飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

荻窪で「チューハイ倶楽部C」がオープン。酒場ライターと和食料理人の同級生コンビが、下町チューハイ文化をリスペクトした地域密着酒場を創り上げる!


父との思い出のホルモン煮込みを看板に、リーズナブルかつ上質なフードメニューを考案

酒に合わせるつまみは、もちろん畠山氏が担当。中でも名物として力を入れているのは「和牛ホルモン煮込み」(500円)だ。「父は、よく競艇場の取材などに出向くライターだったので、私もたまについていくことがありました。そこで食べたモツ煮込みがやたらおいしくて」と、畠山氏。どうにか味を再現できないかと模索していたところ、築地のホルモン煮込み店「きつねや」の味わいに感動。「どうやら、どちらの煮込みも新鮮な和牛のホルモンと八丁味噌が決め手だったようです。その後は何度も食べて、作って、研究していました」と、語る。また、フライドガーリックの風味が酒を誘う「男のマカロニサラダ」、「家系のキャベチャー」(各400円)といった軽いつまみから、「鮮魚の漬け」、「とろたく」、「アボカドと鮪ユッケ」(各500円)といった魚介系。「からあげ」(1個100円~)、「厚切りハムカツ」(400円)、「アンチョビポテトフライ」(500円)、「アジフライ」(300円)といった揚げ物。「出汁まきたまご」(500円)、「やみつき鶏レバパテ」(500円)、「揚げ出汁絹豆腐」(400円)といった和食の技術や食材を感じさせる品々。自慢の煮込みを使った「煮込みライス」(600円)や「大葉とシーチキンのさっぱりソーメン」(700円)、「ふわふわかき玉にゅうめん」(700円)と、〆までしっかり押さえ、多彩なメニューが並ぶ。「原価を抑えてリーズナブルに。それでいて量や味、見映えが良くなるよう工夫しました。また、今は客数が読めていないので鮮魚や生野菜のメニューを控えていますが、今後は数量限定で出していくことも考えています」と、畠山氏は語る。

「赤星」(550円)と名物の「和牛ホルモン煮込み」。畠山氏は「思う味に近づきつつあるけれど、まだ進化の途中」と語る

店舗データ

店名 チューハイ俱楽部C
住所 東京都杉並区天沼3-6-22

 >> GoogleMapで見る

アクセス JR荻窪駅北口から徒歩5分
電話 070-8426-6770
営業時間 17:00~24:00
定休日 月曜
坪数客数 9.5坪 カウンター8席、立ち飲み9名
客単価 カウンター3000円、立ち飲み2000円
オープン日 2021年10月1日
関連リンク チューハイ倶楽部C(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.