飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ファンクリックスの新ブランドは連日人気の話題店「大衆炉端酒場 伊佐木商店 武蔵小杉店」

店名の「伊佐木」は、炉端焼きで鶏や魚を提供することから、鶏魚=伊佐木から命名。白い暖簾と提灯が風情ある感じを醸し出している
同店おすすめの「至高の肉じゃが」(390円)、「山盛りとろたく」(490円)と「低温調理の鳥レバ刺し」(450円)
「凍結伊佐木レモンサワー」(400円)は、8切れの凍結レモンが入り見た目も爽やか。この季節ならではの「生絞り清見オレンジサワー」(450円)はマストオーダーの一品
代表の木月浩平氏(後列右)、店長の山内浩之氏(後列左)、藤井宏行氏(前列右)と女性スタッフのみなさん

この10年で大きく様変わりし、最近の住みやすい街ランキングでも、上位に入る人気の街となった武蔵小杉。東急東横線・JR横須賀線・JR南武線が乗り入れる武蔵小杉駅は、駅舎自体も新しい建物になり、駅前広場にはいくつもの商業施設やタワーマンションが立ち並ぶ。そんな、武蔵小杉や東急東横線・田園都市線沿線などの神奈川エリアをメインに様々な業態をドミナント展開しているファンクリックス(東京都目黒区、代表取締役:木月浩平氏)が、昨年11月18日から営業をスタートした「大衆炉端酒場 伊佐木商店 武蔵小杉店」は、連日人気で話題の店となっている。

実は、同店は業態変更をして誕生したもので、前身は同社の別ブランド「らい燈」が5年程営業していた。業態変更に至った経緯について代表の木月氏は、「2011年オープンの『らい燈』は、接待などにも使える居酒屋業態だったので、毎日通うという感じではありませんでした。同じ武蔵小杉に、その1年後にオープンさせた串焼きとモツ煮込みが売りの大衆酒場業態『串車力』は、開業当初から勢いが良く、地元の人たちに受け入れられ、毎日来店する常連さんもいました。その状況を見て、この立地ではやはり大衆酒場業態の方が必要とされていると改めて感じ、大衆炉端酒場の『伊佐木商店』に業態変更したんです」と話す。“自由な発想を創造し、その場所に合う様に調整し提供する”ことを理念に掲げ、”ファンクリックス(fancy・create・fixの造語)”という社名にした同氏にとって、今回の業態変更はその理念を体現したといえるかもしれない。店構えは、親しみやすさ、よりオープンな感じを出すために間口を広げ、大衆酒場のトレードマークともいえる“暖簾”を付けた。店舗外観からも、大衆炉端酒場の雰囲気を醸し出す同店は、オープン直後から地元の人々はもとより、遠方からもわざわざ来店する常連客で連日賑わいを見せている。

毎日通いたくなる酒場を目指す同店では、鶏・魚・農園野菜などの各種炉端焼き料理や大衆つまみなどを199円~500円以下のプライスで提供。メニュー数も55種類ほどの定番ものと、月替わりのおすすめによる旬のメニュー10種類ほどを揃える。特に人気は、その盛りの高さに驚く「山盛りとろたく」(490円)や、同店オリジナルの濃厚な味わいの「至高の肉じゃが」(390円)、調理法にこだわった「低温調理の鳥レバ刺し」(450円)など、どれも素材の新鮮さはもちろんのこと、さらにひと手間掛けられコストパフォーマンスの高いメニュー内容になっている。

アルコールはおよそ60種類ほどで、その半分をサワーや割り物が占める。6種から選べるレモンサワーは、「でかさド級レモンサワー(通称:どきれも)」(580円)や、「凍結伊佐木レモンサワー」(400円)、「パンチレモンサワー」(390円)など、ネーミングにもユーモアセンスが光るライナップだ。さらに、季節ごとの柑橘系フルーツを凍結したサワーもあり、人気の一品になっている。取材当日は、契約農園から直送で仕入れたオレンジを丸ごと1個使用した「生絞り清見オレンジサワー」(450円)がオンメニューしていた。またメニューには、「タカラ」のカテゴリーがあり、「ゴールデンハイボール」(299円)や「レジェンドハイボール」(390円)、「元祖下町ハイボール」(350円)などが並び、リーズナブルさにこだわっている。

「大衆炉端酒場 伊佐木商店」という新たなブランドの今後の展開を代表の木月氏に聞くと、「大衆酒場業態ですから、その地域に密着した店作りが大切なので、タイミングと物件の条件が合った時に順次展開していきたいと思っています」と語る。また、同氏は、この「大衆炉端酒場 伊佐木商店」ブランドをより広めていくために、ライセンス加盟開発をパワフルブレーンズ(東京都渋谷区、代表取締役社長:西山公人氏)と共に推し進め、ライセンス展開も積極的にしていくという。毎日通えるリーズナブル価格を保ちつつも、生産者から直送される素材の良さを大切に、手間ひまかけた料理を提供する居心地のいいネオ大衆酒場の同ブランドは、今後、様々な地域で受け入れられていくことだろう。「大衆炉端酒場 伊佐木商店」のさらなる躍進に期待が募る。

(取材=玉井 由希子)

店舗データ

店名 大衆炉端酒場 伊佐木商店 武蔵小杉店
住所 神奈川県川崎市中原区小杉町1-526-6
アクセス JR・東急東横線 武蔵小杉駅から徒歩3分、東急東横線 新丸子駅から徒歩5分
電話 044-722-1008
営業時間 ランチ【月~金】11:30~14:00、ディナー【月~日・祝前日・祝日】 17:00~23:30
定休日 無休
坪数客数 22坪 36席
客単価 2000円
運営会社 ファンクリックス株式会社
オープン日 2016年11月18日
関連リンク ファンクリックス(HP)
関連リンク 大衆炉端酒場 伊佐木商店 (FB)
関連ページ カブリロス 溝の口店(記事)
関連ページ CRAFT BEER KITCHEN 自由が丘店(記事)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.