飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ニュースフラッシュ一覧

  • 4月19日、新商業施設「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」オープン!


    4月19日、三井不動産(東京都中央区、代表:菰田正信氏)は、新商業施設「三井ショッピングパーク ららテラス 武蔵小杉」を武蔵小杉駅直結にオープンした。生鮮食品から惣菜、スイーツまで人気店をそろえた食ゾーン「小杉マルシェ」には、フォルトゥーナ(東京都港区、代表:中道澄人氏)の「バールデルソーレ」をはじめ、衣食住、暮らしをサポートする全72店舗が出店。同施設は東急東横線・目黒線の武蔵小杉駅直結という好立地のもと、同エリアの新たなランドマークを目指す。(出店一覧)

  • 4月20日、LAの老舗プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ東京」が恵比寿ガーデンプレイスにリニュアールオープン!


    4月20日、ワンダーテーブル(東京都新宿区、代表:秋元巳智雄氏)は、東京・赤坂に国内1号店として2001年オープンした、プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ東京」を恵比寿ガーデンプレイス地下1階にリニューアルオープンする。(赤坂ツインタワー東館の建て替えに伴い、3月28日に一旦閉店)。新店では、従来の骨付きアメリカンビーフを使用したプライムリブに加え、本格的なステーキや鮮度にこだわったシーフードの前菜など、新たな料理も充実させる。店内は従来のクラシカルなアールデコ調から、煉瓦や古木を使用したスマートカジュアルな雰囲気に大きく変わる。(詳細はこちら pdf 618KB)

  • ワールドビアカップ2014、日本のビールは3カテゴリーでの受賞。<金賞>「アサヒスーパー・ドライ」、<銀賞>「コエド伽羅」、<銀賞>「富士櫻高原ヴァイツェン」


    4月7日~9日、アメリカのデンバーで行われた「ワールドビアカップ2014」の受賞結果が4月11日に発表され、日本のビールは3カテゴリーで受賞。<金賞>インターナショナルスタイル・ラガー部門「アサヒスーパー・ドライ」、<銀賞>アメリカンスタイル・アンバーラガー部門「コエド伽羅」、<銀賞>サウスジャーマンスタイル・ヘフェヴァイツェン部門「富士櫻高原ヴァイツェン」。ワールドビアカップは1996年から2年に1回開催。今回は過去最高の58カ国、1403醸造所が出品、 日本からも23社が参加、94部門でメダルが争われた。

  • 赤坂アークヒルズサウスタワー2階に「RUBY JACK’S Steakhouse & Bar(ルビー ジャックス ステーキハウス&バー)」が4月8日オープン!


    4月8日、表参道の「TWO ROOMS Grill|Bar(トゥルームス グリル|バー)」など人気レストランを手掛けるECN ホールディングス(東京都港区、代表:ネイスン スミス氏)が赤坂アークヒルズサウスタワーの2階にステーキハウス「RUBY JACK’S Steakhouse & Bar(ルビー ジャックス ステーキハウス&バー)」をオープンした。ステーキハウスの本場シカゴやニューヨークなどで誕生した正統派ステーキハウスの料理に、現代のエッセンスを取り入れたスタイルが特徴。オーストラリア出身のシェフディレクターが一貫してこだわるのは、フレッシュな食材の持ち味を生かしたシンプルな料理方法。ドライエイジングビーフや和牛、仔牛、鶏肉、ラムラックなどの肉類は、あらゆる部位をベストな食べ方で楽しむことができる。

  • 4月8日、ワンダーテーブルが老舗タイ料理レストラン「エラワン」 を新宿東口にグランドオープン!


    4月8日、創業23年の歴史を誇る老舗タイ料理レストラン「エラワン」のブランドライセンスを取得したワンダーテーブル(東京都新宿区、代表:秋元巳智雄氏)は、新宿東口のビックロ裏に、同社運営1号店「エラワン 新宿東口店」をオープンした。タイ風しゃぶしゃぶ 「タイしゃぶ」をメインに、手作りの魚介のすり身や千葉県産のかぶらぎ豚、契約農家から直接仕入れた新鮮野菜などを、12種類のスパイスを使った特製ソースで提供する。(詳細はこちら pdf 189KB)

  • 4月5日、ベイクルーズがパリで一番人気のカフェ「COUTUME(クチューム)」日本1号店を南青山・骨董通りにオープン!


