飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

東京浅草にブリティッシュスタイルの自家製ビール専門店「ブリティッシュパブ&ブルワリー CAMPION ALE(カンピオンエール)」が昨年12月オープン

日本初のブリティッシュスタイル・ブルーパブ。店舗正面の窓奥にはビール醸造用タンクが並んでいるのが見える
オーナーのJames Williams氏。店名の「CAMPION」は、200年続くミドルネームとのこと。日本語も堪能だ
家具はイギリスから輸入した。日本の家屋とマッチし、懐かしくほっこりとした雰囲気が漂う
チキン・マッシュルームにたっぷりのクリームソース「ミートパイ&サラダ」
代表のジェームス・ウィリアムス氏(左)、製造をアシストする黒田錠次氏


東京浅草「浅草寺」と「かっぱ橋道具街」を結ぶ通りに、昨年12月14日にオープンした、ブリティッシュスタイルの自家製ビール専門店「ブリティッシュパブ&ブルワリー CAMPION ALE(カンピオンエール)」は、店でつくりたてのビールを味わえるブルーパブ(醸造所併設ビアパブ)だ。東京では昨今、ブルーパブが増えたが、ブリティッシュスタイルのビールは少なく、本場のイギリスビールと料理が楽しめると話題を呼んでいる。代表は英国人のジェームス・ウィリアムス氏(カンピオンエール代表)。大学の卒業旅行で日本を訪れ、1か月かけて東北、北海道、広島、四国と各地を巡った。その後、ロンドンで金融コンサルティングの仕事に従事していたが、2008年再び来日した。日本で自分の店を持ちたいと考え、イギリスの伝統的なビールを日本に広めたいと帰国し、専門学校でビールづくりを学びながら、同時にブルワリーに通い醸造の経験を積んだ。

店舗正面左には醸造用のタンクが並んでいるのが見える。店に入れば、イギリスから仕入れているビールの主原料モルトがほのかに香る。日本の大手ビール会社が主流としている「ラガースタイル(下面発酵)」はスッキリとした味わいが特徴だが、イギリスのビールは「エールスタイル(上面発酵)」。作り方も違いビールの色、香り、提供する温度も高めと特徴が異なる。ビールは常時3~5種類。レギュラービールは2種。褐色の「ビターエール」は、ホップを多く使い苦みがありながら、香りが豊かだ。ビールに苦みと香ばしい風味をつける、チョコレート・モルトを使用した、黒色の「ポーター」。その他、「アンバーエール」、「ゴールデンエール」、アルコール度数6.2%とやや高めの「ストロングエール」など、全部で10種類を月替わりに展開。今後は、本場イギリスのパブでよく見られる、炭酸ガスに頼らずに注ぐ「ハンドポンプ」を導入し、提供したいと話す。

1階は醸造所とハイテーブルのパブゾーン。2階はテーブル席があり英国から取り寄せた家具が、日本の家屋にマッチしており落ち着く。キャッシュオン形式でビールは3サイズ。UK1/2パイント(284ml 500円)、UK2/3パイント(379ml 600円)、UKパイント(568ml 800円)、UKパイントが800円で飲めるとは、自家醸造ならではだ。その他、グラスワイン赤・白、ジン、ウォッカ、ウィスキー(各600円)も置く。フードメニューは気軽なスナック、チップス、ナッツ、チーズ(各300円)。イギリスパブの定番メニューである「ミートパイ&サラダ」(1000円)は、ビーフミンチ、チキンの2種。ジューシーな肉とマッシュルーム、たっぷりのクリームソースが入っている。また、冬場はポータービールを使用したビーフシチューを提供。季節によりメニューは変えている。

ジェームス氏は、「日本の大手ビールはピルスナースタイルが主流だったが、2009年頃からは小規模で高品質のクラフトビール造りも活発。最近では大手もクラフトビールに注目し始めており、とてもよい動きだと思う。ビールは様々なスタイルがあること、そして、イギリスのビールをもっと日本人に知ってもらい、飲んでもらいたい。自分達のビールづくりや店を通じて広めていきたい」と話す。その活動として、カンピオンエールではビールの仕込み見学会を開いており、人気イベントとなっている。

(取材=渡辺 未来)

店舗データ

店名 ブリティッシュパブ&ブルワリー
CAMPION ALE(カンピオンエール)
住所 東京都台東区西浅草2-2-2
アクセス 東京メトロ銀座線 田原町駅 徒歩3分
電話 03-6231-6554
営業時間 月~金 17:00~23:30、土・日・祝 12:00~23:30
定休日 無休
坪数客数 30坪 50席
客単価 1500~2000円
関連リンク CAMPION ALE
関連リンク facebook

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.