飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

秋葉原駅前に女性をターゲットとした「chomp chomp AKIHABARA(チョムチョム秋葉原)」が4月24日オープン!飲食中心に16のテナントが出店


不動産「活性化」企業のアトリウム(東京都千代田区、代表取締役社長 橋剛毅氏)は4月24日、東京・秋葉原駅前に商業施設「chomp chomp AKIHABARA(チョムチョム秋葉原)」をオープンする。主に20代~30代の女性をターゲットとする。「アニメ」や「オタク文化」の街として国際的な観光地となっている秋葉原界隈において、女性の感性を満たす魅力的な商業施設を目指す、としている。出店テナントは飲食関連を中心に16店舗。ビルの入口には新しい時間の見方を提案するモニュメント「O-clock(オークロック)」を設置する。O-clockのデザインは、ロンドンを中心に活躍するデザイン集団「TOMATO」のクリエイティブディレクター長谷川踏太氏が制作。秋葉原の新しいシンボルとして、また、待ち合わせ場所としても定着していくことを目指す。また、外装には1,200個のLED(発光ダイオード)装置を設置し、夜になると1,600万色の光のイルミネーションがビルの外観を照らし出すという。施設の愛称となっている「chomp chomp(チョムチョム)」は、英語で「おいしいものを食べる音のイメージ」を表しています。このようなイメージから生まれたキャラクターが「チョムチョムモンスター」。女性アーティストの「ヨシヤス」氏が制作することで、「カワイイ」ものに敏感な女性に親近感を持ってもらい、「チョムチョム秋葉原」への「お出かけ」を促す。「ヨシヤス」氏は、「王様のブランチ」や「たべごろマンマ!」などの愛らしいイラストを数多く手がける女性アーティストで、ロンドンと東京を中心に活躍している。飲食テナントは次の通り。9階=四季の野菜とうま酒「四季野菜酒房 ばんげや」(サッポロライオン)、8階=バル「バルakiba」、和食とお酒「薩州田屋伝兵衛」(大台フードプロジェクト)、7階=寿司「がんこ」(がんこフードサービス)、6階=蕎麦・炙りひもの「吉今kikkon」、炭火焼「黄金の蔵(きんのくら)」(三光マーケティング)、5階=お好み焼き・鉄板焼き「鉄板二百℃」、手羽先・唐揚げ専門店「鳥良」(サムカワフードプランニング)、4階=もつ鍋・博多めし「もつ道」、鮮魚・豆富料理「かまくら」(リン・クルー)、3階=カジュアルダイニング「KICHIRI」(きちり)、2階=和洋創作ダイニング「和洋創菜 びすとろ家」(第一興商)、1階=音楽コミュニティカフェ「Play On」(TCB)、地下1階=ジャパニーズダイニングバー「玄」(新東洋興業)。アトリウムは、2007年11月にオープンした銀座7丁目の複合ビル「アソルティ銀座花椿St.」など、これまでにも地域の不動産に新しい価値を付与することで、街全体の活性化に貢献してきた。今回オープンする「チョムチョム秋葉原」は、「女性」という要素を新たに取り入れることで、秋葉原の活性化を目指したもの。現在、秋葉原は「つくばエクスプレス」の開通をはじめ、「世界に向けた家電・電気とポップカルチャーの発信地」として、急速な再開発と観光地化が進んでいる。4月17には、阪急電鉄が、つくばエクスプレス「秋葉原」駅に繋がる出入り口を含む用地に、駅施設と一体型のターミナルビル「AKIBA TOLIM(アキバ トリム)」をオープンする。「アキバ トリム」にもホテルはじめ、飲食店が多く出店する。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 チョムチョム(chomp chomp)秋葉原
住所 東京都千代田区神田佐久間町1-13
アクセス 秋葉原駅 徒歩1分
運営会社 株式会社アトリウム
関連リンク チョムチョム秋葉原
関連リンク アトリウム

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.