペアリングは、舌の肥えた麻布十番の客たちにも高い評価を獲得しているようだ。「料理とワインいずれにも高い専門性を兼ね備えた食体験を提供したかった」と話すオーナーの大山真樹氏。店名の「Craft WINE N」には、“クラフトマンシップ”と“ネイチャー”という意味を込めた。素材の特性を活かすため、ソースも調味料もすべて手作り。ワインは作り手の顔が見える小規模ワイナリーのものも取り入れるなど、素性の良いものにこだわった。店内はシェフ、ソムリエとの距離もほどよく、ゆったりとリラックスしながら食事を堪能できる。ここは、食を知る大人のための極上空間だ。

「学生時代に経験した外食の世界が忘れられなかった」と話す大山氏。食事や自分のサービスが、目の前の人を喜ばせることができる飲食店の魅力に惹かれながらも大学卒業後は、電機メーカーSonyに入社。エンジニアとしてプロ用機器開発に携わった後、家電部門の商品企画・グローバルマーケティング等で活躍。そんな折、渡航先の海外ワイナリーでワインを口にした時、飲食に憧れた感覚がよみがえった。自分の店を出すと決め2014年退職。飲食店経営を学ぶため、友人の店舗立ち上げや販促PR、エリアマーケティングに参画し、実践ノウハウを叩き込んだ。2年の準備期間を経て、念願のレストラン出店にこぎ着けた。“WINE”を店名に冠したのは、「料理とワインのマリアージュの世界の虜になった」からだ。料理の味を引き立て、無限の表情をみせる食中酒としてのワインの魅力を多くの人にその食体験の中で実感して欲しい、と想いを馳せる。同店を仕切るシニアソムリエの三角芳久氏(共同オーナー)はもちろん、シェフ志太龍之氏、サービス安田海氏との出会いも大きな幸運だった。共同オーナーの三角氏と共に描いた構想を、料理とワインで鮮やかに表現できるメンバーが集結した。

志太シェフは、フレンチの名店「アピシウス」やフランス本国のミシュラン一つ星レストラン「La Marelle」など、数々の一流店でキャリアを積んできた。彼の作る料理は、フレンチの伝統を大切にしながらも、日本の旬の食材をいかした瑞々しく優しい味わいで、フレンチを食べ慣れた人にも初心者にも、少しだけ新鮮でどこか懐かしい、そんな感覚を与えてくれる。オススメは、週替わりコース(5皿 5000円)にワインペアリング(2800円)の組み合わせ。アミューズに続き、アントレ「白貝の冷製タプナード サラダ仕立て」、「真鱈白子のポシェ 柚子のブール・ブランソース」、メインの肉料理「エゾ鹿 シンタマのロースト 赤ワインとカシスのソース」、デセール「ムース・オ・ショコラ ラムキャラメルソース」と皿数を絞りながらも、一皿にボリュームをもたせた(※コース内容は取材時のもの)。アラカルトも充実させており、しっかり食事を楽しみたい人から、カウンター席でグラスワインとつまみ料理を楽しむという2軒目利用の人まで、幅広く利用できる。

ワインは常時80種類ほどを揃える。「ここにしかないワインとの出会いを提供したい」と、作り手の顔が見え、ストーリーまで感じられる小規模ワイナリーのものが中心だ。ワインリストには、ワインメーカーやヴィンヤードの写真がともに描かれ、アルバムのように物語を語りかけてくる。ワインを共通言語にここにしかない一杯、ここにしかない人との出会いを与えてくれる。

飲食人として第二の人生をスタートさせた大山氏。「まずはこの店を繁盛させ同店コンセプトの認知を広めたい」と話すが、しっかりその先も見据えている。来店した客が飲んだワインを記録するなど、顧客データ管理を徹底し、ワインの提案やペアリングの質を高める。その蓄積をビジネスモデル化することで、コンサルティング事業や多店舗展開の可能性も視野に入れているようである。ワインに魅せられ、まったくの異業種からレストラン事業へ。そんな“新規参入”が、飲食業界に新たな風をふきこむのかもしれない。

(取材=望月 みかこ)

店舗データ

店名 Craft WINE N(クラフト・ワイン・エヌ)
住所 東京都港区東麻布2-15-13 B1F
アクセス 麻布十番駅、赤羽橋駅から徒歩5分
電話 050-1529ー7247
営業時間 18:00~23:00
定休日 日曜日
坪数客数 15坪・23席
客単価 7500円
関連リンク Craft WINE N(FB)
関連リンク Craft WINE N(HP)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.