飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

新宿エリアを中心にワルツが展開するワインバー「MARUGO」の5店舗目、「MARUGO V(マルゴ・ファイブ)」が6月20日、新宿のトップス跡地に堂々オープン!

新宿紀伊国屋裏という好立地にある、2フロアからなる「MARUGO V」は、気軽に誰でも利用できる雰囲気だ
すべてのテーブルに設えたボトルホルダーのアイデアがいい。ワインは、MARUGOのオリジナルラベル「シャソルネ・キュベ・G」(4800円)
ワインボトルを配してデザインされた美しいシャンデリアがある2階フロアでも、気軽にゆっくりとワインが楽しめる
手前左:「有機野菜のグリル・バルサミコソース」1200円、右:「モッツァレラとバジルのソレント風スパゲッティ」1200円、奥:チーズ5種盛り合わせ1800円

ワルツ(東京都新宿区、代表取締役・大竹信子氏)が展開する新しいスタイルのワインバー「MARUGO」は、新宿3丁目に「MARUGO GRANDE」を誕生させて以来、同エリアに「MARUGO I」、「MARUGO Ⅱ」をドミナント出店。その後、2009年に丸の内ブリックスクエアに「MARUGO 丸の内」をオープンさせ、ワイン好きの間にその名を定着させてきている。6月20日に満を持してオープンさせた新店舗、「MARUGO V」の立地は、新宿の紀伊国屋書店裏手にある「トップスハウス」にオープンということで、今業界の話題を呼んでいる。 新宿の「ニュートップス」といえば、新宿を訪れた人なら誰もが一度は利用したことがある、と言っても過言ではないランドマーク的カフェだった。そのため「MARUGO V」は、ワインバーとしては異色の12時~24時までの通し営業とし、ランチ&カフェタイムの枠を新たに設けている。夜のディナーユースのみならず、ランチや待ち合わせ時のカフェとして、多様な目的に利用できる点がいい。全170席・80坪という、系列店の中では一番の大箱となるこの店舗は、既存の「MARUGO」4店舗が持つ良さを集約したような内容となっている。店の総括的なコンセプトは、“ワインバー”の枠にとらわれず、ワイン好きもそうでない人も、誰もが気軽に利用できる“ビストロ&バル”だ。夜の時間帯には、常時4~5人のソムリエがサービスをし、ワインについて客のどんな質問にも気軽に応えてくれる。 店舗に入ってまず気づくのは、細部にこだわった内装の素晴らしさだ。1階のフロアには、開放的なオープンキッチンがあり、カウンターとテーブル席とで構成されたカジュアルな雰囲気となっている。天井には、割れたバカラのグラスを再利用して電飾としてデザインされた照明、また、割れたバカラのグラスを効果的なオブジェとして店内に配しているのがユニーク。 常時200~300種、800本のワインをストックするガラス張りのセラーがある2階のフロアは、1階よりも少しラグジュアリー感のあるインテリアとなっており、まずは、たくさんのワインボトルを用いてデザインされた円形のシャンデリアの美しさに目を奪われる。奥には、ガラスで仕切られた個室スペースもあり、ワインをかたむけながらゆっくり語らいたいという女性客などに人気だ。また、1~2階共通で、テーブルにはワインボトルを差し込むボトルホルダーが備えられ、ナイフやフォークなどのカトラリー類は、テーブルに設えた引き出しに収められている。こうしたちょっとした工夫が、店を利用する際のプラスの楽しみにつながっている。 ワインは、グラス売りで常時18種から選べ、価格は500円~1100円。ボトルは、3200円~6000円前後のカジュアルに飲める価格帯のものが数多く取り揃えられているので、ワイン好きにはうれしい限り。カジュアルシーンでおすすめしたい銘柄は、“MARUGO”オリジナルラベルを有した「シャソルネ・キュベ・G」(4800円)、「ラングロールのコート・デュローヌ・マグナム」(1.5リットル・15,000円)で、双方とも日本では「MARUGO」の店舗でしか味わえないもの。もちろん、「ロマネ・コンティ」や、「シャトー・マルゴー」などの高級ワインもしっかりラインナップされている。 料理は、ワインと共に楽しめるイタリアン&フレンチがベースだ。昼は、ビジネスマンやOLから、新宿にショッピングに来た客まで幅広く意識した、リーズナブルなランチセット4種があり、価格は1000円~2000円まで。どのコースも客が自由にメニューを組み合わせられるプリフィックスのスタイルに。夜はアラカルト・メニューで、「カプレーゼ」、「鴨肉のテリーヌ」などのスモールプレートは400円~600円。その他、「有機野菜のグリル・バルサミコソース」(1200円)などの前菜や、「モッツァレラとバジルのソレント風スパゲッティ」(1200円)などのパスタ&ピザメニュー他、しっかりとディナーを取りたい客には、「子羊背肉のグリル ミント風味のアグロ・ドルチェ」(1800円)、「本日の富士朝霧高原放牧豚」の料理(1600円)などがある。また、ワインには欠かせない各種チーズプレートが大変お得な価格で提供されているのも見逃せない。「パルミジャーノ・レッジャーノ」、「ミモレット」、「エポワス」、シェーブルタイプの「サンモール・ド・トゥレーヌ」など、グランメゾンで提供されるような状態のよいチーズが、5種盛り合わせ1800円で楽しめるのは、大変お値打ちだ。 新宿エリアでも、もっとも人が賑わう好立地にオープンした「MARUGO V」には、新宿の新たなランドマーク的な店として、この地に集う人々に愛され、支持される店となることを目指していってもらいたい。

(取材=袴 もな)

店舗データ

店名 MARUGO V (マルゴ・ファイブ)
住所 東京都新宿区新宿3-20-8 トップスハウス1F・2F
アクセス JR新宿駅東口より徒歩5分
電話 03-6457-4505
営業時間 12:00~24:00
定休日 無休
坪数客数 80坪・170席
客単価 昼1000~1500円、夜3000~4000円
運営会社 株式会社ワルツ
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.