飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

フースタ まとめ

再開発が進む日本橋、個性的な飲食店がひしめく「ムロホンエリア」で話題の酒場をチェック!


9月末に開業した商業施設、コレド室町テラスを筆頭に、近年、再開発が進む日本橋。大型商業施設のオープンが相次ぐが、隠れた注目エリアとして紹介したいのが、日本橋室町一丁目と日本橋本町一丁目を総称した通称「ムロホンエリア」。個性的な飲食店がひしめき合い、ポテンシャルの高さがうかがえるエリアだ。今回は、そんな同エリアで話題の酒場を紹介する。3店はいずれも徒歩数十秒圏内なので、はしご酒もおすすめだ。

「サトウ注ぎ」で知られる、アサヒスーパードライの注ぎの名手・佐藤裕介氏の3店舗目「BULVAR TOKYO」が開業。バーとブラッスリーの2フロア構造で日本橋室町に挑む

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

 
アサヒスーパードライを誰よりも美味しく味わえる「サトウ注ぎ」で知られる佐藤裕介氏によるビアバー。ビールは「サトウ注ぎ」「マツオ注ぎ」などで楽しむアサヒスーパードライや、ピルスナーウルケルを揃え、その品質は他の追随を許さない。肉料理やチェコ料理を中心としたフードも充実し、バー使いだけでなくレストランとしてしっかり食事もできる構成だ。

→「BULVAR TOKYO」の記事はこちら

 

三軒茶屋の茶沢通りに賑わいを作った「すこぶる」が、次は日本橋で街の活性化に挑む!1階&2階のオール立ち飲み酒場「すこぶる 日本橋」が開業

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

 

三軒茶屋の茶沢通りで創業し、当時人通りの少なかった通りに賑わいを作ったことで知られる「すこぶる」が、日本橋に登場。三茶同様に地域活性化を使命に開業。スタジオムーン乙部氏による、2フロアオールスタンディングの内装デザインも見逃せない。

→「すこぶる」の記事はこちら

 

日本橋室町に「立ち呑み みるくばー」がオープン。大阪出身の市村兄弟&韓国出身の趙氏の野心家男子3人組が目指すはオーストラリア出店!

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

 

ちょっと1杯のニーズにこたえる気軽な立ち飲み。奇をてらわず誰にからも好まれるドリンクやフードの構成、客単価2000円という手軽な設定から、連日サラリーマンを中心に賑わいを見せている。30代男性3人組で運営し、最終目標はオーストラリア出店に定める展開意欲の高さにも注目だ。

→「立ち呑み みるくばー」の記事はこちら

 

※各記事は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 

LINE@公式ページを友達追加で最新情報をお届け!

フードスタジアムLINE公式ページを友達追加していただくと、東京フードマーケットの最前線!”フースタまとめ”情報をいちはやくお届けします!

友だち追加

フースタ まとめ一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.