飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

特集一覧

  • 160616_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    サッポロがサッポロであるために、勝ち続けなければならない 「ガード下の繁盛店」を奪還できたもう一つの要因として、酒販店営業マンの存在があった。 「竹内君、それなら一緒に頑張ろう!」 繁盛店に酒を納めている酒販店の営業マンは、竹内利英に言ってくれた。偶然にも竹内がオーナーに会えてからサッポロ樽生...
  • 160525_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    「わさび焼酎つんと」は残った 「何と言うことだろう…」 サッポロビール東京中央支店の営業マン、竹内利英は驚くしかなかった。 赴任してから、半年以上も通い続けていたガード下の繁盛店が、ある日を境にメニューを一新させたのだ。これは、樽ビールを供しているライバルビール会社の仕業なのは間違いなかった。...
  • 160517_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    自分で勝手につくってしまった“壁” 「それでは、本当に、ホントに宜しくお願いします…」 サッポロビールの営業マン、竹内利英は耐えきれずに言葉を発してしまう。 何しろ会話が1分以上も途絶えていたのだ。表通りを走る自動車の音など日常の喧噪だけが流れ、沈黙がその場を支配していた。 前任営業マンの思...
  • 160411_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    バイトと練習、麻雀に明け暮れた軟式野球部員の『されどわれらが日々』  青山学院時代に体育会軟式野球部に所属していた竹内利英は、“眠らない夜”を何度も過ごすほど多忙を極めていた。部活動、中学生への指導、飲食店でのバイト、そして勉強と身体がいくつあっても足りなかった。 軟式野球部は、硬式の東都大学リ...
  • 160404_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    新人でもベテランでも、フィールドに出れば同じ営業マン 「あんたも新入社員で来た早々に、左遷されたくはないだろう。俺にはそのくらいの力がある。ビビッていたなら、何の商売もできなくなる。俺の言う通りにするのが、利口というものだろ」 サッポロビールの新人営業マン、竹内利英は強烈なパンチを浴びたサンドバ...
  • 160125_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    提案力と人間関係構築の間隙を突いて 「社員さんの接客力を上げるのに、こんなコンサルタント会社があります」 アサヒビール市場開発本部外食営業第二部の示村隼は、提案をする。ターゲットの外食企業にである。その外食企業は40店舗近くを展開し、アサヒとライバルのビール会社とほぼ半々でビールを扱っていた。 ...
  • 151224_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    残りの半分をスーパードライで奪取せよ! 『個性の塊だ』 アサヒビール市場開発本部外食営業第二部の示村隼は、直感的に思う。2013年秋、市場開発本部に異動になった直後、示村は初めてその社長に会う。 1984年生まれの示村よりも、社長は7歳年上。30代の若さながら、40店舗近くを展開する外食企業を...
  • 151126_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    突然、超大手酒販店の担当に 「今度一緒にやることになりましたので、宜しくお願いします」 「示村、お前は勘違いしているようだ。俺のサブにつくのではなく、君は俺の後釜なんだ」 「エッ! そんな…」 アサヒビールの営業マン、示村隼は驚愕せざるを得なかった。入社後、中央支店に配属されて江東区を二年間...
  • 151025_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    「マイド」、「オオキニ」で京都を営業  初めての営業フィールドは、示村隼にとって新鮮であり、刺激に溢れていた。2008年4月に入社すると、工場研修などをしながら京都支店に仮配属される。 帰国子女ではあるものの、基本が東京出身であり大学も青山学院を卒業していた示村。たまたま飛び込みで訪問した酒販店...
  • 151002_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    バリバリ体育会気質の精鋭部隊 「大丈夫なのか」 「問題ありません。大丈夫です」 この日だけで、もう何度目だろう。同じ質問を、社内のあちこちから繰り返し受ける。 アサヒビール市場開発本部外食営業第二部主任の示村隼(しめむら・じゅん)は、平常心をもって「大丈夫です」と質問の度に、返答し続ける。 ...
  • 150625_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    財務省の悲願と営業現場と 「売りたいものをプレゼンしている、というのではなかったな。売り込みという感じがしなかった」 外食チェーンの幹部はキリンビールマーケティングの山本恭宏に向かい、山本の部下の安藤毅たちのプレゼンについての感想を話していた。安藤のほか、メルシャン、キリンディアジオの営業マンが...
  • 150625_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    女性営業マンが多い「キリン特殊部隊」  マーケティング部に異動した安藤毅は、第3のビール「のどごし生」のブランドマネージャーとなる。2013年秋、徳島から東京へと転勤した。のどごしはキリンの主力商品だ。 その1年後、社内外で特殊部隊との異名をもつ広域販売推進の第2支社営業1部に異動。業務用営業の...
  • 150715_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    「強すぎるキリン」の弊害を乗り越えて…  キリンビールの若手営業マン安藤毅は、テリトリーの徳島県西部で「飛び込み」を継続することで、仕事を覚えていった。日常の飛び込みにより、地域の飲食店や酒販店のなかに、「キリンの安藤さん」の名前は溶け込んでいく。 顔と名前を覚えてもらい、短時間でも会話を交わせ...
  • 150625_beer_feature_thum

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    「帰れ!」 「失礼しました…」 仕込をしていた焼き鳥店のオヤジさんに一括されると、安藤毅は笑顔を残して風のように立ち去る。 キリンビール徳島支店に配属された安藤は、フィールドに飛び出していた。割り当てられたテリトリーは、県の西部地域。吉野川市鴨島町、三好市の池田町や祖谷地区などである。 平家...
  • CIMG0844

    ビール業界に精通する経済ジャーナリスト・永井隆の書き下ろしシリーズ企画…

    「大切なのは、相手の会社を好きになることなんだ。好きになるとどうなるか」 「ハイ、…」 「相手を知ろうとするだろ。すると、その会社の多くの人たちと接点を設けていく。こうなると人間関係が築かれていき、社員になったつもりで営業をしていけるんだ」 「あの、噂で聞いたのですが、山本部長は営業先の人事異...
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.