    4月5日、パリで話題のカフェ「COUTUME(クチューム)」の日本1号店が南青山の骨董通りにオープンした。経営は、飲食事業で「J.S. BURGERS CAFE(J.S. バーガーズ カフェ)」などを展開するベイクルーズ。同店は、成熟したカフェ文化を持つフランス・パリにて、「いま一番おいしいコーヒーが飲めるカフェ」と評される、一番人気のカフェ。創業者のトム氏とアントワン氏は、第三のコーヒーブームの先駆者とも言われている。土作りにこだわる農園と直接取引し厳選した「シングルオリジナルコーヒー」を独自のプロファイリングに基づいて焙煎・抽出する本格コーヒーは、フルーティーな味わいが特徴。FILTER COFFEE「スチームパンク」をはじめ、ESPRESSO BASEは、「ラテ」や「コルタード」。フードは2012年にパリから上陸オープンした「GONTRAN CHERRIER TOKYO(ゴントラン シェリエ トーキョー)」のパンを使ったサンドウィッチやサラダなどを提供。

  • 4月2日、APカンパニーが塚田農場の新業態「鴨そば 塚田農場」が 西新橋にオープン!


    4月2日、エー・ピーカンパニー(東京都港区、代表:米山久氏)が、塚田農場の新業態「鴨そば 塚田農場 西新橋店」をオープンした。 国産在来種の最高級蕎麦を生産者直結でリーズナブルに提供する。メニューは、本枯本節2年物の厚削りでとった出汁と醤油、砂糖、みりんだけで作る江戸前の硬派なつゆの「かもそば」「かもせいろ」(各890円)のほかに「生桜海老のかきあげ」(200円)や「えびてんむす」(200円)など。

  • シドニー発“世界一の朝食”を提供するカジュアルダイニング「bills」が、初のアメリカ進出。ハワイのワイキキビーチウォ—クに3月30日オープン


    サニーサイドアップグループ(東京都渋谷区、代表:次原悦子氏)が展開する人気のカジュアルダイニング「bills」のグローバル展開第1店舗目となる「Bills Waikiki(ビルズ・ワイキキ)」が、3月30日 (ハワイ現地時間:3月29日)にオープンした。これを記念して、4月1日から4月30日までの期間限定で、「bills」の日本国内4店舗(表参道、七里ヶ浜、横浜、お台場)では、「bills」in Waikiki限定メニューが食べられる「ALOHA from Hawaii」が開催される。(詳細はこちら pdf 5.44MB)

  • 280円均一(税抜)焼鳥屋 鳥貴族 (全国350店舗) 食材の国産比率を高める「国産国消への挑戦」を2014年4月よりスタート!


    2014年4月より、鳥貴族(大阪市浪速区、代表取締役:大倉忠司氏)は、今後、より一層の安心・安全性で美味しい食材をお客様へ提供すること、日本の飲食企業として農業、畜産業など食に関わる国内の第一次産業への貢献を目指し「国産国消への挑戦」を開始する。順次、メニューを見直し、国産比率100%を目指す。現在、同社で提供している鶏肉は100%国産を使用する一方、その他の食材の一部は海外産も使用している。(84食材のうち、12食材が海外産)。国産比率100%となる時期については、2014年10月以降に発表。(詳細はこちら)

  • 4月2日、カジュアルワインで韓国料理を楽しむ「Golden Kitchen」(ゴールデンキッチン)が八王子にオープン!


    4月2日、ダイニングエッジインターナショナル(東京都台東区、代表:升本甲一氏)は、韓国料理とイタリアンが融合した新業態「Golden Kitchen」(ゴールデンキッチン)を八王子にオープンする。メニューは、チヂミとマルゲリータを組み合わせた「チチゲリータ(650円)」や「カルボナーラ」にコチュジャンを加えたホットな味わいの「コリボナーラ(800円)」など新感覚のオリジナル料理が楽しめる。アルコールはピンクにイエロー、パープル、グリーンなど、春の花々を連想する10種類のスパークリングワインのほか、カシスやピーチをベースにしたカクテル20種など、ノンアルコールドリンクも含め100 種類以上を用意。(詳細はこちら pdf 1002KB)

