飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

幡ヶ谷に「酒場ガソリン」がオープン。「呑み屋さん みのる」「セルフ酒スタンド ガソリン」など埼玉・川口を中心に展開するTWO PEACEが都内進出!


「大衆すぎず、ひねりすぎず」をテーマに、酒飲みのツボを押さえた品々

メニューは「大衆すぎず、ひねりすぎず」をテーマに揃えた。酒飲みのツボを押さえた骨太な酒場メニューが幅広く揃う。例えば、店名を冠した「ガソリン焼き」(680円)は、ニンニク、ニラ、油かすを入れたカレー風味のお好み焼きでジャンクな味わいの品。サクサクとした食感がクセになる「ワカメの唐揚げ」(580円)や、スパイスパウダー「マキシマム」で炒めた「ホルモンマキシマム」(780円)、平打ち麺のような形状の板春雨を使った「ワンタンと板春雨」(680円)などが人気だという。

ユニークなもので言えば、「カステラ」(680円)。あの菓子ではなく、カニ味噌と魚卵を四角に成形したもので、大阪の酒場「正宗屋 相合橋」の名物にリスペクトを込めてインスパイヤしという品だ。また、「キャバクラおつまみ~西川口~」(580円)は、場末のキャバクラをイメージして乾きものの盛り合わせで、一方「キャバクラおつまみ~銀座~」(880円)は高級感を意識しレーズンバター。こうしたクスっと笑える遊び心も交えつつ、約60品のレギュラーメニューを用意。加えて、そこに豊洲で仕入れる日替わり刺身も加わる。

ドリンクは、自家製のコーラシロップを使ったサワーの「レギュラー」(550円)と、同じコーラシロップのハイボール「ハイオク」(580円)や、「ホッピー」(白・黒、各450円)、「角ハイ」「生レモンサワー」「ふるふれ抹茶ハイ」(各450円)、生パイナップルを自分で絞って楽しむ「生パインサワー」(780円)といった割り物、チューハイ類が充実。本格焼酎(各500円)や、日本酒も用意し、その時々の銘柄を約6品、多くの品が小500円、中780円、大1200円の均一価格。遊び心でラインナップするのが、下町酒場で見かける梅酒と焼酎の「梅割り」からインスパイヤされた、キンミヤ焼酎と梅シロップの「キケンで酒」(450円)。さらにそこから派生して、キンミヤ焼酎とウコンエキスの「矛盾で酒」(450円)、キンミヤ焼酎とスッポンエキスの「ギンギンで酒」(450円)も用意。ハイアルコールゆえ注意が必要なドリンクだ。

「カステラ」はカニ味噌と魚卵を使った日本酒のアテにぴったりなつまみ。大阪では知られた品だ

「ガソリン焼き」はニンニク、ニラ、油かすを使ったジャンクな味わい

店舗データ

店名 酒場ガソリン
住所 東京都渋谷区幡ヶ谷2-9-16 ライベストコート幡ヶ谷 206

 >> GoogleMap見る

アクセス 幡ヶ谷駅から徒歩3分
電話 03-3373-5520
営業時間 17:00〜2:00(フードLO1:00、ドリンクLO1:30)
定休日 不定休
坪数客数 12坪18席+立ち飲み5~6人
客単価 3500円
運営会社 株式会社TWO PEACE
オープン日 2022年3月1日
関連リンク 酒場ガソリン(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.