飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ペットと一緒にフレンチを!本場三ツ星レストランで修業したシェフが作る本格ビストロ料理と絶品スイーツ。「BISTRO ARPA 表参道」、表参道ヒルズ裏に6月1日グランドオープン!


レジェンドカラー株式会社(東京都渋谷区、代表取締役・アルパ・アブドゥーラ氏)は、ペットと通える本格レストラン「BISTRO ARPA(ビストロ アルパ)表参道」を表参道ヒルズ裏の青山スタジオ通りに6月1日グランドオープンした。散歩や買い物、食事など自分のプライベートを満喫できる街、表参道。このエリアを含め、東京でも今までなかったペットと一緒に、ゆっくりと食事を楽しめる店としてオープンしたのが同店だ。欧米では幸せの象徴として親しまれている黒猫をモチーフにした看板に誘われて、一歩踏み入れると店内の活気と情熱的な赤の空間。トルコ人オーナーの自国製ハンドメイド照明がオリエンタルな雰囲気を醸し出している。ウリはペットと一緒に食事ができること。リードをかけるリングも各席に設けてあるので安心。また、ペット用メニュー(温野菜、肉料理など、1,300円~)も用意している。総料理長である宇野雅仁氏は都内フレンチレストランで修業後、渡仏。三ツ星レストラン「MAISON TROISGROS(メゾン・トロワグロ)」などを経て、アメリカ・NY「レストラン チェロ」で副料理長、「レストラン ジェファーソン」では料理長を務め、当時、「The New York Times」のグルメ評価で二つ星を獲った人物。前菜には、冷凍ではない新鮮なレバーのみで丁寧に作られた「鶏の白レバームース」(580円)。軽くグリルし、素材の味を十二分に引き出した野菜と香り豊かに桜のチップで燻製させた真鯛を透明なトマトエキスで固めた「自然野菜と燻製にした真鯛のミルフィーユ仕立て」(1,080円)は毎日売り切れてしまうほど。メインでは、スープのベースとなるエビのだし(アメリケーヌ)を始め、すべて自家製で作り上げた「マルセイユ風ブイヤベース」(2,580円)、ブルーベリーとラズベリーを合わせた絶品ソースが魅力の「鴨胸肉のロースト ベリーソース」(2,280円)などが人気メニュー。そして、ディナーの後には、店自慢の5種類以上のデザートをワゴンサービスで用意するなど、女性にうれしいサービスも。中でも国産を含め、厳選した3種類の高級チーズと新鮮な牛乳をふんだんに用いたオリジナルのベイクドチーズケーキ「リッチーズケーキ」(600円)は、スイーツの本場フランスで総料理長が覚えた味を再現した逸品だ。またランチタイムには、総料理長がフランス修行時代にホームステイ先のマダムに教わったというフレッシュトマトがたっぷり入ったミートソースのラザニア(980円)が完売必至の人気メニュー。さらに、前菜、野菜のマリネ、日替わりメイン料理などがセットになった「ワンプレートランチ(限定10食・1,280円)」など4種類。そのすべてに自家製フォカッチャを含むパン2種類と、手造りのドレッシングで味わえる6種類の日替わりサラダブッフェが付いているとあって、表参道に通うOL、マダムの間で話題の店になりそうだ。 

店舗データ

店名 BISTRO ARPA(ビストロ アルパ)表参道
住所 東京都渋谷区神宮前4-6-8 B1
電話 03-5771-8228
営業時間 11:30-15:30、17:30-23:30(L.O.22:30)
定休日 火曜日
坪数客数 36坪 28席
客単価 4200円
関連リンク BISTRO ARPA
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.