飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

スペシャル企画 一覧

  • 飲食業関係者は全員反対を表明! 受動喫煙問題、生活衛生組合トップが集結

    ● 行政的なやり方に関係者らが苦言を呈す 「もっと大きな都市がいくらでもあるのに兵庫が2番目に参入する必要はない」「税金で作ったところは分煙でいい。民間には網をかぶせるな」など、各組合理事長から口々に条例化に反対する声が飛び交う。 8月4日(水)、兵庫県神戸市にある兵庫県旅館会館で開かれた兵庫県全料...
  • 当事者である飲食店は、蚊帳の外!? 受動喫煙問題、神奈川の悲劇が兵庫に飛び火

    ●神奈川、罰則期限に向けて迫られる厳しい決断 タバコの条例化にいち早く取り組み始めた神奈川。今年4月、受動喫煙防止条例が施行されると、それまでどこか他人事だった人々も含め、業界内は今、その対策に奔走している。株式会社エイト(横浜市・代表取締役近藤一美)によると、条例通りに店を改修した場合、1店舗にか...
  • スペシャル企画 兵庫県で受動喫煙の検討委員会発足。今年度中に次年度以降の方針固める見通し

    昨年、本連載にて取り組み事例を取り上げた東京・中央区の担当者は、「現状、中央区としては、飲食店等店舗に喫煙環境を示すステッカーを貼ってもらうことで受動喫煙防止に努める、という方針は変わっていません」と話す。 東京都の中でも、他区に先駆け、早い時期から分煙問題に取り組み始めた中央区では、平成18年より...
  • 意外な事実。30代女子の飲食店リピート率は高かった

    第2回議題:30代女性が支持する店とは!? 喫煙環境は、影響しているか!? 参加女子プロフィール ゆう(編集者、38才) 飲食関係の企画に携わる舌の肥えたエディター、ゆう。仕事では世界中の食を取材するも...
  • 意外な事実。30代女子の飲食店リピート率は高かった その2

    今回のまとめ 1. 30代女子はリピート率が高い上顧客 “トレンド好きで定着率が悪い”というのは、若い女性に限ってのこと。酸いも甘いも経験し、自分の考え方や意見、好みがハッキリしてきた30代の女子は、自分だけのお気に入りの店を持ち、頻繁に通う、飲...
  • 「分煙トータルソリューション」報告レポート in HCJ2010

    飲食店における分煙対策が注目を集めている。そのひとつとして、2月下旬、食とサービスに関するアジア最大級の展示会「HCJ2010」が東京ビッグサイトで開催され、数多くの飲食関係者らが来場した。分煙環境整備に関する企業7社(アットアロマ、コマニー、ダイキン工業、テスコ、トルネックス、日鉄鉱業、ミドリ安全...
  • 「分煙トータルソリューション」報告レポート in HCJ2010 その2

    ブース前に並べられたアンケート、「飲食店における喫煙者数の占める割合」「たばこを吸わない人にとっての不快な点」など、ユーザー視点の現状をしっかり把握したら、自分の店が果たしてどのような対策をとっていくべきかを考える。そこで参考になるのが、空気環境について最先端をゆく企業が提案する取り組みのトレンドだ...
  • 「分煙トータルソリューション」報告レポート in HCJ2010 その3

    設置場所は自在!店内のデッドスペースを有効活用(コマニー) パーティションのトップメーカー、コマニー。室内のあらゆるスペースを有効活用し、快適性の高い空間を生みだすプロである同社は、今回、自立型店舗ユニット「コムテンポ」と日鉄鉱業「プラズマダッシュスリム」(以下...
  • 飲食店「できる事からプロジェクト」第1弾 総括! その3

    環境表示【アンケートレポート】10月末からスタートした「できる事からプロジェクト第一弾」、飲食店内のたばこ環境を店頭に表示する活動は、12月21日をもって終了した。果たして、飲食店に訪れるお客達が本当に望んでいることとは?今回は、同プロジェクトの集計結果をまとめてレポートする。■アンケートによるお客...
  • 飲食店「できる事からプロジェクト」第1弾 Part2

    今回の協力店 ①もつ福 ②春夏秋豚 ③板前寿司 赤坂店 ④やさいや 赤坂店 ⑤ティーヌン赤坂店 総括 協力店① もつ福「ポジティヴデリ」「麻布とさか」など直営13店舗を運営する株式会社ポジティヴ・フード(東京都港区・代表取締役畑久美子氏)が、赤坂ほか全3...
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.