飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

目黒の超繁盛店を生んだジリオン初のイタリアン業態 一日を通じてその街の人々に寄り添う「GONZO Osteria & Bar」 

東急大井町線の線路沿いにある複合商業施設「トレインチ 自由が丘」のアプローチを抜けた先に立地。店名の「GONZO」は、イタリア語のスラングで「料理バカ」を意味する
オープンキッチンを囲むL字カウンター席では目の前でシェフのキッチンライブが楽しめる。ゆったりと配置された丸テーブルは居心地のよさを増す
取材時のスペシャル「秋田県産“秋田牛”(A4黒毛和牛) 肩ロースのタリアータ」(2480円)は、表面にはしっかり火を入れ、中はレアに焼き上げたシェフの腕前が伺える一品
ハンター直送のジビエを楽しませるパスタ「猪ラグーのボロネーゼ」(1580円)は、食べ応え十分なボリューム
サービス業界No.1のプロダクトアウト企業を目指す、株式会社ジリオン 代表取締役 吉田裕司氏

8月3日、目黒の超繁盛店「大衆ビストロ ジル」などを展開するジリオン(東京都品川区、代表取締役 吉田裕司氏)が、同社7店舗目・初となるイタリアン業態「GONZO Osteria & Bar(ゴンゾ オステリア & バー)」をオープンした。場所は、東急東横線と東急大井町線の2つの路線が交差する自由が丘駅南口より徒歩2分。大井町線の線路沿いに位置する車庫跡地に建設された東急電鉄の複合商業施設「Trainchi(トレインチ)自由が丘」の1階路面。同施設は、線路に沿った縦長な形状を生かしながら通り抜け可能な構造とすることで、隣接する九品仏川緑道の季節を感じながらウインドーショッピングができる、駅と住宅街を結ぶ“生活道路”となっている。また、同施設内には同社8店舗目の和業態「酒場 シナトラ」の2号店も隣接同時オープンした。

“明日への活力”と“ワンサプライズ”を企業ミッションに掲げる同社は、その街で暮らす人々と共にその街の一員となり、必要とされながら永続して行くことを目的とし、その街のニーズを自分たちの価値で提供することで、「大衆ビストロ ジル」(目黒・中目黒)、「大衆ビストロ 煮ジル」(学芸大学・五反田)、「和ビストロ JB」(神田)、「酒場 シナトラ」(目黒)の6店舗を展開している。今回の出店する「GONZO」も、1日平均約15万人が乗降する自由が丘という街の多様性と利用ニーズに応える。ランチからカフェ、ディナーまで、1日中クラシックな本格イタリアンが楽しめる同社初のオールデイズダイニングとなっている。

メニューは、同社が得意とする肉料理はもちろんのこと、産地直送の鮮魚や野菜を使用し、その日仕入れの季節食材でグランドメニューが毎日変わる。ハンター直送の「3種ジビエのパテ 〜猪、鹿、鴨〜」(980円)といった前菜、「自家製パンチェッタとジャンボマッシュルームのカルボナーラ」(1380円)などの手打ち生パスタ、ナポリの伝統菓子「アラゴスタ 〜ナポリ風シュークリーム〜」(580円)などのドルチェが並ぶ。ドリンクは、同社シニアソムリエが世界各地から厳選したコストパフォーマンスの高いワインを中心に、赤白各6種類の「グラス」(580円〜)、泡3種類赤白各15種類の「ボトル」(2800円〜)を豊富に取り揃え、旬のフルーツを用いたオリジナルドリンクなども用意する。

店舗デザインは、ジリオングループの既存店を手掛けてきたケーエルシー カンメイオフィス 代表取締役の矢野寛明氏が担当。矢野氏が店造りにおいて念頭に置くことは、その店がそこにある必然性や、そのロケーションや街でどう使われ、どう機能するのかを想像し、それらに適った店造りをしていくということ。ディティール的なことは、そのテーマの中で結果的に後から付いてくるもの。まずは“らしさ”をどう造るか、そして表現するのかを考えるという。そうして完成した空間には、余白が残されている。店は、人が通い、やがて完成していく。“ワンサプライズ”をミッションに、いつも新しいことをクリエイトする“ジリオンらしさ”がこの店のパーツとなり、店を造り上げるからだ。

吉田氏は、2013年4月に1号店の「大衆ビストロ ジル」をオープンした際の取材で「オフィスと住居が混在する街の駅に旗艦店となる直営店を置き、その沿線に旗艦店のブランド力を使うことができる暖簾分け店やスタッフのキャリアプランを実現するための店舗展開を5年で10店舗行う計画です」と今後の展望を語った頃から一貫して軸がブレることなく歩み、飲食業界の枠を超えてサービス業界全体にポジショニングされる会社となることを目指してきた。「自分たちのやりたいことがお客様やスタッフの価値につながり、喜んでもらえることをやる。今後は自社の力を上げ、さらなるスタッフの満足度向上を目指します」と吉田氏。人が働きたいと思う会社であり、成功するための登竜門となることが吉田氏の経営ミッションだ。次なるステージへと舵を切るジリオンの動向に期待を寄せる。

(取材=下前 ユミ)

店舗データ

店名 GONZO Osteria & Bar 自由が丘店(ゴンゾ オステリア & バー)
住所 東京都世田谷区奥沢5-42-3 トレインチ自由が丘 A101
アクセス 東急東横線・大井町線 自由が丘駅から徒歩2分
電話 03-6715-6527
営業時間 11:00~23:00
定休日 無休(施設休館日に準ずる)
坪数客数 40坪・58席+テラス24席
客単価 ランチ1000円、カフェ600円、ディナー4000円
運営会社 株式会社ジリオン
オープン日 2017年8月3日
関連リンク 株式会社ジリオン(HP)
関連リンク GONZO Osteria & Bar 自由が丘店(FB)
関連リンク 酒場シナトラ 自由が丘店(FB)
関連ページ 大衆ビストロ ジル 目黒店(記事)
関連ページ 酒場シナトラ 目黒店(記事)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.
Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance