飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

日本酒バルの先駆け「青二才」の新店「角打ち割烹 三才」が中野に登場!角打ち&割烹の二毛作営業、酒蔵支援の日本酒EC事業を立ち上げ、飲食店にとどまらない事業展開を開始


酒蔵支援をミッションに日本酒ブランドを立ち上げ、その試飲の場の位置づけとして「角打ち」を営業

店内手前ゾーンでは、「角打ち」が営業。ハイテーブルやカウンターの席を置くが、立ち飲みもできるカジュアルなバルスタイル。同社が蔵と共同してつくるプライベートブランドの酒12品を筆頭に、日本酒は常時40品以上を取り揃える。「青二才」では3勺(54ml)の少量から楽しめることが特徴だったが、同店ではさらに少量の2勺(36ml)から提供し、より気軽に飲み比べが楽しめる。価格は2勺220円、5勺550円、1合1100円、1.5合1480円均一。その他ビールやサワーは550円~。フードは「割烹」のコースからスピンオフした品々を気軽につまめるアラカルトで用意。予約なしでふらりと立ち寄れる、ちょい飲みにぴったりの内容だ。

同店と同時に、同社ではコロナ禍で打撃を受けた酒蔵を支援すべく日本酒ブランド「WAX&WANE(ワックスアンドウェイン)」を立ち上げた。同社のプライベートブランドの酒を、タイダイ染めアーティストのYUKIDYE氏がその蔵や銘柄のイメージに合わせてデザインした色とりどりの手ぬぐいに包んで主にオンライン上で販売する。「三才」の「角打ち」スペースでは、「角打ち」と名乗りながらも酒の小売りはしていないが、オンライン上の「WAX&WANE」で販売する日本酒の試飲スペースという位置づけゆえ、「角打ち」と謳っている。

店内手前の「角打ち」。ハイチェアのカウンターやスタンディングなどで、ポップな印象に。壁は取り外し可能で、イベント開催時などは店内奥の「割烹」とつなげることもできる

店舗データ

店名 角打ち割烹 三才
住所 東京都中野区中野5-60-2 ライオンズプラザ 110

 >> GoogleMapで見る

アクセス 中野駅から徒歩2分
電話 03-5942-8789
営業時間 17:00~24:00(LO23:00)
定休日 水曜
坪数客数 14.5坪(全体)、割烹6席・角打ち18席
客単価 割烹12000円、角打ち5000円弱
運営会社 株式会社青二才
オープン日 2021年11月1日
関連リンク 青二才はなれ(記事)
関連リンク 阿佐ヶ谷 青二才(記事)
関連リンク 角打ち割烹 三才(Instagram)
関連ページ 青二才(HP)
関連ページ アーケードトーキョー(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.