飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ラムチョップが名物の「ながおか屋」を運営する長岡商事が、上野に「シノバズブルワリー ひつじあいす」を開業。羊まるごと多彩な部位を使った創作料理と自家醸造クラフトビールで、地域のランドマークを目指す


小さな変化よりも大きなチャレンジを選択。店舗をスケルトン状態にしてまるごと改装

コロナ禍によるお客の減少で大きく打撃を受けたのは、3フロアを有している「和食バルさしすせそ」だった。「『さしすせそ』は、無添加食材を使った健康志向の居酒屋という触れ込みで、ひとつ名物を打ち出すよりは様々なメニューを揃えていたのですが、今時の業態としてインパクトが弱い。また、宴会を想定した大箱店舗ということもあり、たとえコロナ禍が収束に向かっても大きな回復を望めないと考えました」と、前川氏。「わざわざラムチョップを食べにくる」、「ビール好きが集う」といった、コアファンが目的を持って来店する店舗づくりに勝機を見出し、業態変更を決意。「和食バルさしすせそ」をスケルトンにして、全面リニューアルに踏み切った。1階はおひとり様でも使えるちょい飲みや食事需要を狙い、2階は各テーブルにクラフトビールのタップが付いた飲み放題プランを推し、3階は個室で宴会需要に応えるといった、各フロアに役割を持たせた店舗設計に。また、食事メニューは羊を1頭買いし、ラムチョップ以外の部位も使用した創作料理で構成。さらに店内に醸造所をつくり、自家製オリジナルクラフトビールを含む国産クラフトビールを看板に据え、2021年12月17日に「シノバズブルワリー ひつじあいす」はオープンした。

1階はカウンターとテーブル席があり、ちょい飲みや食事利用に対応。空き樽を利用した照明やビール提供用の枡など、細かな見どころつくりにも余念がない

2階は、全席にクラフトビール注ぎ放題コース用のタップが設置されている

店舗データ

店名 シノバズブルワリー ひつじあいす
住所 東京都台東区上野2‐10‐7かきくけこビル1F~3F

 >> GoogleMapで見る

アクセス JR山手線上野駅、御徒町駅から徒歩5分。都営地下鉄大江戸線上野御徒町駅、東京メトロ銀座線上野広小路駅、東京メトロ千代田線湯島駅から徒歩3分
電話 03-3836-1901
営業時間 月~金 17:00~23:00(LO22:30) 土日祝 12:00~23:00(LO22:30) ※掲載時(2022年2月現在)はまん延防止等重点処置に準じ21時まで
定休日 無休
坪数客数 108坪 1階テーブル18席カウンター8席、2階46席、3階58席
客単価 1階3700円、2階・3階5000円
運営会社 長岡商事株式会社
オープン日 2021年12月17日
関連リンク シノバズブルワリー ひつじあいす(HP)
関連リンク ひつじあいす(Instagram)
関連リンク シノバズブルワリーひつじあいす(Twitter)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.