  • 3月19日、ダイニングキッチンが運営する4店舗で「Facebook Wi-Fi」を正式導入


    3月19日、都内にプレミアムテキーラ専門店「AGUA」、燻製レストラン「スモークキッチン」、スパニッシュイタリアン「シンプルキッチン」2店舗の計4店舗を展開するダイニングキッチン(東京都港区、代表:濱田優貴氏)はチェックインを行なうことで無料で無線LANが使えるようになる「Facebook Wi-Fi」を正式導入した。国外では昨年末より開始されて、すでに2,000箇所を超え導入されている「Facebook Wi-Fi」。Facebookのアカウントを持っていない場合には、別途キーコードを配布し、チェックインを行なわずに利用することも可能となっている。今後は利用状況を見ながらプロモーションツールとして導入できるかなど検討していく。

  • 2月12日、タワレコ初のバー&グリル・スタイルのカジュアル・ダイニング「TOWER DINING」(タワーダイニング)が恵比寿西口にオープン!


    2月12日、タワーレコード(東京都渋谷区、代表:嶺脇育夫氏)は初のバー&グリル・スタイルのカジュアル・ダイニング「TOWER DINING」(タワーダイニング)を恵比寿西口にオープンした。アメリカ西海岸を想定した内装で、1階は大型のバーカウンターとビッグテーブルが並び、2階はオープンキッチンでカジュアルな装いのダイニングスペース。メニューは一押しの「TDバッファローチキンウィング」のほか、300円からリーズナブルでボリュームもある約60種のミックスカルチャーな料理と、日本のクラフトビールの草分け”サンクトガーレン”とタワーのコラボによるオリジナルネームのコラボクラフトビール「BEAT」(850円)やカリフォルニアワイン、カクテルなど。タワーレコードスタッフが選んだ良質な音楽を聴きながら、心地よい時間が過ごせる。

  • 3月18日、カフェカンパニーの新業態「MOJA」が渋谷にオープン!ギフトショップやビアホールも併設


    3月18日、カフェカンパニー(東京都渋谷区、代表:楠本修二郎氏)はハウスメイドダイナー・ギフトショップ・フレンチビアホールの3店舗で構成する「MOJA」を渋谷にオープンした。同店は、カフェ「RESPEKT」と食の本屋「COOKCOOP」、バー「SECO」で構成する「SUS」のリニューアル店舗となる。2階の「ハウスメイドダイナー MOJA in the HOUSE(モジャ イン ザ ハウス)」では、アメリカで人気のフライドチキンの新スタイル"ワッフルチキン"をメインに提供。1階のギフトショップ「MOJA TRADING(モジャ トレーディング)」では、アメリカ・カリフォルニア州など海外から集めたヴィンテージ雑貨を中心に揃える。地下1階には、フレンチビアホール「THE GUIGUETTE by MOJA(ザ ギャンゲット バイ モジャ)」を展開。ヴィンテージミュージックが流れ、1920年代のフランスで流行った大人の社交場「ギャンゲット」をイメージ。メニューはシーフード・ヴァプール(蒸し)料理やクラフトビール、シャンパン、マグスタイルのカクテルなどを提供する。

  • 3月19日、八重洲北口にサントリー樽生ビールを堪能できる「THE OLD STATION Tokyo Beer & Grill」(オールドステーション トウキョウ ビアー アンド グリル)がオープン


    サントリーグループのダイナック(東京都新宿区、代表:若杉和正氏)は、3月19日に新業態の「THE OLD STATION Tokyo Beer & Grill」(オールドステーション トウキョウ ビアー アンド グリル)を東京八重洲北口の飲食店ゾーン「北町ダイニング」(旧:北町ほろよい通り)にオープンする。サントリー製造のドラフトビール5種類をビールの高度な知識や技術をマスターしたスタッフが提供し、東京では同店を含む2店舗でしか味わえない数量限定ビールも用意。料理は、ビールとの相性を考えた“本能を刺激する肉がメインのガッツリ豪快なグリル&BBQ料理”を中心に、全50品と充実したラインナップ。(詳細はコチラ pdf 264KB)

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.