飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ラムチョップが名物の「ながおか屋」を運営する長岡商事が、上野に「シノバズブルワリー ひつじあいす」を開業。羊まるごと多彩な部位を使った創作料理と自家醸造クラフトビールで、地域のランドマークを目指す


自家醸造ビールやクラフトビール注ぎ放題など、ドリンクもインパクト強めに構成

ドリンクは、自家醸造ビールの「不忍エールエール」(レギュラー660円、ラージ990円)が看板。「コロナ禍で街に人がいなくなったのを見て、何かイベントをしようと考えたんです。ただ、情勢が情勢だから、賑わいを作るのは難しい。ならば、商店街の人たちとビールを作ろう、という話になって『不忍池に一番近い街』と、街の起死回生を願う『エール』という意味を込めて『不忍エールエール』というビールを完成させました」。現在は、委託醸造ではあるが今後は店舗の醸造所で作っていく予定だ。また、店舗オリジナルクラフトビールの「ひつじあいす」(レギュラー660円、ラージ990円)は、単品注文のほか、2階席の各テーブルに設置されたタップからお客が自分で注ぐスタイルの「60分注ぎ放題」(1650円)にも対応している。ほか、国産クラフトビールを樽替わりで常時10種類を用意している。また、クラフトビール以外のドリンクでは「ひつじあいすハイボール」(500円)、「ヒーハー!辛ハイボール」(550円)、「虚無のカルダモンハイボール」(600)といったハイボールが7種類。「情熱のブラッドオレンジサワー」(600円)、「目覚めのキウイサワー」(600円)、「お食事ピッタリ真っ赤なレッドアイ」(700円)といったサワーが15種類。料理も食事も、前川氏がスタッフとともに「ネーミングにこだわりながら」開発している。

左がクラフトビールラージサイズ、右はレギュラーサイズ。レギュラーサイズの枡は、今回の出店のために作られたもので、コースター代わりとのこと

店舗データ

店名 シノバズブルワリー ひつじあいす
住所 東京都台東区上野2‐10‐7かきくけこビル1F~3F

 >> GoogleMapで見る

アクセス JR山手線上野駅、御徒町駅から徒歩5分。都営地下鉄大江戸線上野御徒町駅、東京メトロ銀座線上野広小路駅、東京メトロ千代田線湯島駅から徒歩3分
電話 03-3836-1901
営業時間 月~金 17:00~23:00(LO22:30) 土日祝 12:00~23:00(LO22:30) ※掲載時(2022年2月現在)はまん延防止等重点処置に準じ21時まで
定休日 無休
坪数客数 108坪 1階テーブル18席カウンター8席、2階46席、3階58席
客単価 1階3700円、2階・3階5000円
運営会社 長岡商事株式会社
オープン日 2021年12月17日
関連リンク シノバズブルワリー ひつじあいす(HP)
関連リンク ひつじあいす(Instagram)
関連リンク シノバズブルワリーひつじあいす(Twitter)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.