飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

インタビュー

コロナ禍でも国内外に積極出店!坪月商45万円のヒットFCブランド「大衆ホルモン 肉力屋」の強さとは?ディーアール代表・谷脇 宗氏インタビュー


「肉力屋」は、「まるみち」のオペレーションを簡素化し価格を下げ、FCパッケージとして開発した業態

―創業時からビジネスとしてかなり先を見据えたビジョンを持っていたのですね。現在の店舗数はどのくらいでしょうか?

2022年7月現在、直営・FCを含め36店舗。大井町、蒲田といった都内の下町を中心に大阪や博多、中国や台湾の海外にも出店しています。

―最も力を入れている業態は?

現在9店舗を展開している「大衆ホルモン 肉力屋」ですね。今後FCで展開したい業態のひとつです。業績も好調で、特に下北沢店は坪45万円、大井町西口店や京急川崎店も坪35万円を超えています。「肉力屋」は、五反田の直営店「まるみち」のFC展開のパッケージ版として作りました。「まるみち」は客単価5,000円程度ですが、「肉力屋」は「月3回通える」を目指して3,000円に。仕込みやオペレーションを簡素化し、「まるみち」は牛商材7割に対して豚が3割であるのを「肉力屋」は牛3割、豚7割にすることで価格を抑えました。とはいえ、「まるみち」と同じ肉やタレを使用し、クオリティは十分。鮮度のよさもウリで屠場直送の肉を使用。カットは店内で行い、一皿290円から。モノが良いのでシンプルに塩コショウで提供する品も多いです。こうしたコスパの良さが「肉力屋」の評価されるゆえんかと思います。

「まるみち」のFCをやりたいという声があったことから、オペレーションを簡素化し価格帯を下げてパッケージングしたのが「肉力屋」だ

「肉力屋」の看板商品「肉盛り(並)」(990円)は、鮮度抜群の肉をリーズナブルに提供

もう一つの看板商品「新鮮内臓盛り」(690円)。豚ホルモンを低温加熱調理し、刺しのような生に近い食感と味わいが特徴

インタビュー一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.