飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

恵比寿「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」、11月より若き才能あふれるフランス人シェフが総料理長に


株式会社フォーシーズ(東京都港区、社長:淺野 幸子氏)が運営する恵比寿ガーデンプレイス内にある「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」はディレクトゥール・キュイジーヌ(総料理長)として、11月より新たにミカエル ミカエリディス(Michaël Michaelidis)を抜擢し、就任したことについて発表した。今回就任したミカエルは、1982年、フランスのカンヌ生まれ。叔母がオランダでファインダイニングレストランを経営していたとことに影響を受け、料理の世界へ。何年にもわたり、世界各国の著名なレストランで経験を積んだ後、2012年にジョエル・ロブション氏のチームに加わり、香港の「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」のシェフに就任。その後はシンガポールに移り、「ジョエル・ロブション レストラン」、「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」のエグゼクティブシェフを務め手腕を発揮し、シンガポール初となるミシュランガイド2016年にて、ジョエル・ロブション レストランが三つ星、ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションが二つ星を獲得した。翌年も同評価を得られたことで、シンガポールで唯一の最高評価三つ星レストランとして注目を浴び、ミカエルの実力が認められることとなった。ミカエルは今後、「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」をはじめ、日本国内で展開するロブショングループのレストラン、ブランジュリー、パティスリー、カフェ全店舗で提供される全てのメニューを各店スタッフと共に創り上げるという。
◾️詳しくはこちら

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.