飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

住吉のゲストハウス1階に、「&LOUNGE」が開業。地域の案内所としての役割を担い、国内外の人々へ日本酒の魅力を発信

ゲストハウスの1階に立地。同スペースでは、昼は日本茶をテーマとしたカフェが営業する。今後は同ビルのゲストハウスや日本茶カフェとのコラボ企画も検討中だ
白や木材を基調としたすっきりとした空間。壁や漆喰はスタッフたちがDIYで仕上げた
「チーズドームのポテトサラダ 燻製風味」(580円)など身体にやさしいフードがそろう
ハチノスを山椒で炊きあげた「ハチノスの中華風」(380円)
オーナーの國分真如氏(写真左)と、料理担当の湯浅丹子氏

日本政府観光局によると、2016年のインバウンド(訪日外国人)の数は2400万人を突破。近年、日本でこれまでにない伸び率でインバウンドの数が激増しているということは、もはや周知の事実だろう。それに伴い、都内各地に外国人に向けたゲストハウスが多く登場している。そんななか、東京・住吉にあるゲストハウス「FromScratch TOKYO(フロムスクラッチ東京)」の入るビルの1階に、9月1日、「&LOUNGE」が誕生した。純米酒にこだわり全国各地から揃えた日本酒と、それに合う料理を提供している。&LOUNGEと同じスペースでは、昼の時間帯は日本茶カフェ「CHAKAS CAFE(チャカス カフェ)」の営業が行われている。「CHAKAS CAFE」と合わせたビル1階スペースのコンセプトは、「Art, Music, Organic」。飲食店としての機能のほか、気鋭のアーティストの作品展示や、音楽ライブも毎月行い、人の集まるコミュニティスペースとしても注目が高まっている。

「&LOUNGE」のオーナーは國分真如氏。これまでは飲食のほかデザインなどの仕事を携わってきたが、物件との縁あって、ここで店舗を開業することになったという。同店の入居するビルのゲストハウスの宿泊客は、8割以上が海外からのゲストだ。「ゲストハウスの宿泊客はじめ、海外からの観光客に対して、日本の食文化を紹介する場所を作りたかった」と國分氏。日本の食文化のなかでも日本酒に目を付け、店のメインアイテムとした。自身も無類の日本酒好きだという國分氏は、日本酒の勉強会に参加するなどして見聞を深め、利き酒師の資格も取得したというほど。とくに、ターゲットは“日本酒初心者”と敷居を低く設定し、あまり日本酒を飲み慣れていない人が、日本酒ファンになるきっかけを提供するような店をめざしている。

日本酒は全国各地の蔵元から厳選した純米酒を約40種をラインアップ。1杯目にぴったりなすっきりとした「爽酒」は、「宝剣 純米酒 超辛口」(70ml:580円~、180ml:1,160円~)など5〜6品、華やかな香りの「薫酒」は「鳳凰美田 純米大吟醸 山田錦50」(70ml:620円~、180ml:1240円~)など5〜6品、米の旨みを感じる「醇酒」は「神亀 華吹雪 純米酒」(70ml:580円~、180ml:1160円~)など5〜6品、熟成感が楽しめる「熟酒」は「冨田 H20BY」(70ml:580円~、180ml:1160円~)など3品。その味わいごとカテゴリー分けし、メニュー表に配置する。このほか、季節限定の日本酒や、3種類の酒を日替わりで30mlずつ提供する「3種 唎酒セット」(680円)などを用意。また、初心者に向けた飲みやすいものはもちろんのこと、10年ものの古酒や酒粕で醸造した日本酒など、ユニークな日本酒もそろえ、日本酒好きも満足できるラインアップとなっている。その他地元産のワインも取り扱う。

料理は、湯浅丹子氏が担当。日本酒に合う一品料理を中心に、メイン料理やごはんものなどがそろう。「本日の肴の盛り合わせ」(880円)、「チーズドームのポテトサラダ 燻製風味」(580円)、「スペアリブの柚子胡椒風味」(1本380円)などが人気だ。野菜はなるべくオーガニックの野菜を使用し、盛り付けなどは、女性好みの美しさを意識している。

店内は白や木を基調に、シンプルな空間に仕上げた。日本酒というテーマでありながらも、すっきりとしたナチュラルな空間は、若い女性や外国人も気軽に入店できそうないでたちだ。現在は近隣住民を中心に集客。古くからの住民に加え、周辺では新しいマンションが増えており、新しく街に流入した若年層の来店も多い。また、店のコンセプトの狙い通り外国人客も少なくないという。

日本酒に関するセミナーの講師を務める機会もあるという國分氏。「セミナーをすると、聴講者から『購入したい日本酒があるのに、身近に売っていない』などの声を聞くことがしばしばあります。たとえば今後は日本酒の物販など、当店を通じて消費者と生産者を近づけるような展開をしていきたいですね」と國分氏は話す。また、同店は、東京都から東京観光窓口に指定されている。店としてだけでなく、地域との結びつきを強め、地域の案内所としての役割を果たしたい考えだ。2020年の東京オリンピックを前に、ますますインバウンドの増加が予想される日本。そんななか、日本が誇る食文化のひとつである日本酒の発信地として、同店は世界から注目される店になっていくにちがいない。

(取材=大関 愛美)

店舗データ

店名 &LOUNGE(アンドラウンジ)
住所 東京都江東区扇橋2-4-4
アクセス 住吉駅B1出口から徒歩7分
電話 03-6666-3534
営業時間 18:00~23:00、日曜17:00~22:00
定休日 火曜日
坪数客数 12坪19席+スタンディング数名
客単価 3,000~3,500円
運営会社 合同会社LIB
オープン日 2017年9月1日
関連リンク &LOUNGE
関連リンク &LOUNGE(FB)
関連リンク &LOUNGE(instagram)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.