飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

下北沢に「マグロとフライ STAND 囲~ぐるり~」がオープン。新鮮な本マグロと揚げたてのフライ、誰もが大好きなメニューをリーズナブルに提供し、シモキタに集う若者層を掴む

6月17日、下北沢に「マグロとフライ STAND 囲~ぐるり~」がオープンした。運営は都内を中心に居酒屋を運営するいろり東京(代表:篠浩平氏)でグループ7店舗目にあたる。単なるチェーン店ではなく、店舗ごとにコンセプトやメニューを変え、街で愛される店づくりを目指してきた同社。新店舗ではマグロとフライを2枚看板に、下北沢を拠点とする若者層が集う店を目指す。


飲食店ひしめく下北沢に誕生した「ちゃんとおいしい」居酒屋

古着屋や飲食店など多くの店が軒を連ね、“シモキタ”らしい町並みが広がる下北沢南口商店街に開業した「マグロとフライ STAND 囲~ぐるり~」。通りに面した窓からも見える、厨房を“ぐるり”と囲むカウンターテーブルが特徴的だ。

運営は、いろり東京といろり千葉から成る、いろりグループ。代表の篠浩平氏はクリエイトレストランツ、ダイヤモンドダイニンググループのゴールデンマジックを経て独立。2018年に地元、千葉県柏市に創業店「こだわり鮮魚と炭焼地鶏 炉~ひばち~」をオープンして以来、4年間で7店舗を出店。下北沢では2店舗目で、道を2本挟んだ場所にある「鶏と魚と炭火焼き 燈~あかり~」は系列店にあたる。

「篠を中心にゴールデンマジック時代に出会った3名で独立開業し、新しく店舗を出すごとにかつての仲間に声をかけ、メンバーを増やしてきました」と話す統括店長の井口翔太氏も、前職で共に働いていたひとりだ。

全店を通じて重視しているのは、「しっかり美味しいものが食べられる店」であること。出店するエリアの客層やニーズを見極めながら、店舗ごとに内装やメニュー構成を変えている。今回は、至近距離に系列店があることと、若者が多いエリアであることを踏まえて新業態「マグロとフライ」を考案。

「最近の若い方はふらっと立ち寄るというよりも、事前に調べてお店を探す方が多いのではないでしょうか。そんな風にわざわざ目的を持って来てくださる方に向けて、『マグロ』と『フライ』、誰もが好きなわかりやすいアイテムを主役として打ち出しました」と井口氏。

目の前で揚げたできたてのフライ(串揚げ)を提供するべく、店内中央にはカウンターテーブルを設置した。配線の都合で高くせざるを得なかったというが、ちょっとしたステージのようで、かえって特別感があっていい。

下北沢南口商店街に下がる、白い暖簾と提灯が目印。「お知らせもせずしれっとオープンしました(笑)」と井口氏

最もおいしい瞬間を提供したいとの思いから設置されたカウンターはライブ感があり、食欲を誘う

店舗データ

店名 マグロとフライ STAND 囲~ぐるり~
住所 東京都世田谷区北沢2-12-13 下北沢細沢ビル1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 小田急線、京王井の頭線下北沢駅から徒歩2分
電話 03-6805-2474
営業時間 平日15:00~23:30、土日祝14:00~23:30
定休日 月曜
坪数客数 約12坪27席
客単価 3500~4000円
運営会社 株式会社いろり東京
オープン日 2022年6月17日
関連リンク マグロとフライ STAND 囲~ぐるり~(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.