飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ニュースフラッシュ一覧

  • 6月21日、“ホテルのような”ライフスタイル複合施設「HOTEL EMANON(ホテル エマノン)」が渋谷にオープン!


    6月21日、「HOTEL EMANON(ホテル エマノン)」が渋谷・南平台にオープンした。運営は、港区・日の出の「TABLOID(タブロイド)」などを手がけるソウルプラネット(東京都港区、代表:佐藤伸一氏)。コンセプトは「全ての来客に愛される、いつまでも居たくなる、毎日訪れたくなる」、ライフスタイルの拠点「LIFE STYLE HUB BASE」。1階の「DAILY RESTAURANT(デイリーレストラン)」と「COFFEE BAR(コーヒーバー)」では、「EAT LOCAL」をコンセプトに、三浦半島で採れたフレッシュ野菜を使ったイタリアンベースのメニューを提供。そのほか、生活を豊かにする家具や雑貨を取り揃えたセレクトショップを複合的に展開する。

  • 6月26日、国産カルビ専門焼肉店「いきなり!カルビ」向島・東京スカイツリー前にオープン


    6月26日、ペッパーフードサービス(東京都墨田区、代表:一瀬邦夫氏)は、国産カルビ焼肉専門店「いきなり!カルビ」を向島(東京スカイツリー前)にオープンする。「いきなり!ステーキ」の成功を受けた同社焼肉店の業態変更となる。カルビは全種類国産のみ使用。毎日、丁寧に手切りで「いきなり!ステー キ」同様、美味しい肉を圧倒的な価格パフォーマンスで実現している。今後は、立ち食い業態での「いきなり!カルビ」出店も視野に入れる。(詳細はこちら pdf 310KB)

  • 6月19日、スティックピザ専門店 「EU 食堂(イーユーショクドウ)」が六本木にオープン!


    6月19日、モリタフーズプランニングは、スティックピザ&カフェバー 「EU 食堂(イーユーショクドウ)」を六本木にオープンする。提供される「スティックピザ」とは、イタリアでワンハンドフードとして親しまれている「カルツォーネ」を、東京でも気軽に楽しんで欲しいと独自の形で進化させたもの。具材と一緒に餅を入れることで、もっちりとした食感を実現。具材にはトマト系やクリーム系、ドルチェ系など15種類以上のバリエーションを取り揃え、価格は1本160円から。同店のコンセプトは、「ユーロの人々のようにカジュアルに普段使いしていただけるようなネオ食堂」。1階と地下1階の2つのフロアーからなる店内はゆっくり食事を楽しめるテーブル席やベンチ席、カジュアルに食べれるカウンター席やテラス席などを用意し、昼間はテイクアウトなどのカジュアルスタイル、夜は本格イタリアンバールという様々なシーンに対応する。

  • 6月16日、NYの有名カップケーキ「マグノリアベーカリー」が表参道に日本1号店をオープン!


    6月16日、カップケーキブームの火付け役で、世界中に熱狂的なファンを持つ「マグノリアベーカリー(Magnolia Bakery)」が、表参道のGYREの地下1階に日本1号店をオープンする。同店は、ニューヨーク・ウエストビレッジ発のクラシック・アメリカン・ベーカリー。本国で生まれたレシピを忠実に再現し、日本で調達した材料でカップケーキケーキからブラウニーやバー菓子、バナナプティングまで約150種類を提供する。日本法人は、スイートスター(東京都港区、 代表:日俊光氏)が担当、責任者は同社菊地原悠取締役。

  • 7月10日に鳥貴族がジャスダックへ新規上場


    7月10日、280円均一の焼鳥屋「鳥貴族」の飲食店舗運営およびフランチャイズ展開を行なっている、鳥貴族(大阪市浪速区、代表:大倉忠司氏)がジャスダック市場へ新規上場する。上場に際し30万株の公募と16万株の売り出し、上限6万9000株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。主幹事は大和証券。公開価格決定日は7月1日。

  • 「虎ノ門ヒルズ」、6月11日開業!


