飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

特集一覧

  • 「一風堂」の力の源ホールディングスが「2025年国内300店舗、海外300店舗展開へ」――清宮俊之社長が語る経営構想!

    清宮俊之の略歴と東証マザーズ上場 力の源ホールディングス(ちからのもとHD。本社福岡市)社長の清宮俊之(きよみや としゆき)は1974年生まれ。横浜市出身。43歳。日大農獣医学部(現・生物資源科学部)卒業。TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)に入社。15年ほど勤務し...
  • 超過供給で売れない果実を有効利用。旬の果実を凍らせて削る「果実けずり」という新感覚スイーツ

    規格外の果物を活用、低コストと生産者の利益を実現 荒木氏が果実けずりを展開する目的は、市場で売れ残った果物の有効利用。ひいては生産者への利益につなげたいという思いがあった。 果実けずりに使用するのは、大田市場で取引後に残った果物。品質に問題はなくとも、超過供給などの理由で売れ残った果実は、安値で...
  • 【連載】時をつなぐレストランシェフ 5th Chef 「Tirpse」田村浩二

    これからの時代を見据え自らを磨く 次世代の強き料理人 「Quintessence(カンテサンス)」跡地にオープンし、その直後に一ツ星を獲得して以来常に話題を提供し続けてきたレストラン「Tirpse(ティルプス)」。ここで今年1月からシェフを務めるのは、フランスからの帰国後間もない弱冠31...
  • 資本がなくても開業できるチャンスを提供する、ジャスマックの「店舗銀行」システムとは

    Q まず、店舗銀行システムの仕組みについて、お聞かせください [caption id="attachment_20202" align="aligncenter" width="300"] 札幌市すすきの「ジョイフル酒肴小路」[/caption] 店舗銀行システムとは、一言でいうと「...
  • ココロがバリアをフリーにしていく~「ココロのバリアフリー計画」が変える社会~

    「バリアフリーを完璧に施した建物である必要はありません。お店側が少しだけ“ウエルカム”な姿勢になるだけで車椅子でも出かけやすい世の中になって、社会環境もガラリと変わるのではないでしょうか」 そのように話すのは「ココロのバリアフリー計画」の理事長・池田君江氏だ。ココロのバリアフリー計画とは、車椅子の...
  • フースタ繁盛ゼミ3月度(第1回)~色気ある酒場繁盛店のつくり方~

    第1部 14:00〜15:20 「色気ある酒場繁盛店のつくり方」 ・古賀慎一 氏(株式会社ダルマプロダクション代表取締役) ・乙部隆行 氏(株式会社スタジオムーンデザイナー) 佐藤こうぞう(以下、佐藤) :フースタゼミ初となる3月度講座のテーマは「色気ある酒場繁盛店のつくり方」。いま、老舗...
  • 【NEXT イノベーターズ】FILE.2 第五世代同士のトップ対談「同じ年だからこそ見える飲食業界のこれからとは」

    ――現在、戸張さんは代表取締役常務。実質、会社のトップというポジションですよね。コメールに入社されてどのくらい経っているんですか? 戸張一輝氏(以下、戸):そうですね。当社の体制は、取締役が4名と社外取締役が1名いて、専務と副社長というポジションがありません。現在の社長が函館で不動産業...
  • 【新連載】時をつなぐレストランシェフ 4th Chef 鳥羽周作

    熱くまっすぐな想いで新たな渦を巻き起こす フランス料理界の異端児   「私は料理が下手なんです」と言う鳥羽周作シェフ。小学校教師などを経て、イタリアン「ディリット」の門を叩き32歳でレストランの世界に。さらにフレンチの名店「フロレリージュ」などを経て2016年春、38歳で「Gri...
  • 【海外取材企画】NY視察ツアー マンハッタン編 〜過熱する3つのトレンドと“ミレニアル”な価値転換〜

    マンハッタン、過熱する3つのフードトレンド ブルックリンの自然体な“地元志向”のフードカルチャーとはうってかわって、マンハッタンはネクストブームを生み出すのが使命、とでもいうかのような表情を見せる。寿司やラーメンをはじめとした日本食が流行しているのは、私たちも知るところ。メキシカンやハイブリッドス...
  • 【新連載】時をつなぐレストランシェフ 3rd chef 野田雄紀

    クラシック フレンチを愛しつつ さらなる新境地を目指すオーナーシェフの挑戦   フランスの「タイユヴァン」や神楽坂の「ルグドゥノム ブション リヨネ」など、名店での修行を経て28歳で原宿に「kiki」をオープンした野田雄紀シェフ。これまでさまざまなスタイルを模索してきたが、現在は...
  • 【連載企画「大衆酒場の創世記」】第四夜 祐天寺『ばん』小杉潔

    常に客の笑顔を引き出す経営努力と、商品のバラエティー ばんは東京がロンドンを抜いて、世界一の人口を誇る都市になった昭和32年、中目黒で生まれた。中目黒の駅からも近く、春にはさくらの名所になる目黒川のすぐそばで、繁華街の目黒銀座からも近い好立地だった。5000円札や100円硬貨が発行され、翌年には東...
  • 【新連載】時をつなぐレストランシェフ 2nd chef 森枝幹

    世界の食に触れて育った若きシェフ 自在な発想で食の可能性を問いかける   「フレンチやイタリアン、そういったジャンルでくくってしまうのはもう古いのです」。そう口を開いたのは、「時をつなぐレストランシェフ」2人目の森枝幹シェフ。2014年に27歳で「サーモンアンドトラウト」をオープ...
123...最後
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.