飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン一覧

  • CIG_IMG013_650

    【ニューオープン】 自然派ワインと本格イタリアンの店「confire3519」が銀座1丁目に4月8日オープン

    4月8日、銀座1丁目に自然派ワインと本格イタリアンの店「confire3519」がオープンした。飯倉キャンティなどで経験を積んだ滝谷雄亮シェフが、徹底して食材にこだわり、素材の美味しさを活かした料理を提供する。「イタリア料理をベースとしていますが、ジャンルにはこだわらず、素材のおいしさを引き出せる料...
  • CIMG8058

    【ニューオープン】 都築学氏が率いる株式会社そらの新業態 「焼鳥 佐田十郎」で麻布十番に挑む

    都内屈指の洗練された街並みが広がる麻布十番は、感度の高い方はもちろん、富裕層や外国人旅行客、そして地元の方などで、連日にぎわう。メインストリートである麻布十番大通りには、老舗から流行りの店まで幅広く軒を連ねており、飲食店の競争も激しい。こうした特長を持つ麻布十番に3月1日オープンしたのが「焼鳥 佐田...
  • 20170421_muro_0006

    【話題店チェック】 浜松町の進化系立ち呑み「日本酒 室MURO」。北陸三県の日本酒と食の文化を東京へ”つなぐ”

    日本をリードする企業も多くあり、羽田空港への玄関口でもある浜松町の一角に2016年12月5日、日本酒専門の立ち呑み「日本酒 室MURO(ムロ)」がオープンした。石川県、福井県、富山県の北陸三県の日本酒と能登から届く鮮魚、米、野菜、調味料など、酒と食の文化を東京で「つなぐ」ことをミッションとした意味を...
  • 20170419_kogane_0006

    【ニューオープン】 既存店の良さを集約させたFOOD ARCHITECT LABの新業態。恵比寿路地裏の串割烹「こがね」とは

    恵比寿駅から徒歩数分。右折、左折を繰り返した路地裏に、ひっそりと佇む「こがね」。FOOD ARCHITECT LAB(東京都港区、代表取締役:鈴木悠太氏)が運営する新業態店舗、串割烹店が4月22日にオープンする。15坪あまりの店内にはカウンター、ハイテーブル、テーブルと3タイプのシートを設え、グルー...
  • DSC_0766_640

    【ニューオープン】 三世代が楽しめる酒場をコンセプトに「orq.」が誕生 オーガニック×クラフトで荻窪の可能性を広げていく

    JR新宿駅から中央線快速に乗車して4駅で辿りつく荻窪駅。青梅街道が走る北口側は、バスロータリーやファッションビルなどもあって、駅の表玄関の役割を担う一方、南口には複数の商店街があり、数多くの個性的な店でにぎわう。3月21日、南口の商店街の一つ「荻窪南口仲通り」に一軒のビストロがオープンした。それがオ...
  • 店頭 スタッフ集合_640

    【ニューオープン】 京都の人気店「京都 炭焼浪漫家」が東京上陸 新小岩から京都の魅力を発信していく

    駅前には大手チェーンの飲食店が進出する一方、少し歩くと昭和を感じされる大衆酒場や立ち飲み店、スナックなどがひしめく。新小岩駅周辺は、まるで昭和と平成が交錯したようなエリアとして知られている。そうした特徴を持つ新小岩駅に3月12日オープンしたのが「京都 炭焼浪漫家」だ。運営するのは、浪漫家グループ(京...
  • DSC_0667_640

    【ニューオープン】 30歳の若手経営者の一号店「così così」 吉祥寺で受け継がれていくストーリー

    武蔵野市の中心として独自の発展をしてきた吉祥寺駅は、北口側と吉祥寺公園口側でまったく表情が違う。また、個人店が集まるエリアや新興店が進出しているエリア、昔ながらの飲食店が軒を連ねるエリアなどが混在し、ディープな飲食マーケットを形成している。そうした特徴のある吉祥寺に3月10日オープンしたのが「cos...
  • DSC_0115_640

    【ニューオープン】 地産地消をテーマにした「trattoria gatakigi」 大船駅の三等立地に人が集う仕掛け作りとは

    横浜市と鎌倉市の境目に位置するJR大船駅。一日の乗降者は10万人近くいて、神奈川県下のJRの駅で6番目に多い。駅前に広がる大船商店街は地元の方を中心ににぎわう一方、駅周辺には大手電機メーカーの研究所や大型の病院などがあるため、所得の高い層も多く住む。現在、若手の飲食経営者も積極的に出店する大船エリア...
  • 20170407_mun_0005

    【ニューオープン】 六本木の新ランドマークにコリアン×バル業態誕生!「六本木MUN」3月25日オープン

    パーキングエリアの管理・運営などを行う首都高速道路サービス(東京都中央区、代表取締役社長 野口秀昭氏)から3月25日、泉ガーデン六本木グランドタワー内に個性的な肉料理を提供する「肉ダイニング 六本木MUN(ムン)」が誕生した。2013年オープンの「銀座MUN」に続き、韓国料理ベースの業態としては今回...
  • 20170331_hinata_0005

    【ニューオープン】 やきとん繁盛店「やきとんひなた 池袋東口店」がメガ商圏に参戦。ヒットを続けるひなたが池袋で勝負に挑む

    「やきとん」と言えば「ひなた」と名が挙がる繁盛店を板橋エリアでドミナント展開するひなた(東京都板橋区 代表取締役辻英充氏)が満を持してメガ商圏、池袋に「やきとんひなた 池袋東口店」を 2月11日にオープンさせた。炭火で焼くこだわりの「やきとん串」を看板コンテンツにした高い専門性と豊富なメニュー構成で...
  • DSC_0422_640

    【ニューオープン】 板橋区役所前から板橋区は変わっていく クールローカルで魅せる「鶏と酒 かんろく」

    都営三田線・板橋区役所前駅と東武東上線・大山駅は徒歩で10分ほど離れていて、その間を環状6号線が走っている。徒歩圏内にある二つの駅だが、商圏としては、それぞれ独立しており、互いを行き来する人の数は決して多くはない。そうした流れを変えるかもしれない店が環状6号線沿いに誕生した。それが3月17日にオープ...
  • DSC_0205_640

    【ニューオープン】 22歳の若き飲食店オーナーが挑む 下北沢に誕生した「総作酒場おかえり」

    下北沢は若者の街というイメージが強い。確かに駅の南口には、大手チェーン店の飲食店が軒を連ね、連日多くの若者が集まっている。ただ西口には、戸建ての住宅も立ち並び、古くから下北沢に住む方も少なくない。そうした西口エリアに3月1日にオープンしたのが「総作酒場おかえり」だ。運営するのはBond Cueneo...
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.