飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「JASMINE 和心漢菜」が「GINZA SIX」にオープン 中華料理と和のエッセンスを融合させた新境地で勝負

開放的なファサードでシェフが料理をしている様子に惹きつけられて来店する人も多い
銀座の街並みを眺めながら食事ができる席だけでなく、個室なども用意
和と中華をフュージョンさせた魅力を象徴的に味わえる「おすすめ一口前菜六種 和心漢菜の重箱盛り」(1800円)
キラーコンテンツの一つ「四川×SUKIYAKI」(3000円)は卓上で完成させる演出付き
JASMINEブランドを統括する山口祐介氏

4月20日に開業した、銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」には241ものブランドが集結しており、旗艦店や新業態も多い。6階と13階を中心に集まる飲食店も最先端のブランドが集結していて、料理や接客、空間演出などで、クオリティの高い店が目立つ。“日本文化”や“高級感”といった同施設でしか味わえない時間を求めて、現在、訪日外国人客から近隣のビジネスパーソンまで幅広い方々が足を運ぶ。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ますます注目度が高まるだろうGINZA SIXの中にコメール(東京都港区、代表取締役社長 西山慎也氏)が運営する「JASMINE 和心漢菜(ジャスミン ワシンカンサイ)」も入っている。同ブランドの展開は4店舗目となり、同店ではGINZA SIXという施設を生かした店作りを行っていく。

これまでもJASMINEでは、店のコンセプトを副題として掲げてきた。例えば、中目黒店は、中国江南地方の名菜や郷土料理などを提供するため「憶江南(イージャンナン)」とし、日本橋店では大衆的な中華のおいしさを追求するため「口福厨房(コウフクチュウボウ)」と名付けている。今回、副題として掲げたのは「和心漢菜」だ。JASMINEブランドを統括する山口祐介氏は、そこに込めた想いを次のように話す。「当店では、中華と和の融合を目指しています。ベースとなるのは、今までJASMINEが磨き上げてきた中国料理の技や考え方です。そこに日本の四季と美感、食材、そしておもてなしの心をかけ合わせて、一歩進化させた中華料理を提供していきたいと考えています。和心漢菜は私が作った造語で、そうした想いを込めました」。

そもそもJASMINEは、一号店目の広尾店と三号店目の中目黒店は、駅から少し離れた立地にあるため、来店の数日前に予約をした上で、わざわざ足を運ぶ客が少なくない。そのため特別な日に使用するニーズも高く、店側は“絶対に裏切れない”という緊張感を持って接客を行う。こうした積み重ねの結果、8000円前後の単価にも関わらずリピーターが絶えないなど、熱心なファンを多く持つ。今回はGINZA SIX内という立地のため、浮遊客がたくさんいる環境だが、磨き上げられたクオリティの高さが評価されて、口コミサイトでも軒並み高スコアを叩き出す。

同店では「JASMINE名物“よだれ鶏”総州古白鶏の蒸し鶏 特製香りラー油」(1780円)をはじめ、「おすすめ一口前菜六種 和心漢菜の重箱盛り」(1800円)や「和心漢菜 鯛めし」(1800円)、「鰻の黒炒飯」(2000円)、「四川×SUKIYAKI」(3000円)といったメニューが揃う。調理技術の高さはもちろん、和のエッセンスや食材の良さも追及しているので、これまでにない中華の魅力を感じられるようになっている。ドリンクでは、中華料理に合う日本酒とワインを用意して、新しいペアリングを提案していく。また、紹興酒も豊富なラインアップとなっており、「古越龍山」(グラス800円、デキャンタ2800円/陳年10年 グラス1400円、ボトル8000円/陳醸25年 ボトル48000円)や「塔牌」(福到甕出し900円、デキャンタ3200円/純酒10年 グラス2200円、ボトル8000円/麗美 グラス900円、ボトル3400円/陳年15年 ボトル12000円)、「石庫門」(石庫門5年 グラス1000円、ボトル4000円/石庫門8年 グラス1200円、ボトル4800円/石庫門12年 グラス1600円、ボトル6800円)など随時10種類は用意し、日本では珍しい銘柄も並ぶ。

同店でJASMINEは4店舗となるためか、ブランド創業時から働くベテランシェフは多い。そこに同店のオープンに併せて、現在、若手シェフが続々と入店してきている。両者を融合させれば、さらにインパクトの大きな展開も考えられるだろう。そうした背景を踏まえて、今後のビジョンを山口氏はこのように語る。「当店はGINZA SIX内にあるため、一生に一度の日本への旅行で当店を選ぶケースもあるでしょう。もしかしたら、当店のイメージがそのまま日本の印象として残ってしまうかもしれません。だからこそ、インバウンドを受け入れる責任を感じながら、クオリティの高い日本の中華料理を提供したいと考えています。お客さまの一生の記憶に残る店になれるように、しっかりとブランドを作り上げていきたいですね」。GINZA SIXという国内屈指の商業施設にオープンさせたことで、新しいステージに突入したJASMINE。今後、さらに盛り上がる中華料理のマーケットの中で、同店が特別な存在となっていくことは間違いない。

(取材=三輪 ダイスケ)

店舗データ

店名 JASMINE 和心漢菜(ジャスミン ワシンカンサイ)
住所 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
アクセス 東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」A3出口から徒歩2分
東京メトロ浅草線・日比谷線「東銀座駅」A1出口から徒歩3分
東京メトロ有楽町線 「銀座一丁目駅」9番出口から徒歩8分
東京メトロ日比谷線・千代田線、都営地下鉄三田線「日比谷駅」A2出口から徒歩9分
東京メトロ有楽町線、JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」銀座口出口から徒歩10分
電話 03-6264-5571
営業時間 ランチ 11:00~15:00、 ディナー 17:00~23:30
定休日 施設に準じる
坪数客数 73坪 87席
客単価 8000円
運営会社 株式会社コメール
オープン日 2017年4月20日
関連リンク コメール(HP)
関連ページ JASMINE 憶江南(取材記事)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.