飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

神田の雄・スマイルリンクルが「ラムゴロー」を開業。多彩なラム料理を提供する酒場を営業する傍ら、1棟ビルを活用し、人材不足や雇用のダイバーシティを見据えた策を打ち出す

9月22日、神田に「ラムゴロー」がオープンした。サラリーマンをメインターゲットに、多彩なラム料理を提供するカジュアルな酒場だ。「神田の資産になる店づくり」をミッションに、「酒場ゴロー」「チンチンゴロー」などを神田で展開するスマイルリンクル(東京都千代田区、代表取締役:須藤 剛氏)が運営する。創業から27年、「神田といえばゴロー」の認知が広がっていることもあり、集客はオープン当初から好調な滑り出しだ。同店は4階建てビルの1~2階で営業するが、3階をセントラルキッチン、4階をオフィスとして活用。特に3階のセントラルキッチンでは、今後、他の飲食店の仕込みや自社配送のデリバリーの事業に取り組む。飲食業界の人材不足に対する支援策や雇用のダイバーシティの実現を目的としており、未来を見据えた策を詰め込んだ出店の位置づけだ。


創業1994年の老舗飲食企業。創業者から新世代への交代後、期待の初出店!

1994年、神田にオープンした9坪のお好み焼き店「Big-Pig」から始まったスマイルリンクル。神田を中心に銀座や赤坂、千葉、韓国などで飲食店を展開してきたが、2020年4月には創業者の森口康志氏から須藤 剛氏に代表交代したことを機に神田でのドミナント展開に舵を切って再スタート。「神田の資産になる店づくり」をミッションに歩みを進める気鋭の飲食企業だ。「ラムゴロー」は須藤氏に代表を交代してから初の出店となる。

開業のきっかけは物件との出合いだ。神田駅南口から徒歩30秒の好立地は魅力的だったが、4階建てビルを1棟貸しという条件がネックになったという。「店舗として活用するには1、2階が限界。3、4階については別の活用法を考える必要があった」と須藤氏。そこで、3階をセントラルキッチンに、4階に事務所を移転させることで算段が付いた。

神田駅南口から30秒の好立地。4階建ての1棟ビルをまるごと活用。同店オープンと同時に以前は近隣にあった事務所を同ビル4階に移転した

店舗データ

店名 ラムゴロー 神田南口店
住所 東京都千代田区鍛冶町1-3-7 蛇の目ビル 1F・2F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 神田駅南口から徒歩30秒
電話 03-6260-9797
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜、祝日
坪数客数 20坪54席(1・2階合計)
客単価 3800円
運営会社 株式会社スマイルリンクル
オープン日 2021年9月22日
関連リンク スマイルリンクル社長交代インタビュー(記事)
関連リンク チンチンゴロー(記事)
関連リンク ラムゴロー(Instagram)
関連ページ スマイルリンクル(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.