飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

学芸大学に「寿司とワイン サンフランスシコ」がオープン。三茶「サンチャモニカ」、経堂「今日どう?」に続く3店舗目、2階では非接触型・完全個室の「ALISO」も同時営業!

8月10日、学芸大学に「寿司とワイン サンフランスシコ」がオープンした。元エー・ピーカンパニー幹部の綱嶋恭介氏率いるマイルデザイン(東京都世田谷区)の新店舗。経堂の「酒ワイン食堂 今日どう?」を地域に愛される店に成長させ、その後、三軒茶屋に出店したスシ酒場「寿司とワイン サンチャモニカ」はSNSで話題に。今回は「サンチャモニカ」の業態をベースにした「サンフランスシコ」に加えて、同じ建物2階では、昨今のニーズを鑑みて非接触・完全個室スタイルの「ALISO」もオープン。昨今の外食ニーズに合わせた新たなスタイルで、すし酒場の可能性を探る!


エー・ピーカンパニーから独立し、地域密着店&SNSの話題店の2つを手掛ける

学芸大学駅から東に商店街を進んだ先に佇む、2階建て建物。扉は2つあり、すしのロゴをかたどったネオンサインが灯るガラス張りの入口が「サンフランスシコ」。その隣の木製扉が「ALISO(アリソー)」だ。

両店ともに運営はマイルデザイン。代表の綱嶋恭介氏は、様々な飲食店で派遣店長として活躍したのち、エー・ピーカンパニーへ。同社では不振店舗の立て直しや、「焼鳥つかだ」などのアッパー業態の立ち上げにかかわった。2019年12月、「酒ワイン食堂 今日どう?」をオープンし独立。同店は「日本酒とワインの魅力を初心者に」をミッションとしたカジュアルな酒場で、コロナ禍も乗り越え着実に地域に愛される人気店へと成長。しっかりと地元の常連を付け、現在の月商は15坪の店内で400万~450万円をキープしている。次いで2021年6月には三軒茶屋に「寿司とワイン サンチャモニカ」をオープン。「今日どう?」と同様にワイン初心者にその魅力を伝えることをテーマにしつつ、すしとワインのペアリングを提案。売上は右肩上がりで、こちらの月商は27坪の店内で900万~1000万円にて推移する。「『今日どう?』はカウンターメインで地元のお客様とコミュニケーションをとりながらリピーターを獲得していきましたが、『サンチャモニカ』はInstagramからの集客が強い。オープン当初、エリアや属性を分析しながらSNSで広告を打ったほか、店を紹介してくれたお客様の投稿をシェアしたり、コメントをまめに返信したり。そうするうちに自然と当店を紹介する投稿が増えて、お客様も増えていきました。『サンチャモニカ』では、現在は広告を打たずとも集客が安定し、約半数の新規客はInstagramを見たお客様です」と綱嶋氏。

学芸大学駅から徒歩5分。2つの入口があり、紺の暖簾がかかったガラス戸が「サンフランスシコ」、重厚な木製の扉が「ALISO」

店舗データ

店名 寿司とワイン サンフランスシコ、ALISO(アリソー)
住所 東京都目黒区鷹番2-4-10

 >> GoogleMapで見る

アクセス 学芸大学駅から徒歩5分
電話 03-6451-2878
営業時間 【平日】17:00〜23:00【土日祝】13:00〜23:00
定休日 不定休
坪数客数 サンフランスシコ:11坪15席、ALISO:11坪16席
客単価 サンフランスシコ:6000円、ALISO:1万円
運営会社 株式会社マイルデザイン
オープン日 2022年8月10日
関連リンク 寿司とワイン サンチャモニカ(記事)
関連リンク 酒ワイン食堂 今日どう?(記事)
関連リンク 寿司とワイン サンフランスシコ(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.