飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

新宿御苑に「博多おでんと自然薯 よかよか堂」がオープン。「串天 山本家」など展開するやる気カンパニーの新業態、一皿おでんと希少な自然薯がウリのモダン居酒屋


8月は月商620万円。強い接客力を武器に月商800万円を目指す

プレオープン期間中は大きな告知等はせずに営業をしているが、近隣の人を中心に順調に客足を伸ばしている。平日はビジネスマンや周辺に住む単身者、休日は家族連れが目立つという。8月は定休日を挟みつつ23日間ディナーのみ営業を行い、16坪の店内で売上は620万円超。今後は月商800万円を目標に掲げている。好調の要因について、「この辺にアットホームな居酒屋がなかったのが一番の要因だと考えています。当社が大切にしているのは、お客様を『お客様』と呼ぶのではなく、相手の名前を呼べるような関係を築くこと。大勢いるお客様の一人ではなく、お客様ひとりひとりと全力で向き合う姿勢を大事にしています。コロナ禍でそのニーズはより強まったと思います。そうした点が地域の方々に評価されたのではないでしょうか」と山本氏。今後は自然薯を使った定食などのランチも考えているが、まずはディナー営業でリピーター作りを最優先にしたい考えだ。

「コロナ禍以前は、何年で何店舗を出店したいという目標を置いていましたが、今はシンプルに、必要な場所に必要な店を作りたいという思いが強い。街に求められる店を作る。そこで僕らの価値を発揮できればこれ以上嬉しいことはない。今後も物件ありきで展開していきます」と意気込む山本氏。早速、次の一手に向けて動き出しているという。コロナ禍で世の中が落ち込む中、この「よかよか堂」ではたくさんの笑顔があふれている。強い接客力を武器に、多くの人を幸せにする店づくりを実践していく。

写真中央がやる気カンパニー代表取締役の山本高史氏、左から2番目が店長の山崎優吉氏、スタッフのみなさん。元気とホスピタリティあふれるチームで、早速リピーターが急増しているのも頷ける

(取材=大関 まなみ)

店舗データ

店名 博多おでんと自然薯 よかよか堂
住所 東京都新宿区新宿1-18-16新宿サンパーク花園1F

 >> GoogleMapで見る

アクセス 新宿御苑前駅2番出口から徒歩3分、新宿三丁目駅C5番出口から徒歩9分
電話 03-6457-7009
営業時間 17:00~23:00(フードLO22:00、ドリンクLO22:30)
定休日 月曜
坪数客数 16坪46席
客単価 5500円
運営会社 株式会社やる気カンパニー
オープン日 2021年9月9日(7月16日からプレオープン中)
関連リンク 博多おでんと自然薯 よかよか堂(Instagram)
関連リンク やる気カンパニー(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.