飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」が、渋谷宮益坂に新スタイルで2号店を開業。肉や野菜を一品ずつ自由に組み合わせられるアラカルト方式でしゃぶしゃぶのファストフード化を実現!

11月15日、渋谷に「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎 宮益坂上店」が開業した。運営のしゃぶしゃぶ松五郎(東京都渋谷区、代表取締役:森貴代江氏)は、別法人で渋谷の人気すきやき店「厨 七代目 松五郎」を運営する傍ら、2020年6月に赤坂で1号店となる「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎 赤坂店」を開業。「ひとりしゃぶしゃぶ」という新コンセプトを打ち出し、全国での多店舗展開を見据えてスタート。赤坂店ではセットメニューを基本としていたが、今回の渋谷店ではコンセプトの根幹である「ひとりしゃぶしゃぶ」はそのままに、肉や野菜、ご飯といったメニューの量や組み合わせを、お客が自由に選んで注文するアラカルト方式で勝負。しゃぶしゃぶをファストフード化し、より気軽に利用できる店を目指す。今後はこのスタイルでFC展開も視野に入れている。


人気店「厨 七代目 松五郎」がネクシィーズ近藤太香巳氏と組み、ひとりしゃぶしゃぶ業態の展開をスタート

渋谷駅から表参道方面に徒歩6分。宮益坂を上りきった先、青山通り沿いにオープンした「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎 宮益坂上店」。「ひとりしゃぶしゃぶ」という今までにないコンセプトで話題になった赤坂店に続く2店舗目だ。高級感を打ち出した赤坂店とは一転、トレンドに敏感な渋谷らしく、白を基調にした明るくスタイリッシュな雰囲気になっている。

運営会社、しゃぶしゃぶ松五郎代表の森貴代江氏は、大手コーヒーチェーンのドトールコーヒーでの勤務を経て、2010年、神戸発祥の塩もつ鍋店「神戸六甲塩もつ鍋 権屋」の関東初FC店舗を開業して独立。2年ほど経営を続けた。この頃、現在まで続く肉の卸業者と取引が生まれ、仕入れルートを活かして2012年、渋谷に自社ブランド1号店となるすき焼き店「厨 七代目 松五郎」を出店し、人気を博す。続いて広尾に2号店を出店するも、人材育成に課題を感じて撤退。1号店の経営を続けつつ、人のつながりと経営の学びを得るため異業種交流会「パッションリーダーズ」に参加し、その主催者であるネクシィーズ代表の近藤太香巳氏と出会う。近藤氏プロデュースのもと、将来的にはこのパッケージで多店舗展開を見据えながら1号店として2020年6月に「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎 赤坂店」を開業した。

ファストフード店であることを意識し、気軽に入りやすい広い間口のファサードに仕上げている

店舗データ

店名 ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎 宮益坂上店
住所 東京都渋谷区渋谷2-9-11インテリックス青山通ビル 1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス JR・地下鉄渋谷駅より徒歩6分
電話 03-6427-9231
営業時間 11:30~22:00
定休日 無休
坪数客数 22坪 19席 
客単価 1300~1600円
運営会社 株式会社しゃぶしゃぶ松五郎
オープン日 2021年11月15日
関連リンク ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎(Twitter)
関連リンク ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎(Facebook)
関連ページ ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎 赤坂店(記事)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.