飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

スペシャル企画

名古屋で市内初のクラウドキッチン「Cloud Eats Kitchens 丸の内店」が開業。テナントを絶賛募集中!

飲食事業者向けの厨房設備や調理器具の販売を行うオーディーエー(愛知県名古屋市、代表取締役:小田盛治朗氏)は、2月23日に名古屋市中区で「Cloud Eats Kitchens(クラウドイーツ・キッチン)丸の内店」を開業する。今回の出店は、同社の厨房設備調達力を活かしたクラウドキッチン事業としての第1号店で、名古屋市内では初の厨房設備付独立型キッチンを複数備えたクラウドキッチンだ。新規事業者やフランチャイズ進出サポートなど、入居希望のテナントを募集中だ。


運営は厨房機器卸問屋の老舗。数多の飲食店開業サポートを経て、クラウドキッチン事業に進出

オーディーエーは、厨房機器の製造や設置、販売を専門とする卸問屋であり、その知見を活かしてECの運営代行、店舗開業支援といった事業も展開している。代表の小田氏は「多くの飲食店開業支援を通じて得た知見を活かし、『小さくても自分で商売を始めたい』という想いを持った人たちのチャンスを増やしたかった。そのために、チャレンジのハードルを下げるための『場』と『コミュニティー』を創出すべく、クラウドキッチン事業への参入を決意しました」と、語る。


名古屋市内のほぼ中心部に立地。近郊エリアを幅広くカバーする

従来の飲食店開業は、事業者自らが店舗物件を借りたり、購入したりして開始することが一般的で、場合によっては厨房設備や内装、外装も準備する必要がある。高額な初期投資の回収が難しく、物件の撤退もハードルが高く、開業に際してのリスクが大きかった。

一方、クラウドキッチン事業は物件を月単位で契約することができ、厨房設備も既設されているため、初期投資とリスクを抑えて開業することができる。それに加え、クラウドキッチン運営本部によるメニュー開発、集客といったバックアップ。また、コロナ禍によるデリバリーのニーズ増加にマッチしたビジネスモデルであることも追い風になり得る。まさに、飲食店経営初心者が自分の可能性を試すために適した環境であると言えるだろう。


広さの異なる独立型のプライベートキッチン。ユーザーは、自らの業態に合わせた部屋を選ぶ

店舗運営型のプライベートキッチンと、仕込み・開発用途のシェアキッチンを設置

今回、オーディーエーが出店したクラウドキッチンは全てのキッチンに冷凍冷蔵コールドテーブル、二槽シンク、作業台、手洗い器、吊戸棚、ガス瞬間湯沸かし器を設置。そのほか、キッチンによって冷蔵ショーケース、冷凍ストッカー、ガスフライヤーなどが設置されている。キッチン自体は8室で、6.46~11.23㎡の月額利用プライベートキッチン7室と、14.4㎡の時間貸しシェアキッチン1室の、計8室で構成。プライベートキッチンではデリバリー注文に対応する調理を、シェアキッチンでは飲食販売や屋台販売向けの下ごしらえ、メニュー開発やテストなどでの利用シーンをそれぞれ想定している。そのほか、運営本部が近郊地域にチラシを無料配布。店舗やブランドのロゴデザインの相談、商品撮影、メニュー開発にも随時見積りで対応をしているなど、バックアップ体制も充実している。


入居と同時に事業を始められるための環境が整っている

小田氏は今回のクラウドキッチン事業のスタートを足掛かりに飲食業での起業を志す事業者や、コロナ禍による閉店を余儀なくされた料理人の再起、フードフランチャイズの進出サポートなど、新たな飲食事業のネットワークを名古屋に根付かせ、活性化させる考えだ。これから飲食業界で独立を目指す人は、開業店舗スタイルの候補として検討してみるのはいかがだろう。

問い合わせはこちら

□CloudEatsKitchens
クラウドイーツ・キッチン 丸の内店
〒460-0002 名古屋市中区丸の内1丁目2-31 1F
TEL: 052-526-6055
https://cloudeats.jp/
https://cloudeats.jp/contact
MAP:https://goo.gl/maps/UBJoGyKu4AKvbdqB9

□運営会社
ODAinc. 有限会社 オーディーエー
〒451-0043 愛知県名古屋市西区新道2-7-11
TEL: 052-561-0221
FAX:052-561-0261
https://odainc.co.jp/

担当:西山・増田

スペシャル企画一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.