飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

静岡県と関東に、40店舗以上もの店を構えるフーディアム・インターナショナルが、革新的な≪250円均一≫にチャレンジ!常識をくつがえす味とボリュームを実現した「元気回復堂」、7月21日(水)、新宿にグランドオープン!

ボリューム満点!鶏の骨付きもも1本焼きでも、なんとお値段は250円
串の長さ30センチを誇る串焼きのジャンボシリーズの「ジャンボ!鶏ねぎま串塩焼き」250円 
豆腐まるごと一丁の「でかやっこ」も食べ応え満点だ
飲み物も250円均一!フレッシュフルーツを用いたカクテル各種も

「自他共栄」の経営理念の元、創業23年「串特急」など全業態43店舗を展開するフーディアム・インターナショナル(静岡県沼津市、代表取締役:三木信治氏)が、その実績のなかで集められたデータを裏付けに、味も質もブラッシュアップ!“チャレンジ・ザ・ドリーム”という信念の元、驚異的な味とボリュームの250円均一居酒屋『四代目 新宿酒場 元気回復堂』を、7月21日、新宿駅徒歩3分のところにオープン。“明日の活力になる、元気回復”をコンセプトに、串の長さ30センチを誇る串焼きのジャンボシリーズは、素材の良さと、ガツンとくる、こだわりの味が光る自信作。鶏の骨付きもも1本まるごと提供と、ボリュームと味にこだわりつつも、破格の250円均一となっている。既存の均一居酒屋の量や味に、“もっと出来るハズだ”と悔しさを感じた、三木代表の熱い思いから、社員一丸となって、“おいしく、量もたっぷりで、250円均一”という命題に取り組んだ。なかには、原価率約60%というメニューもあるというが、“ボロ儲けしなくていい、お客さまに心の底から喜んでもらいたい”という考えの元、メニューのほとんどが手作り。この手間が“それでも利益をあげるコツ”。手作りすることで、味にもボリュームにも納得がいくというレベルにまでアップさせた。均一居酒屋界のウィークポイントだった、“量”と“質”を飛躍的に向上させた形だ。元気回復堂という名前の通り、スタミナ系メニューも充実。ニンニクの丸揚げ、コロコロ焼き鳥などなど。“蒸篭deチーズフォンデュ”や、“キャベツと豚のミルフィーユ仕立て”など、学生需要を見据えた、若者向けメニューもラインナップされている。酒もソフトドリンク同様250円均一。割り勘負けしない…飲めない人にも楽しんでもらいたいという思いが、お酒の安さにつながった。笑顔と元気を忘れない、店員教育も徹底…コミュニケーションも居酒屋の魅力のひとつと考え、「低価格・高クオリティの居酒屋」を目指す。店内は、大きく3つのエリアに分かれている。足場が組まれ、工事現場のそばの屋台で飲んでいるような雰囲気の席。半個室になっているエリア、そして、大宴会場にもある座敷エリア。座敷エリアは、マックス70人まで対応し、会社員の歓送迎会、学生のためのコンパに便利な作りとなっている。宴会メニューは、飲み放題付きで、2500円を切っているのも特筆すべき新改革だ。また、250円均一メニューだけでは物足りない人のために、鍋類など価格の異なる自慢の裏メニューもあり。

(取材=渋谷 富士子)

店舗データ

店名 四代目 新宿酒場 元気回復堂
住所 東京都新宿区西新宿1-15-2 オムニクスビルB1
アクセス JR新宿駅西口より徒歩3分
電話 03-3340-4747
営業時間 月~木16時~翌3時、金土祝前16時~翌4時半
日祝15時~23時
定休日 無休
坪数客数 88坪・154席
客単価 1,700円
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.