飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

西新宿で優良店を築いたKuu Corporationが12月6日、本の街、神保町に新業態店「創作 Dining Bar Bistro Kuu(ダイニング バー ビストロ クー)」をオープン!

靖国通りからも目につく好立地。外観は緑に、店内は夕焼け空をイメージしてオレンジを基調に仕上げる
壁の一部を本棚風に仕上げるなど、店舗デザインも本の街、神保町ならではの魅力を随所に散りばめる
写真奥から時計まわりに、「季節のタルト」(500円)、「自家製 鶏レバーのペースト」(600円)、「鶏肉の白ワイン煮」(600円)、「魚介のアボカドサラダ」(750円)、「お肉のサラダ 温泉玉子のせ」(800円)
代表取締役の有間賀寿夫氏(写真右端)と志を同じくするスタッフが一丸となり、魅力ある店づくりを目指す

(取材=印束 義則)


大手コーヒーチェーン店に20年以上在籍し、営業部部長、商品部部長などを経て、Kuu Corporation(東京都調布市)を立ち上げて独立。2009年12月に東京・西新宿に「和創作 空 Kuu 西新宿」を開業するや、地階の目立たぬ立地ながらも25坪・52席で月商600万円を上げ、オープン時比130%という手堅い売上を上げるまでに成長。そうした実績を踏まえて開業した2店舗目の店が「創作 Dining Bar Bistro Kuu」だ。オープンは12月6日、1号店が“和創作”の店だったのに対し、今度は“創作 Dining Bar Bistro”という洋食業態での開業を選択。これは周辺にないタイプの飲食店をということで業態を決定したもので、古くからの飲食店が軒を連ねる神保町に新たな魅力を吹き込んでいきたいという、同社代表取締役・有間賀寿夫氏の想いが籠められている。
店舗は1、2階合わせて42坪の広さで、1階30席、2階44席の計74席の造りに。2フロアの利点を存分に生かし、1階は賑やかに楽しめる“ダイニング”のイメージ、2階はゆっくりくつろげる“リビング”のイメージでまとめ、まるで家庭に招かれたかのような親しみを感じる店に仕上げている。1階に1台、2階に3台と大型モニターを設置してパーティー利用にも対応する。また、売り物のワインと本の街、神保町ならではの特徴を生かした店舗デザインも秀逸だ。例えば、1階のハイテーブル席の一部は天板より下の部分をラックに仕立ててワインの瓶をカラフルに並べ、円柱形の大型照明は本の文字を拡大して表面にプリントするなど独自のセンスが光る。一方、2階にも同様の照明を設置し、さらに壁の一部を本棚風に仕上げ洋書やワインの瓶をずらりと並べるなど、居心地のよい空間を巧みに作り出している。
料理は「和創作 空 Kuu 西新宿」同様、素材の魅力を強く打ち出した商品構成を採用。今回、大きな売り物の一つに据えるのが契約農家から仕入れる有機野菜で、そうした野菜を用いたメニューも充実させる。中でも人気なのが「有機野菜のバーニャカウダ」(800円)。これは店内の一角にショーケースを設けて多彩な野菜を陳列し、お客に“サラダバー”の要領で一皿に好きなだけ野菜を盛ってもらうというもの。あえて“サラダ”ではなく“バーニャカウダ”にすることで、酒を楽しむ業態ならではの魅力の詰まった一品に仕立てている。「有機野菜のバーニャカウダ」が女性客を狙ったメニューなら、男性客の集客を意識して揃えたのが8種の“炭焼!!”や6種の“肉!!”メニュー。“炭焼!!”は日向地鶏をメインに用いる「地鶏の炭火焼・もも」「地鶏の炭火焼・むね」(各700円)や、ビタミンB1が通常の豚肉の約2倍もあるという「大沢牧場豚の炭火焼」(800円)、あるいは「自家製 ソーセージの炭火焼き」「厚切りベーコンの炭火焼」(各600円)などを。“肉!!”は「鶏肉の白ワイン煮」(600円)、「大沢牧場豚のカルボナード」(800円)、「牛ほほ肉の赤ワイン煮」(1500円)など食べ応えのあるものを揃える。また、神奈川の三崎漁港などから産直する魚介メニューも売り物で、6種揃えた“魚!!”メニューとして「白つぶ貝のハーブ&ガーリック風味」(750円)、「サーモンの岩塩焼き」(800円)などを供する。これらの食材はその他のメニューにも活用し、グランドメニューは計80種ほどに。今後は日替わりメニューや週替わりメニューを増やしていき、それに合わせてグランドメニューは見直していくという。ワインはボトル売りに力を入れ、グランドメニューで赤、白各17種、ロゼ1種を揃え、赤、白各1種を除くすべてのワインを3800円と4800円の2プライスで統一する。内容も各国のものをバランスよく揃える。
客層は3対7で女性客主体と想定するが、女性客が多いとどうしても来店が週末に偏る傾向にあるため、平日の男性客の利用を強化し1週間を通じてバランスのよい集客を図る。目標月商は700万円で、内訳はランチ100万円、ディナー600万円と見込んでおり、この数字をクリアできればF/Lコスト50%も可能となる。損益分岐点は580万円のため、十分な健全経営と言えよう。社名や店名に採用した「Kuu」とは「空」と「食う」をかけたもの。どこまでも広がるこれ以上ない広さを持つ「空」と、生きるための根源でもある「食う」を託したその名前は、有間氏のライフワークとも言うべく外食に対する熱い想いが籠められている。そして、その想いの下にスタッフが一丸となって高いモチベーションを保ちながら魅力ある店づくりに取り組み、一歩ずつ、一歩ずつ着実な成長を目指していく。

店舗データ

店名 創作 Dining Bar Bistro Kuu
(ダイニング バー ビストロ クー)
住所 東京都千代田区神田神保町1-41

 >> GoogleMap見る

アクセス 地下鉄 神保町駅より徒歩3分
電話 03-5281-9799
営業時間 月~金11:30~15:00、17:00~23:30(L.O.22:30)
土・日・祝11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 無休
坪数客数 42坪・74席(内テラス4席)
客単価 昼900円、夜3800円
運営会社 Kuu Corporation株式会社
関連リンク 創作 Dining Bar Bistro Kuu(ぐるなび)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.