    森ビル(東京都港区、代表:辻慎吾氏)が建設する、地上52階建て高さ247mの超高層複合タワー「虎ノ門ヒルズ」が 6月11日に開業する。1階から4階には「コミュニケーション ハブ」をコンセプトに、飲食・サービスなど24店舗がオープン。1階には、コントレイユが運営する、日本初のビストロ×カフェ×エピスリー(食物販)が融合した食の複合ショップ「Pirouette(ピルエット)」が8月下旬オ ープン予定。商業施設初出店となるのは、ディプロマットダイニングのドイツビアパブ「Toranomon HOP(虎ノ門 ポップ)」、プランBの五反田で人気を集めたスペインバルの2号店「スペインバル ジローナ」など。牛心(大阪市淀川区、代表:伊藤勝也氏)の熟成肉専門「但馬屋」が関東初進出する。(テナント一覧 pdf 2867KB)

  • 6月4日、マークフィールドのFC「Scotch Bank cafe & dining(スコッチバンク カフェダイニング)」が銀座から渋谷に移転オープン!DJ TARO氏&遠近由美子氏プロデュース


    6月4日、マークフィールド(東京都千代田区、代表:市原克俊氏)が運営する「Scotch Bank(スコッチバンク)」のFCとして、J-WAVEでのナビゲーターをはじめ様々な分野で活躍しているDJ TARO氏とDJでティーコンシェルジュの遠近由美子氏が「Scotch Bank cafe & dining(スコッチバンク カフェダイニング)」を渋谷にオープンした。コンセプトは、イタリアンをベースに四季折々の旬の素材やフレンチのスタイルを取り入れたボーダレスなハイブリットキュイジーヌ。DJ TARO氏のふわふわのマスカルポーネパンケーキと遠近由美子氏が監修するオリジナルブレンドのハーブティー。ランチはカフェスタイルで、ディナーには手軽なワインと共に楽しめる熟成Tボーンステーキなどを提供する。

  • 5月31日、都内初の“サードウェーブコーヒー”のセレクトショップ「ABOUT LIFE COFFEE BREWERS(アバウトライフ・コーヒーブリューアーズ)」が渋谷にオープン!


    5月31日、複数の人気ロースターの味が楽しめる都内初となる“サードウェーブコーヒー”のセレクトショップ「ABOUT LIFE COFFEE BREWERS(アバウトライフ・コーヒーブリューアーズ)」が渋谷にオープンした。同店は、奥沢・自由が丘エリアにあるコーヒースタンド「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)」の新店舗。「”ていねい”な一杯で、暮らしに豊かさを」をコンセプトに、スタンド形式で産地から精製方法、焙煎、淹れ方までこだわり抜いたスペシャルティコーヒーを提供する。今回は東京でも初の試みとして、複数の人気ロースターの味を楽しむことができる。参加ロースターは、武蔵小山の「AMAMERIA ESPRESSO(アマメリア エスプレッソ)」、目黒の「SWITCH COFFEE TOKYO(スイッチコーヒートウキョー)」、自由が丘の「ONIBUS COFFEE」。様々なカルチャーの発信地・渋谷からコーヒーのある新しいライフスタイルを提供するコーヒースタンドを目指す。

  • 4月25日、アクタスがライフスタイルストア「SLOW HOUSE(スローハウス)」の旗艦店を天王洲にオープン!ジビエやキャビアのレストラン「SOHOLM(スーホルム)」を併設


    インテリアショップのアクタス(東京都新宿区,、代表:休山昭氏)が、ライフスタイルストア「SLOW HOUSE(スローハウス)」の旗艦店を天王洲に4月25日オープンした。同社がプロデュースしたレストラン「SOHOLM(スーホルム)」を併設する。鹿肉やしし肉をはじめとするジビエ料理、丁寧に熟成されたシャルキュトリー(伝統的な保存食)など季節折々で多彩な食材を取り寄せて提供する。売り場面積760平方メートル、地上1階と2階の2フロア構成で関東唯一のフラッグシップショップとなる同店。「本質的な暮らし方」を追求し、セレクトした家具や雑貨に加えレストランを併設することにより、暮らしを彩る様々な時と場を提供する。

  • 5月29日、楽天史上初、楽天のサービスをリアルで体験できる「楽天カフェ」を渋谷にオープン!


    5月29日、楽天(東京都品川区、代表:三木谷浩史氏)は、渋谷の公園通りに佐藤可士和氏デザインのリアルショップ「楽天カフェ」をオープンした。カフェメニューのほか、楽天市場で人気のお取り寄せスイーツや、ワイン、地ビールなどを提供する。コーヒー類と紅茶は、楽天カードで支払うと半額になるほか、楽天スーパーポイントもたまる。店内では日本最高速レベルの無料Wi-Fi環境を実現し、全席にコンセントを完備するとともに、主要なモバイルデバイスの充電器を貸し出す。Androidタブレット「Kobo Arc 7HD」を置いてある席もあり、電子雑誌を閲覧可能。コンシェルジェも在駐しており、楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天生命などのファイナンスサービスをはじめとする楽天グループの各種サービスの質問に答える。(詳細はこちら)

  • SAKURAvillageプロジェクト、東京・中目黒でピッツァブームを築いた柿沼氏と東京レストランツファクトリーが業務提携し、NYに「聖林館」を出店!


