飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

駒沢大学に「おさだ」が開業。自由が丘「金田」や学芸大学「いりこ家」などで経験を積み独立。慣れ親しんだ料理がちゃんと美味しい、価格を抑えて日常使いできる「良心の店」

7月11日、駒沢大学に「おさだ」がオープンした。自由が丘の「金田」で7年修業し、学芸大学「いりこ家」で3年半店長を務めた長田悠助氏の独立店だ。同氏が目指すのは、「慣れ親しんだ料理がちゃんと美味しい、価格を抑えて日常使いできる店」。素朴ながらも丁寧な仕事が光る和食を良心的な価格設定で提供。単価は4000円に抑え、週に数回、気軽に使える地域密着店を目指す。


かつて父が営んでいた店の屋号での開業を夢見て修業

駒沢大学駅から徒歩3分。住宅街に差し掛かる角地に構える「おさだ」。店名の通り、店主は長田(おさだ)悠助氏。この屋号には、長田氏の父への想いが込められている。「私が高校生の頃、父が脱サラをして『おさだ』という焼鳥店を開き、9年ほど営業していました。いつか私が同じ屋号の店を開き、父の想いを継承したいなって……」と長田氏は話す。

36歳でその夢を叶えた長田氏。同氏の飲食のキャリアのスタートは19歳、高校から調理師専門学校に入り、卒業後に入店した中目黒のフレンチ「Bar à Vin ムッシュヨースケ」だ。ところが4年働くも、「フレンチも好きだけど、自分自身がよく行くのは和の居酒屋だったし、もっと身近で親しみやすい和食をやりたい」と、フレンチから和食へ方向転換。そこで長田氏が門戸をたたいたのは自由が丘の名酒場「金田」。同店で7年にわたり料理の腕を磨いた。その後、縁あって学芸大学の「いりこ家」の店長を任される。「『いりこ家』の以前の店長がちょうど抜けるタイミングで。自分の裁量で店を任せてくれるということで、独立への糧になると挑戦させてもらいました」。店長として3年半、店を切り盛り。30代も後半に差し掛かったこのタイミングで独立を決めた。

駒沢大学駅から徒歩3分、オレンジのオーニングが目印。近隣エリアの三軒茶屋や学芸大学と比べて飲食店の少ない駒沢大学でニーズを見出し出店した

店舗データ

店名 おさだ
住所 東京都世田谷区駒沢2-31-1 そらビル1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 駒沢大学駅から徒歩3分
電話 03-6805-3032
営業時間 平日17:00〜24:00(LO23:30)、土日祝15:00〜24:00(LO23:30)
定休日 不定休
坪数客数 12坪14席+座敷席6~8名
客単価 3500~4000円弱
オープン日 2022年7月11日
関連リンク おさだ(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.