飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

「浜松町」を含む一覧

  • グローバルダイニングが初のベーカリーカフェ業態「BARTIZAN Bakery & Cafe」を浜松町に8月オープン

    グローバルダイニング(東京都港区、代表取締役社長:長谷川耕造氏)は、8月20日、浜松町に「BARTIZAN Bakery & Cafe(バルティザンベーカリーアンドカフェ)」をオープンする。同社初のベーカリーカフェ業態で、「毎日食べたくなる健康的な食事パンを!」がコンセプト。国産小麦を中心に自家製酵...
  • 大手に追随!小規模店でも広がるキャッシュレス酒場。現金払い不可のメリットを生かした店づくりに注目

    飲食店で広がるキャッシュレスの動き。最近では大手チェーンが率先して導入しているが、新規の小規模店でも取り入れる店がじわじわと増加中。今回はキャッシュレスを導入している3店舗の記事をまとめとして紹介する。時代の流れを考えると避けて通れない問題となりそうなキャッシュレス。メリット・デメリットがあるが、キ...
  • ラムラがクラフトビールの醸造を開始! 醸造所併設のレストラン「Ottotto BREWERY」が大門にオープン

    「土風炉」「日本橋亭」「京町家」など多様なジャンルの業態で、全国に約150舗の飲食店を展開するラムラ(東京都中央区、代表取締役:村川 明氏)が、クラフトビールの醸造に乗り出した。それによって、大門・浜松町エリアに開業したのが、醸造所併設のビアレストラン「Ottotto BREWERY(オットットブル...
  • 浜松町の進化系立ち呑み「日本酒 室MURO」。北陸三県の日本酒と食の文化を東京へ”つなぐ”

    日本をリードする企業も多くあり、羽田空港への玄関口でもある浜松町の一角に2016年12月5日、日本酒専門の立ち呑み「日本酒 室MURO(ムロ)」がオープンした。石川県、福井県、富山県の北陸三県の日本酒と能登から届く鮮魚、米、野菜、調味料など、酒と食の文化を東京で「つなぐ」ことをミッションとした意味を...
  • ボナーの新業態居酒屋「大衆炉端フジヤマ桜」が浜松町にオープン。訪日客にも照準

    ウチヤマホールディングスの連結子会社として不動産事業やカラオケ、飲食事業を展開するボナー(福岡県北九州市、代表取締役 歌野繁美氏)は、11月29日、同社の新業態となる居酒屋「大衆炉端フジヤマ桜」を浜松町にオープンさせた。 漁港から直送される鮮魚の炉端焼きを看板に据え、素材の味をいかした居酒屋メニュ...
  • 日本酒とおつまみを立ち飲みで。新業態のラーメン店「一風堂スタンド」、7月5日浜松町にオープン

    人気ラーメン店「一風堂」などの飲食店を国内外に展開する力の源カンパニー(福岡市中央区、代表取締役社長 清宮俊之氏)は7月15日、立ち飲みスタイルの新業態店舗「一風堂スタンド」を、浜松町にオープンさせた。ラーメンだけでなく、日本酒と、おつまみを立ち飲みで楽しめるのが特徴だ。 ドリンクは、日本酒をメイ...
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.