    東京レストランツファクトリー(東京都目黒区、代表:渡邉仁氏)は、SAKURAvillageプロジェクトの一環である“ジャパンクオリティ”を体感できる飲食店の出店ブランドとして、ナポリピッツァブームの先駆者であり、「聖林館」「ピッツァマン」を経営するピッツァイオーロ(ピッツァ職人)の重鎮・柿沼進氏と包括的業務提携を締結した。かつて東京・中目黒でピッツァ・ムーブメントを築き上げた柿沼氏の全面協力の下、まずはアメリカ・ニューヨークに日本生まれのナポリピッツァ専門店「聖林館」を出店させる。その後も国内外にピッツェリア業態を拡大するとともに、高級和食や日本発祥のジャパンフード専門店を展開していく。

  • 4月26日、ガーデンレストラン松濤園(しょうとうえん)「櫻(さくら)」がオープン

    4月26日、サントリーグループのダイナック(東京都新宿区、代表:若杉和正氏)は、日蓮宗大本山 池上本門寺の敷地内にある「朗峰(ろうほう)会舘」1Fの飲食施設運営業務を受託し、140坪のガーデンレストラン松濤園(しょうとうえん)「櫻(さくら)」をオープンした。メニューコンセプトは「NEO SHOJIN STYLE」。精進料理を代表する食材の豆腐、湯葉、生麩、野菜を柱にしつつ、食事の楽しさや華やかさ、満足感を表現する現代風の新しい精進料理を提供する。ここ数年、受託ビジネス拡大を事業の大きな柱として進めてきた同社において、寺院施設との提携は今回が初となる。(詳細はこちら PDF 927KB)

  • 5月21日、「OOTEMORI(オーテモリ)」第2期グランドオープン!

    5月21日、東京建物(東京都中央区、代表:佐久間一氏)は、昨年10月2日、大手町にオープンした商業施設「OOTEMORI(オーテモリ)」に、新規5店舗を加え、第2期グランドオープンした。飲食テナントには、コンセプション(仙台市青葉区、代表:萱場俊克氏)が運営する、東欧のニュアンスを取り入れた本に囲まれた店内が特徴のコンセプトカフェ「TAMEALS(タミルズ)」。同施設は、第1期にオープンした飲食店・食物販店、美容サービス店など25店舗と合わせ計30店舗となった。(詳細はコチラ PDF 459KB)

  • 5月9日、イーデザイン佐藤充氏の新店「マジカメンテ ビバッコ(Magicamente Bivacco)」が軽井沢にオープン!


    5月9日、イーデザイン(東京都渋谷区、代表:佐藤充氏)の新店「マジカメンテ ビバッコ(Magicamente Bivacco)」が、恵比寿の「アンティカ オステリア マジカメンテ(Antica Osteria della Magicamente)」の姉妹店として軽井沢にオープンした。旧軽井沢の木立に囲まれた一軒家で、信州の地の素材を使い、小麦から作る手打ちパスタ、生産者から仕入れる岩魚や信州サーモン、信州牛、地鶏など、この土地ならではのイタリアンを長野県産ワインとともに提供。佐藤シェフの創造性豊かな料理、素材から繋がるストーリー、軽井沢の爽やかな風を感じながら信州の恵みを気軽に楽しませる。(店舗詳細)

  • ワンダーテーブルのバルバッコア監修「ポテトチップス グルメセレクト シュラスコ味」が湖池屋から5月26日新発売!


    フレンテの事業会社・湖池屋(東京都板橋区、代表:田子忠氏)は、おいしい料理をイメージしたポテトチップスを楽しめる「ポテトチップス グルメセレクト シュラスコ味」を5月26日より全国コンビニエンスストアにて発売する。近年、経済発展と各種のイベントを控え、盛り上がりを見せる“ブラジル”に着目し、日本においても人気急上昇中の“シュラスコ”をテーマにした新製品を、本格的なシュラスコを味わえると評判の専門店「バルバッコア」(運営:ワンダーテーブル、代表:秋元巳智雄氏)監修のもと開発。肉の味わいをベースに、南米料理でよく使用される数種類のスパイスの味わいを加え、日本にはない、新しい肉のおいしさを引き出している。(詳細はこちら)

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.