飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

クラフトビールメーカー直営店「ファーイースト トウキョウ クラフトビール&バオ」が開業 アジア版ハンバーガーの「バオ」とのペアリングで自社ビールを訴求

渋谷駅から徒歩7分の新築ビル1階に入居。角地に立地し視認性は良好だ
料理人の仕事が見えるよう設計されたオープンキッチン。丸い照明は祭の屋台をイメージしている
「桜海老のかき揚げタルタルソースBAO」。ランチタイムはバオのランチセットをテイクアウトでも販売
同店ではボールタップを採用。通常の泡を後から乗せるタップと異なり、注ぎながら泡を作る仕様で、泡の固さと炭酸を強く感じるワンランク上の味わいに仕上がる
写真右からファーイーストブルーイング代表取締役の山田司朗氏、店長兼料理長の江澤雄三氏

「KAGUA 馨和 (カグワ)」と「Far Yeast(ファーイースト)」の2ブランドのクラフトビールを製造する「Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)」(東京都渋谷区、代表取締役:山田司朗氏)は、7月20日、渋谷に初の直営となる飲食店「Far Yeast Tokyo – Craft Beer & Bao(ファーイースト トウキョウ クラフトビール&バオ)」を開業した。

クラフトビールの製造を開始し6年になる同社。イベント出店時など、「ファーイーストブルーイングのビールはどこで飲めるの?」という声が山田氏の耳に入るようになってきた。同社のビールを扱う飲食店は数多く存在するものの、置いている品数は1~2種類という店がほとんどで、同社のビールをメインに取りそろえている店はない。その質問に対し、期待に添える答えができなかったという山田氏。「とくに『カグワ』は高級和食店向けに作られたビール。当社のビールを目当てにしている方に、高単価のレストランを勧めるのも気が引ける。そこで、当社のビールを気軽に楽しんでもらうための店を作ろうと決めました」と山田氏は話す。昨年末から物件探しを開始。同社製品のショールーム的な店とするため、都心の好アクセスの場所がよいと渋谷区・港区を中心に探し、4月に現物件を契約した。

ドリンクはもちろん同社のクラフトビールがメインだ。「ファーイースト」を4タップ(各種Sサイズ648円、Lサイズ981円)、「カグワ」を3タップ(各種Sサイズ800円、Lサイズ1188円)そろえ、同社のビールが一堂に会する唯一の店舗となる。さらに他社のクラフトビールをゲストビールとして入れ替わりで1タップ用意する。

加えて、同店のウリとなるのが「BAO(バオ)」という、蒸し器で蒸したふかふかの皮で、さまざまな具材を包むアジア版ハンバーガーだ。「クラフトビールに合わせる食事を考えたとき、サンドイッチやハンバーガーが定番ですが、近年それらの専門店も多く登場しており、それを二番煎じでやるのは面白くない。当店ならではのアイテムを打ち出し、差別化をしたかった」と山田氏。そこで浮上したのがバオだ。香港の「Little Bao(リトルバオ)」など海外では多く提供されているというこのアイテムに、和食のエッセンスを加えて独自性を打ち出した。「食幹」「いいと」などの和食店を展開するディスカバリー(東京都渋谷区、代表取締役:佐藤幹氏)とともに、バオ含む同店のフードのメニュー開発を行い、和を意識したオリジナルのバオを用意。人気の「桜海老のかき揚げタルタルソースBAO」(1080円)をはじめ3品をラインアップし、ランチタイムはバオセットをイートインに加えテイクアウトでも販売する。この他、バオの具材としても使われている肩バラ肉の煮込みの「ぶりすけ」(ハーフサイズ2160円、フルサイズ3780円)や、「蒸し野菜せいろ」(756円)などの蒸し料理、串揚げ、ごはんもの、デザートバオまで幅広くそろえ、しっかりと食事をしたいお客のニーズにもこたえるメニュー構成とした。

クラフトビール専門店ではタップをお客から見える場所に設置することも多いが、同店では「なにより料理人の仕事を見せたい」(山田氏)と、調理をするスタッフが主役となるようなオープンキッチンを配置した。単なるビアパブではなくフードにもしっかりこだわった店であることの表れだ。店内は窓を大きく取り、開閉も可能でオープンな空間に仕上げた。スタンディングでの利用も可能で、夕方の早い時間帯には一人で気軽に立ち寄るお客も多いという。

海外展開も視野に入れている山田氏。「当社のビールの出荷量が多い香港で2号店を出したい」と具体的な案も構想中だ。バオに和食のエッセンスを加えたのは海外展開も視野に入れてのこと。「海外のマルシェのような、イートイン形式のデパ地下などへの出店もしたい」とも。「バオ×クラフトビール」という新しい提案で、国内外に自社のクラフトビールをアピールしたい考えだ。

(取材=大関 愛美)

店舗データ

店名 Far Yeast Tokyo~Craft Beer & Bao(ファーイースト トウキョウ クラフトビール&バオ)
住所 東京都渋谷区渋谷2-6-8サラ青山1階
アクセス JR渋谷駅から徒歩7分、東京メトロ表参道駅から徒歩8分
電話 03-6874-0373
営業時間 【平日】ランチ11:30~15:00(L.O.14:00)、ディナー17:00~23:00(L.O.22:00) 【土日祝日】11:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 無休
坪数客数 11.6坪35席
客単価 2500~3000円
運営会社 Far Yeast Brewing株式会社
オープン日 2017年7月20日
関連リンク Far Yeast Tokyo - Craft Beer & Bao(FB)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.