飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

編集長コラム

「スパたこ」の衝撃と茅場町「和光」への郷愁

関西から出てきた「スペインたこ焼き×オイスターバー」の店が渋谷・道玄坂上にオープンしたというので、早速行ってみた。一見すると、屋台のたこ焼きである。しかしゴルフ帰りの遊び人風カップルがたこ焼きの焼き台の目の前のカウンターでワイングラスを傾けている。こりゃ面白い!

PROFILE

佐藤こうぞう

佐藤こうぞう
香川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本工業新聞記者、雑誌『プレジデント』10年の編集者生活を経て独立。2000年6月、飲食スタイルマガジン『ARIgATT』を創刊、vol.11まで編集長。
その後、『東京カレンダー』編集顧問を経て、2004年1月より業界系WEBニュースサイト「フードスタジアム」を自社で立ち上げ、編集長をつとめる。


時間は夜8時過ぎ。同じ大阪出身のUGグローイングアップが手掛ける定食屋さんの先に、その店はあった。ファミリーマートとローソンに挟まれた立 地。このあたりは円山町という色気の漂う街である。道玄坂を上がりきれば「BUCHI」がある。渋谷ベンチャーの密集地であり、話題のUSENグループの 本拠地でもある。たかが「たこ焼き」と言うと叱られる。「スパたこ」は完全イタリアン食材を使った「新しいたこ焼き」である。侮る勿れ! 店内は10人入ればいっぱいのスタンディング席。「オイスターバー」と銘打つだけあって、宮崎、的矢、厚岸、クマモトの旬の生牡蠣を売りにしている ほか、「生ハム」「イベリコ豚のチョリソー」「鮮魚のカルパッチョ」「ムール貝のガーリックオイル」などがオンメニューされている。グラス430円からの ワインは、「BUCHI」もびっくりのセレクト。35000円の高級ワインも置いており、どんな客層のニーズにも応えられる仕組み。これがなにわスタイル なのだろうか。 こうした店の魅力はやはり、「焼け跡闇市屋台系」への郷愁なのだろう。猥雑で清潔とはいえないが、街と人のエネルギーを吸い込む磁力と客を酔わせる アナーキーな臭いを放つ。「格差社会への嘲笑」「成り上がり何ぼのもんやねん」といった乾いた情念もある。これが人を飲食店に吸い込むオーラなのだろう。 「スパたこ」で「たこ焼きアラビアータ」を肴に白ワインを飲みながら、茅場町の「和光」を思い出してしまった。 元築地市場の仲卸のオーナー。ワケあって屋台から飲食スタート、その延長戦で茅場町の古い民家をそのまま活かして「活貝焼屋台専門店」を始めた。 「味付けしなきゃなんねぇような貝は仕入れっかよ」「勝手に自分で焼いて食べてよ」と言い切る仕入れ力。ドリンクもワインをはじめオール500円のセルフ サービススタイル。「美味しいもんなら裃つけず誰でも来てくれるだろう」というある種の開き直り。デザインだ、コンセプトだ、シェフだ、サービスだ…とい う「消費され尽くしたコンテンツ」を度返しするような裸の原点、そこにいま立ち戻る必要があるのかも知れない。

編集長コラム一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.