飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

「新橋」を含む一覧

  • 「青森ねぶたワールド新橋店」がオープン

    ワールド・ワン(神戸市中央区、代表取締役社長:河野圭一氏)は、12月27日、青森県との連携協定店舗「青森ねぶたワールド新橋店」をオープンする。同店は「青森ねぶたワールド」の2号店であり、同業態の東京初進出となる。入居するのは新橋に誕生した飲食ビルeatus新橋3階。青森県各地域の食材を使ったメニュー...
  • 飲食ビル「eatus新橋」がオープン、9テナントが入居

    1月25日、新橋に飲食ビル「eatus新橋(イータス新橋)」がグランドオープンする。“女性が心地よく食べる・飲める場所”をめざし、地下1階~8階の各フロアに合計9店舗の飲食店が入居する。新宿三丁目で人気のワインバル「MARUGO」や、渋谷や恵比寿で展開する「魚まみれ眞吉」なども出店。店舗は12月13...
  • ワールド・ワンが同業態6店舗目となる「土佐清水ワールド新橋店」をオープン

    ワールド・ワン(兵庫県神戸市、代表取締役社長:河野圭一氏)は、9月26日、「土佐清水ワールド新橋店」をオープンする。高知県土佐清水市連携協定店舗「土佐清水ワールド」の6店舗目で、野村不動産が展開する飲食ビルGEMS新橋に入居する。土佐清水市発祥とされるかつおの藁焼き塩たたき(950円~/税別)などの...
  • 9月25日、飲食特化型商業施設「GEMS新橋」が開業、入居テナント発表

    野村不動産(東京都新宿区、代表取締役:宮嶋誠一氏)は、9月25日、飲食特化型商業施設「GEMS 新橋」を開業する。「新橋に迷わず選べる場所を。」を施設コンセプトに、肉料理の人気店、地元食材を活かした居酒屋、女子会などにも使いやすいイタリアン店など、全9店舗の飲食店が集結。同僚、友人、会合など、新橋の...
  • 「分とく山」出身の安田氏が独立、ニュー新橋ビルに「酒肴晴(しゅこうばる)」オープン

    日本有数の企業の本社が点在し、誰もが知る飲食エリアでもある新橋。街のランドマークの一つが、「ニュー新橋ビル」。昼も夜も多くの人で賑わうが、特に地下1階フロアは昭和の雰囲気を色濃く残し、独特の風情が漂う飲食街となっている。歴史あるその一角に新風を吹き込むべく、日本酒バル「酒肴晴(しゅこうばる)」が4月...
  • 「野菜を食べるカレーcamp」の新業態、「野菜を食べるBBQカレーcamp」が新橋にオープン

    バックパッカーズ(東京都千代田区、代表:佐藤 卓氏)は、3月12日、新橋駅前のニュー新橋ビルに「野菜を食べるBBQカレーcamp」をオープンした。野菜カレー専門店「野菜を食べるカレーcamp」を展開する同社の新業態。「BBQグリル×クラフトカレー」という新コンセプトのカレー業態だ。厚切り肉を網焼きグ...
  • 老舗旅館が新橋6丁目にお茶をテーマにした「ホテル1899」を12月1日開業。1階にはお茶が主役のレストランもオープン

    開業から120年を迎える老舗旅館を営む株式会社龍名館(東京都千代田区、代表取締役社長:浜田敏男氏)は、約100年ぶりに用地を取得し、新橋6丁目に地上9階建ての「ホテル1899(イチハチキュウキュウ)東京」 を12月1日に開業した。同館は「お茶」をテーマに、日本らしさを打ち出した宿泊特化型のホテル。用...
  • 路地裏の悪立地ながら高コスパ商品と密度の高い接客でファンを獲得。「魚と酒 はなたれ 新橋店」の営業戦略とは?

    2003年に横浜で産声を上げた「魚と酒 はなたれ」。創業以降、横浜や都内で店舗を展開し、人気を博している居酒屋だ。経営はファーストドロップ(神奈川県横浜市、代表取締役:平尾謙太郎氏)。その「魚と酒 はなたれ」のフランチャイズ店として今年2月に東京・新橋に「魚と酒 はなたれ 新橋店」が開業した。オーナ...
  • 新橋価格で利用ニーズを満たす肉炉端「TOKYO BAT」 仙台スタイルスグループが挑む 

    8月24日、東京・新橋の都市型中規模コンパクト商業施設「HULIC &New SHINBASHI」の地下1階に、都内と仙台で18店舗を展開するスタイルスグループ(宮城県仙台市、代表取締役:佐々木浩史氏)の肉炉端「TOKYO BAT(トーキョー バット)」がオープンする。これまで宮城県の漁港で獲れる鮮...
  • 「HULIC & New SHINBASHI」が渋谷に続き今月オープン

    ヒューリック(東京都中央区、代表取締役社長:吉留 学氏)は、都市型中規模の自社開発商業施設「HULIC & New SHIBUYA」に続き、第二号案件として「HULIC & New SHINBASHI」を8月にオープンする。新橋仲通り近くに立地し、赤レンガ通り周辺の賑わいと日比谷通り周辺の落ち着きが...
  • 「自分が食べたいものを出すだけ」――「おにやんま」大下義弘社長インタビュー

    上京後、ショックを受けた「うどんロス」 ――正直、インタビューを受けてくださると聞いてびっくりしました。 大下 義弘氏(以下、大下):自分たちはあまり前に出ないようにしてるんです。店舗の取材は常連さんの紹介などで受けていますが、経営的なことについては基本的に断っています。僕ら気楽にやっているんで...
123...最後
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.