飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

日本酒バルの先駆け「青二才」の新店「角打ち割烹 三才」が中野に登場!角打ち&割烹の二毛作営業、酒蔵支援の日本酒EC事業を立ち上げ、飲食店にとどまらない事業展開を開始


「割烹」はラボの位置づけ。様々な料理に挑戦し、会社全体のレベルアップを図る

店内は2つにゾーニングされる。「割烹」は店内奥の暖簾をくぐった先にある、特別感あふれるカウンター6席。ここでは、清酒専門評価者の資格をもつスタッフが選ぶ日本酒のペアリング付きお任せコース(12000円)を予約制で提供。「和魂洋才」をテーマに、素材の味を引き出す旨み・出汁をベースにした遊び心ある和食を8~10品。一例として、エビの尾とカニの爪を合わせたビジュアルがインパクトある「自家製キメラのクリームコロッケ」、燻製煙とともに袋詰めして提供する「ポテトチップスの燻製」など、和をベースにしつつも既成概念にとらわれない驚きのある品々が目白押しだ。

料理ごとにセレクトした日本酒ペアリングのほか、それ以外にもビールやサワーなども料金内で飲み放題だ。「ここはラボの位置づけ。既存店よりもワンランク上の単価なので、今まで出せなかった料理にも挑戦し、会社全体の料理のレベルアップが図れたら」と小椋氏。

コースの一例、「自家製キメラのクリームコロッケ」。エビとカニを融合させた“キメラ”な見た目が楽しい一品。クリーミーなコロッケにペアリングする日本酒は、福島県の酒蔵、仁井田本家の純米酒「にいだしぜんしゅ」を

コースの一例、「ローストディア‐鹿肉のロースト‐アウトドアスパイスといちごジャム添え」。やわらかな鹿肉のローストに、フランス気鋭の酒蔵、WAKAZEのかぼちゃどぶろくを大胆にペアリング。添え物の「アウトドアスパイス」は、アーケードトーキョーで販売する商品だ

店舗データ

店名 角打ち割烹 三才
住所 東京都中野区中野5-60-2 ライオンズプラザ 110

 >> GoogleMapで見る

アクセス 中野駅から徒歩2分
電話 03-5942-8789
営業時間 17:00~24:00(LO23:00)
定休日 水曜
坪数客数 14.5坪(全体)、割烹6席・角打ち18席
客単価 割烹12000円、角打ち5000円弱
運営会社 株式会社青二才
オープン日 2021年11月1日
関連リンク 青二才はなれ(記事)
関連リンク 阿佐ヶ谷 青二才(記事)
関連リンク 角打ち割烹 三才(Instagram)
関連ページ 青二才(HP)
関連ページ アーケードトーキョー(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.