飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

新潟・燕三条の魅力発信「燕三条イタリアンBit銀座J」 PR大使のオーナーシェフ秋山氏率いる地元人気店が東京初出店

既存店も手掛けた新潟のモリタ装芸による内装は、アクセントとなるブランドカラーのオレンジが利いている。店内の所々に、“匠の技”である燕三条の製品の数々がディスプレイされている
玉川堂の鎚起銅器やMARUNAOの箸、スノーピークのダッチオーブンなどを使い、新潟の食材をはじめ、その時々の旬のものを最適な調理法で提供
「玉川堂のビアカップ入りエビスビール」(450ml、590円)は泡が格別だ
玉川堂の鎚起銅器の看板と共にオーナーシェフの秋山武士氏

東京・銀座の目抜き通りである銀座中央通り沿いのビル3階に、新潟・燕三条(つばめさんじょう)をPRするイタリアンの東京初出店舗「燕三条イタリアンBit銀座J」が、10月3日にオープンした。同店は、新潟市にある「燕三条イタリアンBit」の2号店となる。燕三条地域は、モノづくりの町として栄え、多くの職人文化を育み、世界に誇る製品の数々が生まれている場所で、同店のオーナーシェフ秋山武士氏の出身地だ。

オーナーシェフである秋山氏は、調理専門学校を卒業後、千葉県のホテルでイタリアンシェフとしてのキャリアをスタートし7年ほど勤務。その後、新潟に戻り、イタリアンの統括料理長やビストロの料理長などの経験を積む。「たまたま出身地の燕市にある国の登録有形文化財の玉川堂の店舗を会場に、一夜限りのレストランが開催されるイベントがありまして、ケータリングシェフとして誘われたんです」と、同氏は当時を振り返る。このことがきっかけで、「燕三条プライドプロジェクト(地域ブランド・燕三条ブランドの構築を目指す活動)」に関わるようになり、燕三条地域の食材やテーブルウェア・カトラリーなどを使ったイタリアン「燕三条イタリアンBit」を、2013年8月に開業する。コンセプトの「燕三条の魅力で新潟を熱狂させ、皆を幸せに」を掲げ、日々邁進するうちに同店は瞬く間に人気店となる。また昨年開催された「第10回居酒屋甲子園」では、栄えある優勝にも輝いた。そんな秋山氏が、次の目標として、燕三条の魅力で東京を熱狂させるべく、今回、東京・銀座への出店を決めた。

メニューは、新潟の食材を中心に、旬のものを美味しく提供することを心掛けている。加えて、燕三条イタリア野菜研究会という研究熱心な生産者によって作られた野菜なども使用し、燕三条の魅力を存分に堪能できる。雪国新潟ならではの雪室による熟成じゃがいもを使った「雪室熟成じゃがいもロースト」(680円)は、旨味が凝縮され、じゃがいもの味の奥深さが楽しめる一品。「新潟県産下田豚のロースト」(1680円)は、下田豚の柔らかさと美味しさを活かしたシンプルだが肉そのものの味が表現されたメニューだ。同店で使用する洋食器、グラスや箸などは燕三条のスペシャルなアイテムで揃えられている。『MARUNAO』の箸、『玉川堂』のグラス、『snow peak』のダッチオーブンなど匠の技を体験しながら本格イタリアンを満喫できる。

アルコール類は、イタリアンながらも、ワインの他に、酒処・新潟をアピールする日本酒も揃える。この時期ならではの「麒麟山 越淡麗 純米大吟醸3年熟成 紅葉」(100ml、1680円)や、洋食料理との相性考え誕生した「麒麟山 限定酒 純米吟醸原酒 タカネノハナ」(100ml、680円)、「八海山」「越の華」「久須美」「真野鶴」などの銘酒がラインナップ。長期熟成ビールで有名な新潟・瓢湖屋敷の杜ブルワリーの「スワンレイクビール バーレイ」(瓶330ml、1980円)、また「玉川堂のビアカップ入りエビスビール」(450ml、590円)や、「スノーピーク チタンダブルマグ入りエビスビール」(450ml、590円)もあり、酒器の違いによる泡や味の変化も楽しめる。

「東京・銀座の中央通りとは言え、ビルの3階で、表に看板が立てられないため、認知してもらうまでは少し時間がかかるかもしれません。でも、ゆっくりとでも燕三条の魅力を誠実に伝えて、この店に来店して下さったお客さんが、燕三条に行きたいと思ってくれるようなれば嬉しいですね」と語る秋山氏。東京・銀座への進出は、いずれ海外に出ていく際に、必ずプラスになるという想いもあるようだ。燕三条のクラフトマンシップの素晴らしさを理解し受け入れてくれるであろう、古い歴史を持ったスペインやイタリアなどの都市へも将来的には出店していきたいと長期的な展望も話してくれた。新潟、東京・銀座、そしていずれは海外、それぞれの場所でスタッフが成長し、交流することができれば、結果として新潟の「食」のレベルが上がることに繋がる。食を通じて新潟に多くの人が来てくれることを目指す秋山氏は、今後も燕三条の魅力を熱狂的に発信し続けて行くことに尽力するだろう。

(取材=玉井 由希子)

店舗データ

店名 燕三条イタリアンBit 銀座J
住所 東京都中央区銀座7丁目8-8 CSSビル3F
アクセス 東京メトロ銀座線 銀座駅 A2番出口より徒歩5分、JR・東京メトロ銀座線 新橋駅より徒歩5分
電話 03-3573-6560
営業時間 月~土 ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日 日・祝
坪数客数 30坪・30席
客単価 ランチ2000円前後、ディナー7000円
関連リンク 燕三条イタリアンBit (HP)
関連リンク 燕三条イタリアンBit (FB)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.