飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

進化する品川駅東口開発計画!中日新聞社が11月末に竣工した「品川フロント」に、12月10日、商業店舗がグランドオープン!

東京のサウスゲートとしての玄関口にふさわしい、風格を持った外観(中日新聞社提供)
東京初進出店となる名古屋の「風来坊」(風来坊錦店)他7店舗が入る
1階のビル外側にエントランスを持つスペインバル「Mon TERCERO」(ウェイブス)
地下1階には、「山陰海鮮 炉端かば」の豪快な店舗がオープン

11月30日、JR品川駅港南口から徒歩3分の立地に竣工された「品川フロントビル」(中日新聞社:名古屋市、社長:大島寅夫氏)。この地は、1965年以来、東京新聞、東京中日スポーツの発行拠点だった中日新聞社東京本社跡地であり、このビルの誕生により、品川駅前に、また新たなランドマークが増えた。地下3階、地上19階建て延べ7万2600平方メートルのビルのテナントリーシング、プロジェクトマネジメントは三菱地所が手掛け、竣工後の運営管理は三菱地所プロパティマネジメントが担当。館内には、オフィスや会議室のほか、飲食や物販店舗を誘致。地域と連携を持つ諸施設を導入し、街と繋がりのある賑わいを形成するという計画のもと、ビル敷地内には、「キッズ館」と名付けられた3階建ての付属棟が建てられ、壁面緑化、屋上緑化がなされた建物の2階には都認証の保育所が、3階には港区子育て広場を開設。ビルと「キッズ館」の間の約1200平方メートルの公開空地は広場として使い、高さ10メートルのソメイヨシノをシンボルツリーとして植樹したほか、地域の住民が四季の植物を楽しめる憩いの場所として開放した。そして12月10日、地下1階~2階フロアに、11店舗の飲食店がグランドオープンする。「おいしいニュース」というコンセプトのもとに誘致された11店舗の飲食店には、今回東京初出店の話題の店も含まれており、要チェックだ。主な店舗は以下の通り。2Fには、名古屋名物の新鮮な元祖手羽先唐揚げの東京初進出店「風来坊」(風来坊錦店)、本場大阪のお好み焼きが楽しめる「お好み焼き きじ」(TOKI)、ナポリピッツアと南イタリア料理をメインにしたイタリア食堂「Trattoria e Pizzeria PAPPARE NAPOLI」(アキナイ)、三浦半島の獲れたての海鮮料理が楽しめる「魚と酒 はなたれ」(First Drop)、JA産直の肉が堪能できる「焼肉本舗ぴゅあ」(JA全農ミートフーズ)など。1Fには、ライブ感でスペイン料理が楽しめるスペインバル「Mon TERCERO」(ウェイブス)など。そして、地下1Fには、品川に勤務するサラリーマンやOLをターゲットにした大型居酒屋店舗2軒が入る。90坪の広大な店舗の「なんで、屋」(神里商事)、店内に漁師の船を一隻どーんと配した「山陰海鮮 炉端かば」(K.Kダイニング)。この2軒の店舗前のフリースペースは立ち飲みスペースとなる予定で、地下1F全体がサラリーマンの飲み客で賑わうことになりそうだ。「品川フロント」の誕生により、品川駅港南口に新たな風が呼び込まれ、今後も品川駅周辺の更なる開発が期待される。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 品川フロントビル
住所 東京都港区港南2-3-13
アクセス 品川駅港南口より徒歩3分

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.
Sitio web optimizado por: Posicionamiento en Google
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento