飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

大衆酒場と寿司を掛け合わせた新業態 「大衆すし酒場 カドハチ」が八丁堀に誕生

ビジネス街に突如として現れる大衆的な雰囲気の酒場のため、足を止める人は多い
寿司店らしいカウンター席をはじめ、団体利用できるテーブル席もある
寿司は「噂のトロマグロ」が50円とリーズナブルだが、そのほかも80円からラインアップされている
日本酒と焼酎のラインアップは豊富なため、複数の銘柄をオーダーする客が少なくない
株式会社Kings Knowの代表取締役CEO・山田一希氏

八丁堀と言えば、ビジネス街。こうしたイメージが数年後には、変わっているかもしれない。近年、東京駅や銀座駅に近い立地に注目が集まっており、駅周辺の湊二丁目などでは再開発が行われている。また、隣駅の築地駅には市場があり、一部移転の余波が八丁堀まで及ぶ可能性も高い。こうした背景から存在感を高めている八丁堀駅に、同エリアならではのコンセプトを持った飲食店が誕生した。それが駅から徒歩1分の場所に5月23日オープンした「大衆すし酒場 カドハチ」だ。運営するKings Know(キングス・ノウ 東京都渋谷区、代表取締役CEO 山田一希氏)にとって、同店は新業態となる。

同社は「串だおれ」という大衆酒場をはじめ、「Godereccio(ゴデレッチョ)」や「Sopra Sotto(ソプラ・ソット)」などを展開しており、シンガポールと台湾にも進出。今、最も勢いのある飲食企業の一つとして知られている。今回、新業態を開発した経緯について、同ブランドの立ち上げから携わった代表取締役の山田氏は、次のように話す。「もともと当社では、ある程度狭い坪数でも勝負ができて、海外へも打って出られる業態を開発したいと考えていました。どのような業態にするか検討していた時、候補の一つに寿司という選択肢も上がってきます。最終的には、昔から付き合いのある水産業者の協力が得られて、築地の隣の八丁堀という立地でもあったため、大衆酒場をベースにした寿司業態をやろうと決まりました」。

同社が見据えているのは、東南アジアを中心としたマーケットだ。すでにシンガポールと台湾に進出していることもあり、今後、ベトナムやマレーシア、フィリピン、タイといった国々での展開を狙う。こうした国では、数年前まで日本の料理を提供する総合居酒屋が流行していたが、現在では専門業態のオープンが続く。焼肉やラーメン、天ぷらといった日本ならではの業態とともに寿司の人気も高い。ただ専門店化した分、しっかりとしたスキルを持った料理人を確保できないまま展開を行うケースも増えている。そうした未熟さを持ち合わせている市場だからこそ商機も大きい。同社は、まずは日本でじっくりと業態を育てながら、多店舗展開にも耐えられる一定以上のクオリティを目指す。その後、機械化や物流網といったファクターも考慮して、海外展開を進めていく。

同店のメニューには、寿司を中心に大衆酒場の料理が並ぶ。寿司は、握り・軍艦・手巻といった定番メニューをはじめ、「梅(5貫盛り)」(680円)と「竹(7貫盛り)」(880円)、「松(10貫盛り)」(1280円)の3種類が用意されている寿司盛りや「こぼれ寿司」(ハーフ760円、レギュラー1480円)などが揃う。キラーコンテンツは「噂のトロマグロ」で、なんと50円というリーズナブルさで提供している。また「串だおれ」のノウハウを生かした「串焼き」は鶏・豚・魚の3種類でラインアップ。さらには「たまご」(90円)や「こんにゃく」(100円)、「とろろ大根」(120円)などが味わえる関西風おでん。「大人のポテトサラダ」(380円)や「特製 牛土手玉煮」(380円)、「チャンジャ冷奴」(380円)といった大衆酒場のメニューも見逃せない。

ドリンクの中心は、日本酒と焼酎だ。日本酒では「七田(純米)」(540円)や「梅の宿(純米辛口)」(680円)」、「楯野川(純米大吟醸)」(680円)といった定番メニューはもちろん、「獺祭(純米大吟醸)」(880円)や「臥龍梅(純米吟醸)」(780円)などの限定メニューも揃う。一方、焼酎では、「はるしずく(麦)」(380円)や「赤兎馬(芋)」(530円)、「南風(泡盛)」(380円)などがラインアップ。この他にも、ビール・サワーとともに、内容量が2倍となった「メガビームハイボール」(500円)や「メガ角ハイボール」(550円)、「メガレモンサワー」(580円)といったメガジョッキドリンクも人気を集めている。

現在、周辺に勤めるビジネスマンだけでなく、地域の方が家族連れで訪れるケースも増えている「大衆すし酒場 カドハチ」。今後、都内を中心に店舗を拡大させていきながら、インバウンドも取り込む。海外展開だけでなく、将来的にはフランチャイズ展開の可能性も探っていく。寿司をカジュアルダウンさせて、新しい業態として進化させ続ける同店に対する期待は高まるばかりだ。

(取材=三輪 ダイスケ)

店舗データ

店名 大衆すし酒場 カドハチ
住所 東京都中央区八丁堀2-22-11 鈴らんビル1階
アクセス JR京葉線・地下鉄日比谷線八丁堀駅から徒歩1分
電話 03-3206-3345
営業時間 17:00~23:30
定休日 日曜日
坪数客数 20坪 36席
客単価 3000円
運営会社 株式会社Kings Know
オープン日 2017年5月23日
関連リンク Kings Know(HP)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.