飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

新橋のカオスな老舗飲食街で早くも人気の新店「おけい屋」。「居酒屋だけど日本ワインやパスタが旨い!」とエッジが冴えるセルフプロモーションで存在感を際立てる

新橋東口の駅前で約50年近く存在し続ける新橋駅前ビルの地下飲食街に、6月14日、ネオ酒場「おけい屋」が加わった。イタリアン発想の和惣菜と和酒が楽しめる独創的で新しいスタイルの酒場として早くも人気となっている。黒板に「居酒屋だけど日本ワインやパスタが旨い!イタリアンシェフとソムリエが始めた店」と手書きし端的に店をアピールする。エッジの効いたキャッチフレーズを仕掛けるのは元広告マンだったokéy(東京都港区)代表取締役の片寄雄啓氏だ。同社は新橋エリアで「TRATORIA okéi」、「pizzeria terzo okéi」、「viva! okéi」とイタリアン業態3店鋪を運営する。起業から14年を迎えるなかで「イタリアン業態を専門に経営してきたがいつか居酒屋にトライしたかった」と片寄氏。そして「居酒屋にパスタがあってもいいじゃないか」と培ってきたイタリアンをベースにした同社らしい酒場となる「おけい屋」を立ち上げた。

通路の目の前にはすぐカウンターが迎える全面オープンの店。エッジの効いたフレーズが際立つセンスの良い紺と白のノレンと黒板に思わず立ち止まる
通路の目の前にはすぐカウンターが迎える全面オープンの店。エッジの効いたフレーズが際立つセンスの良い紺と白のノレンと黒板に思わず立ち止まる
シェフ自信の豚肉リエットのパスタ。居酒屋で味わう本格パスタは格別
一番人気の空芯菜×ウニのbutter醤油
もっと身近で気軽に味わって欲しいと片寄氏が揃える日本ワイン。好みのタイプや料理に合わせたタイプを提案してくれる
左:自ら現場で接客する代表の片寄雄啓氏。右:イタリアンシェフの松山陽介氏も時にはカウンターの外でサーブする

片寄氏の出店条件は駅から近くでいてあえて分かりづらい場所

「おけい屋」と一文字づつ入れた紺と白のノレンが下がるファサードが存在感を放つ。計7カットののれんの残り3カットにはそれぞれ「想いがぎっしり ナチュラルワイン 心は日本ワイン やっぱり!ビール 魅惑レモンサワー 気分はハイボール」。「縦横無尽で楽しい 旨い肴が好きです」。そして「居心地よい 音と染みる酒に 酔う行きつけの肴屋」との文言を染め抜いている。簡潔にわかり易く店をアピールするフレーズはコマーシャルのコピーを彷彿とさせる。広告会社で営業マンとしてコマーシャル製作に関わっていた片寄氏の感性が垣間見える。

そんな片寄氏が飲食業界で起業したきっかけは広告マン時代に他の広告会社からのヘッドハンティングを受けたことだ。高い評価と好条件が提示され、移籍話しも具体化するなかで改めて将来を見つめ直したという。そして選んだのが飲食業界への道。学生時代に飲食店でアルバイトを重ねるなかで密かに想い描いていた飲食店開業を実現するためだった。

先ずはとピッツア職人の研修をスタートし、イタリアンでスキルアップを重ねた。2005年に1号店「pizzeria bar okéi」を新橋1丁目の路地に建つビル2階に開業。現在は業態変更し「TRATORIA okéi」として運営している場所だ。その後もイタリアン業態を2店鋪展開する片寄氏だが、出店条件は「駅から近くでいてあえて分かりづらい場所」と決めている。探して来てみて発見を喜ぶような路地や空中階の立地だ。「来る人を喜ばせ通ってくれるような楽しい店創り」をモットーにしているという。

自然のお酒の美味しさをさり気なく提案するのはソムリエでもある片寄氏

フードはイタリアンシェフとして同社で腕をふるってき松山陽介氏が遊び心を加えながらも酒場メニューに挑戦する。自慢の一品は「トリッパのトマト×八丁味噌」(780円)。「居酒屋にパスタがあってもいいじゃないか」と開業の決め手となったパスタは「辛い!アラビアータ」などの3種類(1300円)を用意する。麺は浅草の製麺所浅草開化楼の低加水パスタフレスカトンナレッリを使用。「イタリア産生ハム」(500円)、「燻製卵といぶりがっこポテトサラダ」(530円)、「チューリップチキンの唐揚げ4本」(600円)などを揃えている。

ドリンクは常時50種類以上も揃える「日本ワイン」(グラス650円〜ボトル3300円〜)に自然酒造りで知られる寺田本家の「日本酒」(80ml 590円)。奄美黒糖焼酎をベースに無農薬レモン仕様の「ダントツ一番人気!魅惑のレモンサワー」(650円 大750円)。自然派のお酒の美味しさをさり気なく提案するのはソムリエでもある片寄氏だ。そして二人の息のあった接客が酒の場を盛り上げる。

小箱飲食店が軒を連ねる地下飲食街という未知の物件で初の酒場業態にトライ

小料理屋や立呑みなど約50店鋪前後の小箱飲食店が軒を連ねる地下飲食街という未知の物件で初の酒場業態へのトライをした片寄氏。実は創業の1号店、2号店が入居するビルの取り壊しに伴い2019年の12月末に共に閉店となるために新店物件を探していたのだ。そんな折に出会った飲食街に潜む路地の角地の居抜きの元居酒屋環境の物件。学生時代から片寄氏が想い描いていた飲み屋として立ち上げることを決めた。オープン後に空いた向かいの元スナックの場所も「離れ」として取得した約5、2坪で営業する「おけい屋」。ミニマムな空間のなかで出来ること、遊べる事に挑戦しながらも“普通であること”を肝にこのビルの中で必要とされる店、楽しい店にしていく事が当面の目標にする。さらにスタッフが新しい事にチャレンジ出来るいい会社創りに力を入れていくことも課題だ。すでに5年前より独立支援、月7日の休みに賞与などに加え海外研修といった働く環境の充実化に取り組んでいる片寄氏はより健全で質の高い同社創りを目指す。

(取材=にしやま とみ子)

店舗データ

店名 おけい屋
住所 東京都港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館B119-5/6
アクセス 新橋駅から徒歩1分
電話 03-6280-6443
営業時間 【月〜金】17:00〜23:45【土】15:00〜22:00
定休日 日祝
坪数客数 4坪+離れ1,2坪/16席(うちカウンター12席)+離れ9席
客単価 3300円
運営会社 株式会社okéy
オープン日 2019年6月14日
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.