飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

下町マーケットに挑戦・有機野菜のオーガニックバル 「blesseath(ブレサス)」が蒲田バル横丁にオープン

店内は白を基調としたやわらかい雰囲気の内装。デザインは株式会社ジージーワークスが担当
「農家直送 採れたて旬野菜のアヒージョ」(580円)は、より栄養素が吸収されやすいよう考えられたひと品
「チケッティ」(2個 550円)は、「本日のお野菜」と「本日のきのこ」の2種類を選べる。写真は「本日のお野菜」
オーガニックフルーツで作る「フレッシュサワー」(450円)は男女問わず人気
株式会社エスイーダイニング 代表取締役 西林 悦理氏(右)

田町で「肉バル SPAJIO」を運営する株式会社エスイーダイニング(東京都品川区 代表取締役 西林 悦理氏)の2店舗目となる新店 有機野菜のオーガニックバル「blesseath」が5月10日、蒲田バル横丁内にオープンした。オーナーの西林氏は、栄養士資格を取得後、長らく外食業界を経験してきた生粋の飲食人。大手2社にて店舗施工管理やサービスを経験したのち、兼ねてからの目標であった30歳での独立を果たす。良い肉を仕入れられるルートがあったことから、田町にて肉業態で独立。当初から、採算よりまず「質の良いものを仕入れ、自信を持って提供できる間違いのない商品を出そう。そうすれば必ず顧客はついてくる」と信じ、店舗を運営したという。立ち上がりの半年こそ苦労したが、その後は狙い通り順調に推移し、今回2店舗目の出店に至った。蒲田バル横丁に出店した経緯について西林氏は「もともと大森・蒲田エリアには興味があったんです。蒲田には野菜の業態がほとんどないので、尖った業態をやるのに丁度良いかなと思いました」と話す。事実、サラリーマンや学生のイメージが強く、また横丁内という立地で同店の存在感は際立つ。

田町の1号店時代から6農家と直接契約し、毎日新鮮な無農薬野菜が届く体制ができているという同社。しかしながら肉業態ではさばける野菜の量が限られるため、常々野菜の業態をやりたいと考えていたという。外食というと、添加物など体に良くないイメージを未だ消費者が抱く部分もあるが、自分たちが心から食べたいと思える安心安全な料理を提供したいという、西林氏の徹底した想いが同店には込められている。店名はblessing of the earth(大地のめぐみ)からとった造語。これまでの野菜に対する顧客の概念を「ブレさす」といった意味もこめられている。コンセプトは「健康を提供するオーガニックバル」。「きちんとした栄養とりたい」「昨晩飲みすぎて疲れている」というときに、客によってメニューをカスタマイズし提案してくれるバルだ。「疲れているときに寄って、食事で健康になって帰ってもらいたい」と西林氏は話す。

目玉メニューの一つ「チケッティ(イタリア語で”おつまみ”の意味)」(2個 550円)は、無添加バケットにガーリックオイルとマッシュポテトをのせ、客からその日の体調をヒアリングした上で、具材となる野菜を提案する。前日飲みすぎたようであれば肝臓にきくビタミンAが入った人参、花粉症がひどいようであれば抗酸化作用が効くトマトを・・・といった具合だ。このような知識は全てマニュアルに落とし込み、アルバイトも含め全てのスタッフが提案をできるよう研修を行っているという。その他にも、「農家直送 採れたて旬野菜のテリーヌ」(580円)はぶつ切りにした野菜を、ゼラチンではなく添加物を含まない寒天で固める。「農家直送 採れたて旬野菜のアヒージョ」(580円)は油と一緒に摂った方がより吸収される脂溶性ビタミンの野菜をチョイスし、栄養素をダイレクトに摂取しやすくする・・・など、栄養士ならではの工夫が随所にされている。

ドリンクのラインナップも特徴的だ。オーガニックフルーツで作る「フレッシュサワー」(450円)や「シトラスビームハイボール」(450円)は、リキュールを一切使わずに、パイナップル・オレンジは沖縄、レモンは広島 、りんごは群馬といったように各地から直接取り寄せた生の有機フルーツで作る。 「ケールビール」(680円)は注文を受けて一からミキサーにかけつくっているという。提供に時間はかかるが、フレッシュな栄養をそのまま摂取できるビールになっている。また、「オーガニックスムージー」(600円)は水で薄めず野菜が100パーセント凝縮されたつくりたてを飲むことができる。

既に5月中旬に上野で溶岩焼肉の新店オープンが控えている同社だが、今後はこれら既存の3業態を展開していく予定。来期5店舗の新規出店計画に向けて、物件探しや人材募集も開始している。社内体制としてはスタッフの労務環境にも投資し、人材も会社も一緒に成長していける企業を目指すという。また神奈川県伊勢原市で100平米ほどの土地を借り、ハーブやサラダレタスを栽培する自社農園の取り組みも始めた。今後は作付け面積と品種も増やしていく予定だ。「blesseath」が、食事を楽しみながら健康になれる街の栄養ステーションとして、人々のライフスタイルに欠かせない存在になる日は、そう遠くないかもしれない。

(取材=川辺 ちほ)

店舗データ

店名 blesseath(ブレサス)
住所 東京都大田区西蒲田7丁目4-3 カーサ蒲田1F
アクセス JR京浜東北線蒲田駅徒歩2分
電話 03-6715-7271
営業時間 ランチ【月~金】11:30~16:00(5/22より)、ディナー 16:00~23:30 【土】12:00~23:30 【日】12:00~22:30
定休日 未定
坪数客数 6.8坪 20席
客単価 2,800円
運営会社 株式会社エスイーダイニング
オープン日 2017年5月10日
関連リンク 会社HP

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.