飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

日米のクラフトビールとシカゴピザが味わえる、予約必須の人気店、神田「デビルクラフト」2号店が、8月1日浜松町にオープン。来年春にはブルーパブ(醸造所併設ビアパブ)を目指し始動!

130913_devil-craft_hamamatsucho_01-thumb-335x235-9265.jpg
カウンター奥に設置した巨大なビールのディスペンサーシステム
130913_devil-craft_hamamatsucho_02-thumb-214x285-9266.jpg
店舗奥には、2014年春から夏に向けて醸造用タンクが設置される予定
130913_devil-craft_hamamatsucho_03-thumb-214x170-9267.jpg
シカゴピザの1番人気は「デビル・ワークス」
130913_devil-craft_hamamatsucho_04-thumb-235x314-9268.jpg
オリジナルグラスは1パイント473ml・ハーフパイント260ml。写真はハーフ。
130913_devil-craft_hamamatsucho_05-thumb-214x129-9269.jpg
左からマネージャーの石渡氏、神田店スタッフの堀木氏


2011年7月、神田にオープンした「デビルクラフト」は、日米のクラフトビールとシカゴピザをコンセプトとした有名店。予約必須で日に2・3回転する人気ぶりだ。その2号店が、浜松町駅徒歩2分の新築ビル1階に8月1日オープンし、繁盛している。経営は3人のアメリカ人。「小規模醸造のクラフトビールが盛んなアメリカで、それぞれホームブルワーとして自家醸造を楽しんでいた3人が日本で出会い『自分たちの美味しいと思うビールを日本でつくり、多くの人に飲んでほしい』という思いで、意気投合したことが始まりだった」と、マネージャーの石渡雅啓氏は話す。石渡氏は神田の立ち上げから店長を経て、現在2店舗の運営を行なっている。

店舗入口の右手、カウンター奥には巨大なビールのディスペンサーが置かれており、常時20タップがつながる。アメリカのクラフトビールが3分の2、日本が3分の1。「浜松町店は、アメリカのクラフトビールを増やした。基本的に地産地消としてつくられているため、生産量が少ない。先日も、ワシントン州のブルワーに直接会いに行った。そうやって少しずつ取引先を増やしている」と話す。取材日は、日本初上陸の「ルシールIPA(ワシントン州シアトル)」(1パイント1300円 ハーフパイント900円)、「エピック インペリアルIPA(ユタ州ソルトレイクシティ)」(1パイント1200円 ハーフパイント850円)、その他カリフォルニア州、オレゴン州、コロラド州の醸造所が並ぶ。日本は「湘南ゴールド フルーツビール(神奈川県)」(1パイント1000円 ハーフパイント650円)、「絹SILK アメリカンウィートラガー(北海道)」(1パイント1000円 ハーフパイント650円)など。

ビールのセレクトはオーナーと石渡氏が美味しいと思う日米のビールから、バラエティに富んだ味わいが楽しめるよう、ビアスタイル別にバランス良く揃える。食後酒として、ゆっくりと味わって飲む「バーレーワイン」など、アルコール度数の高いビールも加える。もともと小規模で丁寧につくられるクラフトビールは仕入れ値が高い。さらにアメリカからの輸送費でコスト増だが、アメリカのうまいクラフトビールを日本でも味わってほしいと話す。本日のビールはホームページ、フェイスブック、ツイッターで確認することができる。

名物のシカゴピザは、キッシュのような厚みが特徴。ピザの底は生地が薄く、具がどっさりと入っている。焼き釜で1枚あたり20~30分かけて焼き、熱々をサーブする。1番人気は「デビル・ワークス」(Sサイズ1550円 Lサイズ3100円)。オリジナルトマトソースと3種のチーズをベースに、自家製ソーセージ、サラミ、ペパロニ、マッシュールーム、フレッシュトマトなど10種の具材がトッピングされたボリューム満点のピザだ。骨付き肉の「バッファローチキンウィング」(3ピース700円 6ピース1200円 10ピース1700円)は、アメリカから輸入したビールベースのソースを使用。「ヘルハウスチリのディップ トルティーヤチップス」(700円)は、ひき肉を使用しない本場の作り方。ビーフをたたき、ごろごろとした肉の食感が味わえる。デザートもザ・アメリカン。クラッシュオレオが入った「デビルズ デカダン チーズケーキ」(550円)。シカゴピザ、サイドメニュー、デザートまでアメリカンフードを堪能できる。

今後について「神田でブルーパブ(醸造所併設ビアパブ)を目指しオープンさせたが、設備の容量やスペースの問題から断念した。浜松町店では2014年春から夏に向けて、自分達が美味しいと思うビールをつくる準備をしている。また、ビール本来の味が楽しめるハンドポンプも導入予定」と話す。つくりたてのビールを飲むことができるブルーパブは、日本にまだ数少ない。おいしい日米のクラフトビールを提供する「デビルクラフト」による、自家醸造ビールの登場が今から待ち遠しい。

(取材=渡辺 未来)

店舗データ

店名 DEVIL CRAFT-2 Craft Beer & Pizza (デビルクラフト) 浜松町
住所 東京都港区浜松町2-13-12 ライズウェルビル1F
アクセス JR浜松町駅南口 金杉橋出口 徒歩2分
電話 03-6435-8428
営業時間 月~金曜 17:00~23:00 (ピッツァ L.O. 22:00)
土曜 &emsp 15:00~23:00 (ピッツァ L.O. 22:00)
定休日 無休(年末年始除く)
坪数客数 38坪・45席
客単価 3200円~3600円
関連リンク DEVIL CRAFT

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.