飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

6月14日、原宿の「nakata.net cafe(ナカタ ドット ネットカフェ)」で行われた、日本vsカメルーン戦のPVにて、清酒「白鹿」が日本の必勝を祈願して鏡開きのイベントを開催!


原宿の「nakata.net cafe(ナカタ ドット ネットカフェ)」と、同店が掲げる“Revalue NIPPON”(日本再発見)の考えに共感してスポンサーの一員となった清酒「白鹿」、そして、J-WAVEのコラボレーションにより、6月14日、日本の必勝を祈願したイベントが行なわれた。試合開始前の夜10時、パブリック・ビューイングの会場である「nakata.net cafe」には、すでに約250名のサポーターが集結し、大変な熱気に包まれていた。今回、スペシャルゲストとして招かれた、元サッカー日本代表の前園真聖氏、湘南乃風のHAN-KUN、ミュージシャンのナオト・インティライミなどが壇上に上がると、会場の熱気は最高潮に!そこに、清酒「白鹿」の辰馬本家酒造の代表取締役、辰間健仁氏が加わり、壇上に上げられた酒樽を囲んで、「日本、絶対、絶対勝つぞ!」というサポーターの掛け声と共にいざ鏡開きが行なわれた。その後、枡に注がれた清酒が会場の全員に振舞われ、日本の勝利を願って乾杯!試合の結果は、この必勝祈願が実ってか、日本は見事カメルーンに1-0で勝利した。深夜1時までのパブリック・ビューイングにも関わらず、会場には全員が残り、試合後も勝利の美酒に酔いしれた。 なお、「nakata.net cafe」は、7月12日まで期間限定でオープンする予定。2002年、2006年に引き続き、店内の大型ビジョンでは、ワールドカップ南アフリカ大会全64試合の放送を予定している。オープン期間中のランチタイムには、清酒「白鹿」の「山田綿」お猪口1杯がセットとなる国産食材にこだわった「和風膳」1000円が提供され、ディナータイムには、同じく「山田綿」お猪口1杯をセットにした6種類のアラカルトほか、多彩なメニューが楽しめる。また、会場では、日本の善戦を祈願して、清酒「白鹿」が特別に製作した“ジャパンブルー”をイメージした天然の藍色の大きな盃を見ることができる。

(取材=袴 もな)

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.